健康・ヘルスケア
2019.2.11

1分で寝落ちできる人は睡眠不足って本当?真相を快眠セラピストに直撃!

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“睡眠”について。1分で眠れるのは快眠ではないって…ウソ? ホント? 快眠セラピスト・三橋美穂さんにお答えいただきます。

%e7%9d%a1%e7%9c%a0%e4%b8%8d%e8%b6%b3

Q:1分で眠れる人は睡眠不足ってホント?

睡眠不足の人たちからすると、「布団に入ったら1分で眠れる自信ある!」、「いつでもどこでも寝られるから」なんて豪語している人が羨ましく感じてしまいますよね。一見特技(?)のように思えるこの体質。実は睡眠不足のせいだって本当でしょうか。

さっそく、この疑問を三橋先生にぶつけてみました! 果たして先生の答えは……?

A:本当

「健康的な人の場合、入眠には10分~20分程度かかるのが一般的。1分で眠れるというのは、睡眠が足りていない証拠です」(三橋先生・以下「」内同)

10人にひとりは睡眠不足症候群

「睡眠不足から日中の眠気や疲労感を引き起こす“睡眠不足症候群”も存在します。これは人口の約1割が該当しているといわれています。しかし、肝心の本人自身が、疲労の原因が睡眠不足だと認識していないというのが現状です。仕事で疲れている、仕事を終わらせないと、という気持ちが先走り、結果仕事を優先して睡眠時間を削ってしまうのです。医学的には、布団に入って8分以内に眠れる人は、慢性的な睡眠不足の可能性が高いといわれているんですよ」

睡眠不足の影響は自己肯定感の低下にも

「睡眠不足は作業効率を下げるなど日常生活のさまざまな部分だけでなく、精神面にまで深く影響します。もっとも怖いのが、やる気や自己肯定感の低下を招いてしまうこと。

睡眠がしっかりとれていれば、気持ちが明るく前向きになり、意思も揺らがずに強くなります。睡眠を大切にできている自分に対して、自信も生まれてきます。睡眠は人生そのもの。睡眠から幸せな明日を切り開いてみましょう」

 

 profile
三橋 美穂
快眠セラピスト
睡眠環境プランナー
寝具メーカーの研究開発部長を経て、2003年に独立。これまでの20年間に、1万人以上の眠りの悩みを解決してきており、特に枕は頭を触っただけで、どんな枕が合うか分かるほど精通。全国での講演や執筆活動のほか、寝具や快眠グッズのプロデュース、ホテルの客室コーディ―ネートなども手がける。著書に『驚くほど眠りの質がよくなる睡眠メソッド100』(かんき出版)ほか、日本語版を監修した『おやすみ、ロジャー魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)はシリーズ累計100万部を突破した。
スリーピース・カフェ

文/木土さや

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事