ヘアスタイル・髪型
2020.2.17

外ハネボブ&ショートヘアに今したい!自然でカジュアルな魅力が作れるスタイル

ショート~ボブは毛先がハネやすい長さですが、それを活かす自然な外ハネスタイルがおすすめ!ラフでカジュアルな魅力がプラスされかわいくなること間違いまし!ストレート×外ハネで作るウルフっぽいくびれスタイルやパーマでランダムなハネ感を楽しむのもおすすめ。短めショートボブから長めのミディアムボブまで外ハネMIXでみんなかわいくなれちゃいます!アイロンやコテを使っての自力でも簡単できるスタイルなので朝のヘアセットにも◎

【目次】
ストレート×外ハネがかわいい!
パーマで作る外ハネヘアスタイル
ショートボブの短めヘアスタイル
ミディアムボブ・ロブの長めヘアスタイル
前髪ありのおしゃれヘアがかわいい!
前髪なしで女性らしさと美人度アップ
コテやストレートアイロンを使った外ハネセット法

ストレート×外ハネがかわいい!

外ハネワンカール×センターパートで大人カジュアル

外ハネワンカール×センターパートで大人カジュアル

\ヘアスタイルのポイント/

・人とは違ったおしゃれを楽しみたい、そんな人におすすめなボブスタイルがこちら。ポイントはセンターで分けたバングの毛先。クルンと中心を向いていることで、ちょっぴり個性的な表情に。“色気”や“クールさ”もプラスしてくれます。

・レイヤーの軽さがラフな空気感を演出し、女性らしい柔らかさと前下がりのかっこよさをミックス。狭い、広いといった「おでこ」のコンプレックスをカバーするので、前髪の脱マンネリにチャレンジしたい人にもおすすめです。オフの日は、こんな遊びゴコロのあるいつもと違った自分を楽しんでみては?

\How to ベース&カラー/

・あごラインの前下がりでベースをカット。顔まわりにボブの重さを残しつつ、トップにレイヤーをオン。ボブのモードな雰囲気はそのまま、ラフな動きをプラスします。

・前髪は狭めの幅で、目にかかるギリギリのウザバングでカットし、透け感が出るように調整します。カラーは10レベルのアッシュベージュに。女性らしいベージュに寒色のアッシュをブレンドし、柔らかいイメージの色味に仕上げます。

外ハネワンカール×センターパートで大人カジュアル

\How to スタイリング/

・ドライをする時は、センターで前髪を分けてから乾かします。髪が乾いたら26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにワンカール。レイヤーが入っている表面は内巻きに、顔まわりはリバースに巻きます。前髪は左右3パネルずつ取り、細かく中心に向かって内巻きに。

・スタイリング剤は、ウェットな質感に仕上がるオイルを、毛先中心にバサッと空気を含ませるようになじませます。ランダムな動きを出してから、手に残ったオイルを前髪の毛先に塗布したら完成です。

センターパート前髪でボブは色っぽクールに!脱マンネリしたい人におすすめ!

伸ばしかけでハネる髪をあえて活かす美人ボブ

伸ばしかけでハネる髪をあえて活かす美人ボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・上品なツヤ感を演出し、伸ばしかけのハネを生かしたスタイル。柔らかいフォルムで女性らしい雰囲気のボブヘア。すっきり爽やかな印象を与えながら、髪の質感を艶やかでキレイめにすることでフェミニンな表情を叶えています。ショートボブからボブへの伸ばしかけでも、髪のハネを生かすことができるので挫折知らずです。

・また、技ありの“ダブルバング”が、大人っぽい透け感と髪の流れを実現。ダブルバングとは、幅&奥行きの狭い前髪の上に、長めの髪を重ねることで、重さを残しつつ今どきの抜け感を表現できる前髪デザインのことです。サイドの重さは残し、バックには軽さを出したメリハリのあるこちらのスタイル。軽く耳にかけるとファルムが作りやすく、バランスのいい美人見えヘアが完成します。

\How to ベース&カラー/

・顎下3㎝の長さに設定し、グラデーションで平行ラインにカット。バックからレイヤーを入れて丸みのあるシルエットに仕上げます。前髪は目にかかるくらいの長さでダブルバングにカットして、流した時にサイドと馴染むように調整します。

・カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。流した時にサイドと馴染むように調整します。カラーは、10レベルのアッシュベージュに染めます。透明感があり大人カラーにおすすめのベージュ系で、赤みを抑えるアッシュをミックスした上品な色味です。

伸ばしかけでハネる髪をあえて活かす美人ボブ

\How to スタイリング/

・乾かす前にベースオイルを毛先中心に塗布します。全体的に手ぐしを通すようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外巻きにワンカール。

・ツヤ感が欲しいときは、アウトライン以外を内巻きにしても◎。乾かす前にオイルを付けているのでスタイリング剤は無しでもOK。最後に両サイドの髪を軽く耳にかければ出来上がりです。

大人ボブヘアは、ダブルバングで叶う!くびれ+ハネでメリハリ美人ヘア

パーマで作る外ハネヘアスタイル

パーマで作るランダムなハネ感がかわいいショートボブ

パーマで作るランダムなハネ感がかわいいショートボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・ニュアンスパーマでエアリーな軽さ+ハネが魅力のショートボブ。シアー感のあるトレンドカラーとランダムショートのベストマッチ。大人カジュアルでランダムなハネが魅力のショートヘア。セミドライな軽やかな質感がフェミニンさをプラスし、顔まわりのフレームラインはややウェットに仕上げることで締まりがあり、質感のコントラストを楽しめるスタイルになっています。

・また、大人の色気を漂わせるならアイ&リップメイクを強調し、あえてチークは入れないメイクを。ラフな毛先のカール感と顔まわりの透けが洒落た印象を与えてくれるショートボブ。今どきフェミニンを狙うならトップのボリュームとふわっとした動きは必須ポイントです。

\How to ベース&カラー/

・ショートボブのベースはグラデーションでカットし、トップと顔まわりにレイヤーを入れます。トップの長さを残すことで女性らしい丸みのあるシルエットに。前髪はパーマをかけて眉にかかるくらいの長さにカット。幅を薄めにとり、透けバングにします。
・カラーは、ブラウンにパープルをミックスした8レベルのショコラベージュに。ツヤ感がありシアーな色味です。

パーマで作るランダムなハネ感がかわいいショートボブ

\How to スタイリング/

・パーマは17mmと20mmのロッドを使い、ランダムな外ハネ&カール感の表情をつくります。顔まわりは“縦の動き”を出すために斜め巻きのスパイラルで。スタイリングは、根元を中心に7割ほどドライしたら、シアバターorソフトワックスを毛先と顔まわりに塗布します。
・全体に付けないことでセミドライな質感に仕上げ、バングと顔まわりのフレームラインをウェットな質感にすることでメリハリのあるスタイルが完成します。

ニュアンスパーマでエアリーな軽さ+ハネが魅力のショートボブ

ニュアンスパーマで作る色っぽボブ

ニュアンスパーマで作る色っぽボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・ニュアンスパーマが鍵!大人ボブは長め前髪で色っぽさをプラス。ゆるめのカールで柔らかなボリュームヘアに。ふんわりゆるーいカールのパーマで、女性らしく柔らかいイメージを与えるボブ。やや長めのボブなので、大人女性にもぴったりです。柔らかさがありつつも、外ハネ&前髪をあえて目にかかる長さにカットすることで、色気があり自立した女性の雰囲気をプラス。

・ほどよいバランスで、カジュアルとフェミニンのいいとこ取りをしたスタイルとなっています。パーマスタイルなのでスタイリングが簡単に決まるボブヘア。もちろんノンパーマでアイロン仕上げでもOKです。ナチュラルだけどこなれ感のある大人スタイルにしたい人におすすめのデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースはあご下に設定してやや前下がりでカットします。動きが出やすくするため表面にはレイヤーを。前髪は鼻先くらいの長さで流れるように薄めに作ります。
・カラーは9レベルのアッシュベージュに細かいハイライトをオンカラー。ハイライトはトップのみに入れ、透明感がありクールな印象を与える色に仕上げています。

