健康・ヘルスケア
2019.3.15

バラのサプリで加齢臭も体臭もバラの香りに…ってホント?真相を医師に直撃!

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“ニオイ”について。体臭対策には、バラの香りのサプリが効果的って…ウソ? ホント? 内科医で認定産業医の桐村里紗さんにお答えいただきます。

%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa

Q:バラのサプリは体臭がバラの香りになるってホント?

口臭・体臭解消関連の商品の中で、ひときわ気になるのがバラのサプリメントやマウスフレグランス。巷では体臭までもがバラの香りになるというウワサも……。それって本当なのでしょうか。バラって口臭や体臭予防にいいの?

さっそく、この疑問を桐村先生にぶつけてみました! 果たして先生の答えは……?

 

A:ホント

「アロマテラピーの歴史を紐解くと、バラから採れる香り高いローズウォーターやローズオイルは、古来ヨーロッパやアジアなどで芳香浴や自然療法に愛用されてきたことがわかります。

ゲラニオールなどのローズの芳香成分は、消化管で吸収され、肝臓では代謝されずに汗腺から汗と共に拡散します。このため、毎日定期的に芳香成分を摂取し続け、ある程度の濃度を超えると体からバラの芳香がするようになります。

体からふんわりと優雅なバラの香りがする……というのは、女性の憧れかもしれません。でも、人によっては、逆効果の可能性もあるため、注意が必要です」(桐村先生・以下「」内同)

 

悪臭にバラの香りが加わってさらなる悪臭となるケースも

「芳香成分は、体臭自体を消すわけではありません。良い香りで悪い香りの感じ方を減らすことを“マスキング”と言います。悪い香りがあっても、それを上回る良い香りがプラスされると、ヒトの嗅覚は弱い香りを感じにくくなります。バラのサプリはその効果を狙ったものです。つまり、バラの香りが体臭を上回らなければいけないのです。

以前、体臭が強烈な人がバラの芳香サプリを飲み、それを嗅いだ人が、悪臭とバラの香りが合わさって“人間臭いバラの香りがむしろ不快”と表現するケースがありました。

さらに、口臭が強い人で、ゲップをして上がってくるバラの香りと強い口臭が合わさって、なんとも言えない不快臭になるケースも多くあります。こうなると、とても残念」

 

バラのサプリの有効性を高めるには?

「バラの香りでカモフラージュするだけではなく、体内環境や心身の状態を改善し、体臭の原因自体を改善することが大切ですよ。
また、普段から発汗する習慣がなく、汗腺が休眠状態の人は、バラの芳香サプリを用いても、あまり効果を感じにくいかもしれません。普段から有酸素運動したり、入浴したりして、発汗する習慣を持つことで、効果を感じやすくなるでしょう」

 

内科医・認定産業医/tenrai株式会社 代表取締役医師
桐村 里紗先生
予防医療を“ライフスタイルデザイン”と再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に『日本人はなぜ臭いと言われるか~体臭と口臭の科学~』(光文社新書)など ■tenrai株式会社

文/木土さや

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事