ヘアスタイル・髪型
2020.7.30

くびれヘアで色っぽ美人に変身!ボブ&ミディアム、長さ別の夏ヘアカタログ

くびれヘアを取り入れた髪型は、女性らしい仕上がりになると人気を集めています。今回は、ボブ&ミディアムの長さ別くびれヘアと、くびれヘアをヘアアイロンで作る方法をご紹介します。

【目次】
くびれヘアミディアムのヘアカタログ
くびれヘアショートボブのヘアカタログ
くびれヘアの色っぽヘア
ヘアアイロンで作るミディアムくびれヘア

くびれヘアミディアムのヘアカタログ

外ハネで作る大人カジュアルなくびれヘア
aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-9-640x640

【how toベース&カラー】
ベースは肩と鎖骨の間くらいの長さでカット。リップから頰にかけてのラインに動きが出るようにレイヤーを入れます。前髪は眉下でおろし流しができる長さにカットしサイドと繋げます。動きが出やすいようにスライドカットで毛先が先細りになるよう調整します。カラーは9レベルのシナモンベージュをセレクト。シナモンベージュは、赤みを抑えたベージュ系で、グレーのニュアンスを加えることで透明感や毛束の動きが見えやすいカラーとなります。

6ac2397867767a902ce2217f0a58282f-9-640x640

【how toスタイリング】
髪を乾かしたら32mmのアイロンで襟足を外ハネに、表面はリバースに巻いてエアリーでふんわりとした仕上りに。スタイリング剤は、セミウェットな質感にしながら、保湿やツヤ感をもたらすオイルクリームをチョイス。手によくなじませてから、襟足→表面→前髪の順番で塗布します。最後に束感をメイクしたら完成です。

前髪ありの外ハネミディは、ふんわり仕上げるのが大人カジュアルの鍵!

フェミニンなウェーブくびれヘア

e5c9adfd06bf95e4c10dca9b1928f9ba

【how toベース&カラー】
ベースを鎖骨下くらいの長さでワンレングスベースにカットします。顔まわりから全体的にレイヤーを入れます。さらにハチ上にレイヤーをオンして、髪の動きが出るようにカット。前髪は狭め&薄めにつくり、鼻が隠れる長さでカットしてから、サイドとなじむように微調整します。カラーは透け感のある8レベルのラベンダーグレージュに。重たく見ない色設定で艶やかさをプラスし、イエベベースにぴったりの色味です。

a87850e18866adc2239688eeb0b3981e

【how toスタイリング】
前髪の根元が潰れないよう、オールバックにかきあげ左右に手を振りながら乾かします。ドライ後、32mmのアイロンで毛先を外ハネにしたら、ハチ上の髪を真上に引き出し内巻きにワンカール。さらに、両サイド2束ずつを波ウェーブで巻くことで、柔らかい動きのある仕上がりになります。最後に、ややセット力のあるクリームバターを手でこすり合わせながら髪に塗布したら完成です。

かきあげバング×毛先のラフな遊びが、今年顔のレイヤーミディ

くびれヘアショートボブのヘアカタログ

外ハネショートボブのくびれヘア

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-2-640x640

【how toベース&カラー】
前下がりボブのベースでカット。トップにレイヤーを入れているので、ボリュームや動きが思いのままに。ペタっとしやすい髪質の人には特におすすめのスタイルです。ショートでありながら女性らしいソフトな表情を作り、面長の骨格をカバーする効果も。前髪は、流しやすくするため斜めにカットした後、内側を毛量調整するのが抜け感と束感を再現するポイント。カラーは、9レベルのシアーベージュ。グレーがかった色味で、柔らかさを引き立て、透明感のあるカラーです。
6ac2397867767a902ce2217f0a58282f-1-640x640
【how toスタイリング】
26mmのアイロンで外ハネに。この時、巻き過ぎに注意して。ふわっとゆるめに巻き、髪の毛に熱が残っているうちにしっかりほぐせば、ソフトな質感になります。表面は毛束をとって、リバースやフォワードにMIXに巻いてニュアンスを。顔まわりは、リバースに巻くと小顔効果あり。スタイリング剤は、シアバター系のしっとりタイプを全体に揉み込んで、束感とシルエットを整えて完成。ボリュームが出にくい人は、ドライ系ワックスでも。