ニュアンスパーマで作る色っぽボブ

\How to スタイリング/

・パーマはエアパーマ(もしくはデジタルパーマ)で20~26mmのロッドを使います。エアパーマはふんわりとしたカールでダメージレスなパーマです。全体を外ハネになるように巻き、トップはフォワードとリバースのMIX巻きで。パーマ無しの場合、アイロンは26mmをセレクト。

・アウトラインを外ハネに巻いて、表面は毛先から巻かずに毛束の中間から巻いてゆるいカール感に。前髪は縦のパネルで3つに分けて巻くと髪が流れやすくなります。スタイリング剤は、セミウェットな質感のオイルかクリームがおすすめ。手の平になじませたら、髪の中間から毛先にかけて揉み込みます。手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先に塗布して、全体の質感を揃えたらフィニッシュ。

ニュアンスパーマが鍵!大人ボブは長め前髪で色っぽさをプラス

ショートボブの短めヘアスタイル

外ハネと相性の良いウルフヘアが新鮮

外ハネと相性の良いウルフヘアが新鮮

\ヘアスタイルのポイント/

・メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!耳掛けすると顔周りがタイトになり外ハネが強調されおしゃれ感up!毛量が少なくペタンコになりがちな猫っ毛。憧れのボリュームヘアに見え、さらに今っぽおしゃれ感もプラスした髪型をご紹介します! ポイントは外ハネボブにレイヤーを入れ、ややウルフっぽく作ること。

・ウルフは70年代に流行ったトップが丸く裾が軽いスタイル。昔ほど裾を軽くせず重たさを残すのが、ウルフを今っぽく見せるコツ。この髪型は裾がキュッとくびれた外ハネが特徴で、むしろ毛量が少ない方が作りやすいことも。またくびれがある分、トップのふんわり感が強調されボリュームアップして見せる効果もあり。前髪を作るとクールになり過ぎず、柔らかさが出るのでおすすめです。スタイリングも簡単なので、毛量少なめな人だけでなく朝が忙しい人や今っぽいおしゃれ髪になりたい人にもぜひTRYしてほしいスタイルです!

\How to ベース&カラー/

・襟足4cmからサイドを平行に繋げ、顔周りはやや前上がりにカット。裾は動きが出やすいようグラデーションカットに。表面にレイヤーを入れやや軽さを出します。前髪は目の上ギリギリでカット。

・隙間を作るように毛量調整すると今っぽい下ろしバングに。カラーは8トーンのアッシュブラウン。程よく赤みを抑え、透け感のある柔らかな髪に見せます。

外ハネと相性の良いウルフヘアが新鮮

\How to スタイリング/

・乾かすとき、前髪はクセがつかないように手ぐしで前に引き出しながら乾かします。トップは左右に振りながら乾かすとふんわり。26mmのやや細めのアイロンで、全体を内、外ランダムに1回転半のMIX巻きに。しっかり巻かず、アイロンを滑らせ軽く動きをつける程度でOKです。全体を巻いた後、裾に外ハネ巻きをプラス。ソフト系のワックスを揉み込み、軽く耳掛けをして完成です。

・ボリュームが出にくい人はトップの毛束を少しつまみ、キープスプレーを吹きかけるとふんわり感をkeepできます。スタイリングで外ハネの毛束を散らすのがおしゃれに見せるコツ。外ハネにしなければ落ち着いた印象にもなるので、ボブの中でもアレンジの幅を楽しめるレイヤースタイルです!

メリハリシルエットの“外ハネウルフボブ”なら、猫っ毛でも気にならないボリュームヘアに!

