健康・ヘルスケア
2020.8.31

バターステーキダイエットって本当に痩せるの?真相を管理栄養士の大柳珠美さんに直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は“バターステーキダイエット”について。ステーキにたっぷりのバターなんてカロリー高そうなのに、お腹いっぱい食べても痩せられるってホント? 管理栄養士の大柳珠美さんにお答えいただきます。

%e6%96%b0%e9%80%a3%e8%bc%89%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-3

Q:バターステーキダイエットって本当に痩せるの?

バターはカロリーが高そうだし、お肉も同様。一気にカロリーオーバーになって太りそうだけど、本当に痩せられるのでしょうか。さっそく、この疑問を大柳さんに聞いてみました!

A:本当です

「やせるか痩せないかといわれたら、痩せるといえるでしょう」(大柳珠美さん・以下「」内同)

バターステーキダイエットとは?

「バターステーキダイエットの特徴は、糖質の摂取を控えると同時に高脂質の食事をするというもの。牛肉や豚肉などの脂が入っている肉をバターで焼き、さらにバターを追加。味付けは塩のみ。量は自身のお腹が満たされる程度、それを13食。そのほかのカロリー制限もなく、激しい運動も不要ですが、糖質を多く含むお米、パン、麺類などの主食はもちろん、大豆や根菜類など糖質が多い野菜や果物も食べないという方法が一般的です」

バターステーキダイエットで痩せる理由

「なぜ痩せるかというと、バターにも肉にもほとんど糖質は含まれていないからです。糖質は量に比例して血糖値を上げます。そして、血糖値が上がると、人体はその血糖を優先的にエネルギーとして使うため、自身の体脂肪という本来のエネルギーが燃焼しなくなります。もともとあった体脂肪は消費されないまま残ってしまいますし、血糖はエネルギーとして使い切らなければ体脂肪になります。つまり、カロリーが低くても糖質が多い食品を食べている間は痩せにくく、太りやすくなるんです。

逆に糖質を含んでいない食事を続けていれば優先的に使われるエネルギーがなくなるため、体脂肪をエネルギーとして消費するようになります。バターステーキダイエットはこのメカニズムを利用しているということです。脂質の摂取には抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、油脂で注意すべきは酸化リスクが高く、アレルギーや発がんの原因として指摘されているサラダ油などリノール酸です。バターは飽和脂肪酸なので、それらのリスクはありません。もちろん、摂りすぎは動脈硬化のリスクにつながることもあるので、無制限に摂取していいわけではありませんが…」

バターステーキダイエットのデメリットとは

「バターと肉には含まれないEPADHAの必須脂肪酸、マグネシウムやカリウムなどの脂肪燃焼に必要なミネラル、食物繊維や抗酸化栄養素といった腸内環境とダイエットに必要な栄養素は不足してしまいます。一時的なダイエットとしては成功すると思いますが、長期的に実践することはダイエットとしても、健康維持のためにもおすすめできませんね」

管理栄養士

大柳珠美さん

糖質制限、栄養療法、腸内環境など機能性栄養医学の理論をもとに、肥満や糖尿病など生活習慣病の根本解決を目指す食事指導を行うエキスパート。都内のクリニック(内科、心療内科、肥満外来)で食事指導を担当。ダイエットジム「ライザップ」の食事ガイドブック監修。「糖質制限食その食べ方ではヤセません」(青春出版社)など著書多数。
1週間で体重を3キロ落とせるダイエットメニューがあるってホント?真相を管理栄養士の大柳珠美さんに直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

文/土屋美緒

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事