ボディケア
2011.5.22

服でもUVケアしよ!知って得する「日焼けする服しない服」

「夏は、白で綿100%の服を着なさい」遠い昔、母にそう言われたことがあります。実際、夏に適した服があることをご存じですか? 私が母から言われたように、白の服は確かに涼しげに見えるし、綿は汗を吸い取るという意味では、夏に適していると言えるかもしれません。

しかし、紫外線においては完全に別問題! 日焼けしにくい服があるなら、是非知っておきたいと思いませんか? ということで、下記に特徴をまとめてみました。

 

■日焼けしやすい服

色・・・白など、薄い色味

素材・・・綿や麻などの素材(紫外線を通しやすい)

 

■日焼けしにくい服

色・・・黒など、濃い色味

素材・・・ポリエステル、レーヨンなどの素材(紫外線をブロックできる)

 

涼しげだからといって白の綿素材の服を着ていると、最も日焼けしやすい状況を作ってしまうのだそう。

逆に、夏には謙遜しがちな黒などの濃い色や、なんとなくムレそうな気がして避けがちなポリエステルなどを選べば、紫外線をブロックできるというのです。しかし……、今年は特に節電の影響もあり、できれば前者のような服装で過ごしたいもの。

 

そんな今年の夏に向けて、ファッションブランド各社が『UVカット服』を発売! ユニクロでは、紫外線を90%カットする女性用ウェア『着るUVカット』を4月から発売していて、26型に上る様々なアイテムが充実していることでも話題になっています。素材・アイテムに合わせて紫外線を遮蔽する素材を生産工程で加えることで、紫外線を吸収したり・散乱させるそう。そうすることで、オシャレ感も損なわず、誰にもバレずにUVカットできるのが特徴です。

このことからも、今後は『オシャレしながら&無理せず自然にUVカット』が主流になりそうですね!

 

【参考】

プレスリリース – UNIQLO ユニクロ

初出:美レンジャー  ライター:鈴木絢子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事