適度な重さを残してクールな雰囲気に

適度な重さを残してクールな雰囲気に

\ヘアスタイルのポイント/

・重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!顔周りで揺らぐ前髪が、ナチュラルで柔らかい女性らしさを演出。センターパートは、シャープな印象を与えがち?いえいえ、カットとスタイリング次第で、ラフなイメージにもなるんです。

・こちらのスタイルは、センターパートの大人っぽいイメージは残しつつも、軽さや動き、そして、毛束感があるのがポイント。ベースがワンレングスに近い重めのボブなので、広がりやすい髪質でボブやショートに苦手意識がある人にもぴったり。顔周りでふわりと動く前髪&無造作な外ハネが、柔らかくナチュラルな雰囲気に。自然体なニュアンスがありながらも、ひと手間加えた大人の女っぽさを感じさせるスタイルです。

\How to ベース&カラー/

・顎ラインの長さでカットしたグラデーションボブ。動きと軽さが出るように表面にはレイヤーを入れ、前髪は顔周りにニュアンスを加えるため、ベースの長さより短くカットします。

・カラーは、6レベルのアッシュグレーに、4レベルのローライトをオンカラー。赤味を抑え柔らかい印象を与える色味にローライトを加えることで、陰影をつけながらクールな印象をプラスできます。

適度な重さを残してクールな雰囲気に

\How to スタイリング/

・ドライのポイントは、根元をしっかり立ち上げながら乾かすこと。また、センターパートでも、分け目はしっかりつけないように。乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネにカールを。

・表面は内巻きにワンカール。さらに、表面や中間で動きが欲しいところの毛束を取り、ランダムに縦巻きに。シアバターやミルクワックスなどのスタイリング剤を全体的に馴染ませたら完成です。

重めボブは前髪センターパートで女性らしく。ふんわり毛束感+ラフな動きで今どきに!

カジュアルファッションにハマるおしゃれ外ハネショート

ストレートアイロンで作るラフな外ハネでおしゃれショートボブ
\ヘアスタイルのポイント/

・おしゃれな人から取り入れている“外ハネ”。しかもショートとの組み合わせはトレンドど真ん中!トレンド感のある髪型にしたい。でも人と同じにはなりたくない。…そんな欲張りなおしゃれ女子にぜひTRYして欲しいのが、トレンドのショートに人気の外ハネをプラスしたこちらのヘア。

・ストレートでもMIX巻きでもない、外ハネで作ったショートが新鮮です。さらに長め前髪にするとカジュアルでも大人っぽい印象に。またこのスタイルは顔型をカバーできる嬉しい効果もあり。

・丸顔なら顔周りの毛束でフェースラインをひし形に補正できるし、面長ならサイドの外ハネで視線を横に広げて見せることができます。どんな顔型もフォローしつつ、今っぽさと差のつくおしゃれが手に入る“外ハネショート”。

\How to ベース&カラー/

・前髪は鼻ラインでカット。バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていきます。表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。

・外ハネにしたとき短くなり過ぎないよう、裾はやや長めに残すとバランスが取りやすくて◎。襟足は短い方がスッキ、また背中にディテールの多い夏ファッションを引き立てます。カラーは9トーンのフォギーアッシュ。くすみ過ぎないアッシュカラーで自然な軽さを演出します。

ストレートアイロンで作るラフな外ハネでおしゃれショートボブ
\How to スタイリング/

・前髪は前方からドライヤーをあて、自然にふわっと立ち上げます。全体を乾かしたらストレートアイロンで表面と顔周りの毛束を外ハネに。アイロンは毛先をはさんだら、くるっと手首を返すと簡単に外ハネが作れます。

・外ハネはきっちり作ろうとせず、それぞれの角度が違っても気にせずラフに作ればOK。ストレートアイロンを使うことでくるんとなり過ぎず、外ハネの角度を自分で調整しやすくなります。

・毛先にややウエットな質感になるセラムなどを揉み込み、束感を作れば完成です。外ハネはミディで作りがちだけど、ショートで作るとおしゃれ感が際立ち差のつく印象に。スタイリングはストレートアイロンでサッとハネさせるだけの簡単ヘア。

長め前髪の“外ハネショート”は、差のつくトレンドヘア!

