健康・ヘルスケア
2020.1.10

虫歯が口臭の原因になるってホント?真相を歯科医師に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

A:半分ホント

「虫歯自体には匂いはありません。しかし、虫歯に侵食された歯の穴に食べかすや虫歯菌が溜まったり、虫歯が進行することで歯の神経が腐ると、腐敗臭が発生し、口を開いたときに悪臭がします。虫歯は放置していたら治るというものではありません。口臭のことを考えても、虫歯ができてしまったら早いうちに治療するほうがよいでしょう。

とはいえ、口臭の原因は虫歯だけではありません。舌に舌苔(ぜったい)と言われる白っぽい汚れが溜まっていたり、歯のお手入れが不十分な場合にも口臭は発生します。

さらに口腔内環境だけにとどまらず、身体の健康状態が良くないときや、日常生活の中でも発生するなど口臭にも種類があるため、かならずしも口の中にだけ原因があるとは言えないのです」(石井先生・以下「」内同)

口臭改善法は?

「口臭を改善するにあたって、何が原因かによって対策が変わります。

生理的口臭の改善法

まず1つ目は生理的口臭。寝起き、空腹時、疲れを感じたときなど、日常生活をおくる上で誰しもが発生する口臭のことです。生理的口臭は、歯磨きや食事など生活上の動作が活性化することで自然に消えていきます。そして、歯や舌に汚れがたまらないように普段のお手入れもていねいにおこないましょう。

ドライマウスによる口臭の改善法

2つ目はドライマウス。唾液の分泌量が減って口腔内が乾燥した状態になると口臭が悪化します。唾液は天然のデンタルリンスとも言われ、食べかすなどの汚れを洗い流したり、細菌の繁殖を防いだり、歯の表面を保護して虫歯の悪化を防ぐなど、非常に大切な作用があるのです。

分泌量が減る原因としては、加齢や口呼吸によるもののほか、現代人は過度なストレスや緊張によるものが多い傾向にあります。ストレスを受け続けると自律神経のバランスが乱れて唾液の分泌量が減るのです。

ドライマウスによる口臭を改善するには、ストレスを溜めずリラックス状態を心がけ、ちょっとしたセルフケアで唾液の分泌量をアップさせればOK。仕事の合間に休憩をはさんだり、水分補給やガムを口に含んだり、口を動かす簡単なエクササイズをするのがおすすめです。

病的口臭の改善法

3つ目は病的口臭。これは虫歯や歯周病、身体の病気が原因で発生する口臭のことです。これは生理的口臭のように一時的ではなく、常に悪臭を感じるのが特徴。自己判断が難しいかと思いますので、口臭が気になっている方は、まず歯科で相談していただくのが良いでしょう。虫歯や歯周病があれば口腔内にたまった汚れを除去、改善するための歯科治療をおこないます。

それでも改善しなかったり、問診の時点で生活習慣の乱れや身体の不調にも原因があるかもしれないと感じたら、内科や胃腸科といったほかの医療機関を受診することをすすめる場合も。

女性特有の口臭の改善法

また女性の場合、ホルモンバランスの乱れよっても口臭が変動します。とくに、妊娠・出産期は女性ホルモンを好物としている歯周病菌が増殖するため、虫歯や歯周病リスクが高まるのです。今までよりも歯磨きを丁寧におこなうことを心がけ、もしも口臭が1日中気になる、歯茎から血が出るなどの症状があれば、かかりつけの婦人科にご相談のうえ、歯科での歯のクリーニングや適切な治療を受けていただくのが良いでしょう」

 

『ホワイトホワイト』恵比寿本店 院長

『ホワイトホワイト』恵比寿本店の院長であり、口もと美容スペシャリストとしても活躍。女性歯科医師ならではの、歯と体を美しく保つための食事や、歯が美しく見える口もとメイクについてのアドバイスに定評が。著書『美しい口もと(ワニブックス出版)』では簡単にできる口もとエクササイズやオーラルケアを紹介している。 ■ オフィシャルブログ

取材・文/井上ハナエ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事