外ハネショートは、抜け感のある前髪ならソフトで女性らしい印象に!伸ばしかけヘアにも

ひし形シルエットボブのくびれヘア

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-5-640x640

【how toベース&カラー】
ベースはやや前下がりのボブにカット。軽さと動きを出すレイヤーをトップと顔まわりに入れます。前髪は目にかかるくらいの長さにカット。厚みがあると幼く見えてしまうため、三角ベースで浅めにとり、おでこが透けるようにスライドカット&チョップカットで毛量調整します。カラーは、9レベルのアッシュベージュ。トレンドカラーのベージュとアッシュがミックスされ、適度に髪の赤みを抑えて肌がくすまず、顔色をキレイに見せてくれる色味です。
6ac2397867767a902ce2217f0a58282f-5-640x640
【how toスタイリング】
髪をドライしたら32mmのアイロンを使い、アウトラインを外ハネにワンカール。顔まわりはリバース巻き、サイドとバックはフォワード&リバースのミックスで巻きます。ツヤと動きが出るようにオーガニックバームを揉み込むように付けます。束感を強調したいなら、スタイリング剤の量を多めにが◎。バームはツヤ感を重視し、酸化しにくいオーガニック系が一押しです。

伸ばしかけヘアを楽しむ!愛されボブはシースルーバング×ひし形シルエットのくびれがカギ

くびれヘアの色っぽヘア

エアリーな動きが色っぽくびれヘア

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-1-640x640

【how toベース&カラー】
鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットします。頬ラインに設定することで、柔らかい印象となります。カラーは、6レベルのフォギーベージュ。フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。
6ac2397867767a902ce2217f0a58282f-1-640x640-1
【how toスタイリング】
スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつけます。ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整えます。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

ふんわり仕上げの自然な色っぽくびれヘア

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-2-640x640-1

【how toベース&カラー】
鎖骨ラインで平行なワンレングスにカットし、動きが出るようトップにレイヤーを入れます。前髪は口角の長さで、頰のあたりから流れるようにカット。カラーリングは、ナチュルベージュをチョイス。暖色系でも、寒色系でもないニュートラルカラーで、柔らかい雰囲気を与えます。また、どんなファッションとも好相性な万能なカラーです。
6ac2397867767a902ce2217f0a58282f-3-640x640
【how toスタイリング】
髪をドライしたら、32mmのアイロンで全体を外ハネにワンカール。その後、レイヤーが入っている部分をふんわり内巻きにします。バングは顔型カバーを狙って、頰から流れるようにリバースに。軽い仕上がりのヘアオイルを中間から毛先に塗布します。この時、巻いたカールをほぐすイメージで散らしながらつけるとふんわりヘアが完成します。

長め前髪&外ハネミディ、再現性の高い大人ナチュラルに大注目!

ヘアアイロンで作るミディアムくびれヘア

教えてくれたのは…ヘアサロンkate スタイリスト MIYO(みよ)さん
miyo%ef%bc%88%e3%81%bf%e3%82%88%ef%bc%89表参道の人気ヘアサロン『kate』のスタイリスト。美容師歴13年。幅広い年齢層のお客様から指名が多く、特にボブスタイルなど、短めのスタイルのカットが得意。
サロンはこちら→https://kate-hair.jp

【STEP1】髪の表面だけストレートアイロンをかける
3q6a2364_750
「ボリュームダウンしすぎないように、ストレートアイロンをかけるのは、髪の表面のみ。髪の根元近くから毛先まで均一にアイロンでのばしていきます」( MIYOさん・以下「」内同

【STEP2】はねやすい後ろの毛先を外ハネに
3q6a2360_750
「ロングボブは毛先がはねやすいので、流れに逆らわずに外ハネに(笑)。ストレートアイロンで、毛先3cmだけ手首を返すくらいの軽いカールをかけると、今っぽい外ハネスタイルになります」

【STEP3】前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく
3q6a2355_750
「サイドにレイヤーが入っているので、前髪からサイドの毛先は内巻きにしてウルフ感を出します。後ろの外ハネと違う動きがついて、軽やかな印象に」

【STEP4】毛先にヘアクリームをつけて毛束感を出す
3q6a2341_750
「指の間にヘアクリームを広げ、手ぐしで毛先になじませます。後ろの髪だけではなく、前髪とサイドにもつけて、全体的に毛束感を出すのが、さらに今っぽくするコツです」

【完成】
3q6a2327_750
オンスタイルにもぴったりなナチュラルな外ハネスタイル。
動きのある毛束感が、こなれた印象に。

乾燥して膨らみやすいのに毛量の少ない髪…ダウンスタイルにするときのストレートアイロンテク|ロングボブのはねやすさを生かした外ハネスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 98】

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事