ミディアムボブ・ロブの長めヘアスタイル

襟足のハネ感でくびれを作った大人かわいいウルフ

襟足のハネ感でくびれを作った大人かわいいウルフ

\ヘアスタイルのポイント/

・かわいい毛先のニュアンスが鍵!レイヤーミディ+長め前髪の重軽MIX。毛先のふわりとした羽のような動きがポイントのウルフカット。何より今っぽいのはしっかりレイヤーを入れて空気感のある軽さだけでなく、襟足や耳うしろに重さを残しているところ。襟足の長さは肩にかかるに設定しているのでミディに見えますが、顔まわりの長さが短めなので角度によってはボブっぽい雰囲気にも。

・長めの前髪なので、大人女子も取り入れやすいスタイルになっています。トレンドのレイヤーをさりげなくこなしたい人に一押し。膨らみやすい人も、ボリュームが出にくい人も髪質を問わず、おすすめしたいデザインです。耳にかければすっきりカジュアルにも決まります。

\How to ベース&カラー/

・顎下5㎝くらいの長さで緩やかな前上がりでベースをカットします。顔まわりとトップをメインにハイレイヤーを入れます。バックのアウトラインとなる襟足は、重さを残すようします。

・前髪は鼻先の長さでカットします。カラーリングは7レベルのスターダストベージュに。バイオレットをミックスした色味で、ツヤを与えて落ち着いたイメージに。ほんのり赤みのあり大人っぽい仕上がりとなるカラーです。

襟足のハネ感でくびれを作った大人かわいいウルフ

\How to スタイリング/

・ド分け目がつかないように、根元を起こしながらドライヤーで乾かします。ストレートアイロンで、部分的に外ハネをつくって空気感のある仕上がりに。襟足は外ハネにします。

・ややセット力のあるソフトワックスを全体的にくしゃっと揉み込むように塗布します。毛先をつまんでランダムに動かし、ニュアンスをつけたら完成です。

ふわっと動く外ハネヘアで、大人かわいいニューカマーのウルフカット

小顔に見えるレイヤーカットでアンニュイ美人

小顔に見えるレイヤーカットでアンニュイ美人

\ヘアスタイルのポイント/

・外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。気温が上昇すると、気分もウキウキして軽やかな遊びのあるヘアスタイルに挑戦したくなりませんか?こちらのボブは、肩に当たるハネ×顔まわりに入れたレイヤーの軽さがミックスされたスタイル。ふわっとした雰囲気はもちろん、ウェットな質感もハマるので、トレンド感を出すことができます。

・顔まわりに入れたレイヤーが、骨格補正をしてハチ張りをカバー。小頭に見せる効果も。ひとつ結びにした時は、顔まわりの短い毛がゆるっとした後れ毛となり、柔らかいニュアンスを演出。長めの前髪は透け感を出すことで、より涼やかに見せることが可能です。エアリーな動きのあるボブスタイルは、ナチュラルで大人っぽい洗練されたイメージを与えます。スタイリングも簡単で、自然なボリューム感が欲しい人にもおすすめなデザインです。

\How to ベース&カラー/

・外ハネ&透けバングで、抜け感のある大人女性を演出。鎖骨にかかる長さでやや前下がりにベースをカット。顔まわりにのみ、後ろに流れるレイヤーを入れます。サイドと同じ長さの前髪にせず、シャープさを抑え鼻先くらいの長さでカットします。

・頬ラインに設定することで、柔らかい印象となります。カラーは、6レベルのフォギーベージュ。フォギーベージュは、無彩色のグレーに近いベージュカラーで、赤みを打ち消し、光に透けたような透明感をアップさせます。

小顔に見えるレイヤーカットでアンニュイ美人

\How to スタイリング/

・スタイリングは32mmのアイロンで毛先を外巻きにワンカールさせるだけの簡単ヘア。頭のハチより上の髪は、少し毛束を持ち上げて外ハネにすると◎。

・ハチ下は、アイロンを自分に寄せてくびれ感を出すようにワンカール。ツヤのある毛束感を作るなら、全体にヘアバターを馴染ませるようにつけます。ウェットに仕上げるなら、ヘアオイルを選んでシルエットをタイトに整えます。

骨格カバー&小頭効果!ニュアンスボブは、軽やかレイヤーで美人度アップ

顔周りに作った外ハネがナチュラルなロブヘア

顔周りに作った外ハネがナチュラルなロブヘア

\ヘアスタイルのポイント/

・ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか。切りっぱなしの前下がりで重いグラデーションに、レイヤーの軽さをプラスしたロブ。こちらのスタイルが今っぽく見えるのは、ぷつんとした毛束感にあり。先細りの毛先ではなく、切りっぱなしの雰囲気が程よいカジュアルさを演出します。また、首元のくびれと後頭部の丸さが女らしさを引き出しナチュラル美人ヘアに。

・ロブ×フルバングは重めになりやすいので、前髪の隙間による抜け感は必須。また、フルバングにすることで、面長や三角顔のシャープな印象を緩和してやさしいイメージへ。カラーリングは、髪の柔らかさや透明感のある色が人気ですが、退色しやすい人には黄色を打ち消すショコラブラウンが◎。退色してもキレイ色をキープできます。

\How to ベース&カラー/

・ベースは肩ギリギリの前下がりローグラデーションでカット。切りっぱなしでも、ワンレンで切るより動きがあり丸みのあるスタイルになります。顔まわりは、重さを取る程度のレイヤーを入れて、ふわっと後ろに流れるようにします。

・カラーはブラウンに紫とロゼをミックスしたショコラブラウンに。イエベ、ブルベ、どちらにもマッチし、深みがある色持ちのいいカラーです。

顔周りに作った外ハネがナチュラルなロブヘア

\How to スタイリング/

・乾かす際は、髪を後ろに向かってドライしながら、表面の髪を根元からふんわり仕上げます。乾いたら32mm、もしくはストレートアイロンを使って、顔まわりを外ハネに、表面は内巻きにします。

・ヘアオイルを手に伸ばしたらまず、襟足から付けるのがポイント。その後、全体になじませて毛束感を出します。スタイリング剤はやや多めの方がニュアンスのあるヘスタイルに仕上がります。

ナチュラル美人ヘア|ぷつん毛束&透けバングで、ロブは重めシルエットでも軽やか

前髪ありのおしゃれヘアがかわいい!

幅広前髪でこなれたおしゃれ度アップ!

幅広前髪でこなれたおしゃれ度アップ!

\ヘアスタイルのポイント/

・外ハネボブヘアには、こなれ感たっぷりのワイドバングがベストマッチ!愛されボブはトレンドカラーのオレンジを先取り!重さを残した外ハネボブと、オシャレ度の高いワイドバングをシースルーに仕上げたこちらのスタイル。前髪の絶妙な透け感が、カジュアルでもこなれ感をプラスしてくれます。老若男女から好かれる愛されヘアを目指すなら、迷わずにトライして欲しいデザインです。

・また、カラーは長らく続いた寒色傾向から、流行は暖色にシフト中。オレンジとベージュをミックスした暖色系カラーは、トレンドを取り入れられるのはもちろん、パサつきを抑えてくれるので、ダメージを受けた髪にもぴったりです。ベースの厚みと前髪の抜け感のバランスが抜群のボブは、髪質を選ばずに似合わせヘアを叶えるスタイル。セミウェットな質感がおすすめです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは肩下くらいの長さでワンレングスにカットし、カットラインが出るように厚みを残すのがポイント。毛先の厚みを残しつつ、適度に毛量調整をします。前髪は眉が隠れる長さでワイドに。

・奥行きはやや浅めにすることで、セニングなしでも透け感を演出します。カラーは10レベルのオレンジベージュに。流行のオレンジにベージュを加えた色味は、透明感とツヤ感をもたらしてくれます。

幅広前髪でこなれたおしゃれ度アップ!

\How to スタイリング/

・外ハネに仕上げたいので、ドライヤーの風を当てながらばーっと髪を振りながら乾かします。ボリュームが出やすい人は上から風を当て、抑えるようにドライを。乾いたら26mmのアイロンで全体を外ハネに巻きます。

・スタイリング剤は、オイルとバームを同量ミックスしたものを全体に付けます。オイルの束間、バームのセミウェットな質感、双方のメリットを活かした仕上がりに。もみあげと顔まわりにもしっかり塗布し、束感を出すのがキレイ見せポイントです。

外ハネボブヘアには、こなれ感たっぷりのワイドバングがベストマッチ!

目にかかるくらいのうざバングがラフでかわいい

目にかかるくらいのうざバングがラフでかわいい

\ヘアスタイルのポイント/

・ナチュラルな外ハネに、抜け感と大人の女っぽさをプラス。外ハネやボブの進化系として、近頃流行りつつあるレイヤーたっぷりなミディをご提案。乾かすだけで“くびれ感”のある外ハネになってくれる、お手軽スタイリングが嬉しいスタイルです。前髪は、人気のシースルーバング。人とは違ったデザインにチャレンジするなら、目にかかる長さの“うざバング”がおすすめ。

・長めの前髪は流すこともできるので、2WAYの異なった雰囲気を楽しむことができます。おでこが透けるので、前髪が長くても軽さと大人っぽさを演出。ナチュラルで抜け感のあるミディアムレングス。ハイレイヤーなので、乾かすのも簡単かつ時短スタイリングを叶えてくれます。カジュアルでも、しゃれたニュアンスがあるので、これからの季節に注目のデザインです。

\How to ベース&カラー/

・ベースは、自然と落ちた時に肩にかかる長さでカット。顔周りからハイレイヤーを入れて、全体的に軽やかな仕上がりに。
・目にかかる長めの前髪は、流れるようにカットし、チラッとおでこが見えるように調整します。
・10トーンのカーキベージュは、柔らかさのある春にぴったりな色味。ハイライトのオンカラーにより、軽さと動きのあるスタイルに。

目にかかるくらいのうざバングがラフでかわいい

\How to スタイリング/

・絶妙なカットが施されているため、乾かすだけで外ハネくびれスタイルを再現できます。ただし、前髪に分け目がつかないよう注意して。カール感を強調したいなら、32mmのアイロンでアウトラインを外ハネに、トップは持ち上げで内巻きに。

・セット力がありウェットな質感に仕上げるバーム系のワックスを付けてシルエットを整えます。髪の広がりが気になる人は、オイルを使っても◎。

“うざバング”&たっぷりレイヤーで、今どきミディはとことんカジュアルが正解!

前髪なしで女性らしさと美人度アップ

自然体でカジュアルだけど大人っぽいラフスタイル

自然体でカジュアルだけど大人っぽいラフスタイル

\ヘアスタイルのポイント/

・前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに。セミウェットな質感で、甘すぎない抜け感のあるナチュラルヘア。収まりの良さがポイントとなるショートボブですが、こちらはトレンドを取り入れた毛先に遊びのあるスタイルです。カットラインをレイヤーにするのではなく、内側に“レイヤーセニング”を。毛先が不揃いな表情となり、ふんわりラフな動きを出すことができます。外ハネや動きが、“抜け感”を演出しておしゃれ度もUP。
・顔まわりの髪がハネやすいのが悩みという人は、そのハネを活かすことができるデザインなのでストレスフリーにも。カジュアルやナチュラルさを楽しみたい大人女性にぴったりなボブスタイル。長めの前髪で、甘くなり過ぎないのが◎。スタイリングが簡単なので時短にも。朝の時間を有効活用したい人にオススメです。

\How to ベース&カラー/

・ベースカットは、アゴラインでやや前下がりのワンレングス。ラフなハネ感を出すため、トップと顔周りにはレイヤーセニングを入れます。
・前髪は、サイドよりやや短めにカット。カラーは、13レベルのカーキアッシュ。
・マット系にブルーを加えることで黄味を抑えて、透明感をプラスした色味です。

自然体でカジュアルだけど大人っぽいラフスタイル

\How to スタイリング/

・ドライ時は、分け目がつかないように注意しながら乾かします。乾いたら、ストレートアイロンで、全体的を外ハネに仕上げ、さらに表面を32mmのアイロンを使い、リバースカールをランダムに巻きます。

・直毛やアイロンが苦手な人は、毛先に太めのロッドで軽くパーマをかけても。仕上げは、スタイリングオイルを毛先中心につけてから、動きの欲しい表面と毛先にワックスを塗布。毛束感を整えたら、セミウェットな質感の中にラフな動きのあるスタイルの完成です。

前髪なし+ショートボブは、ラフなハネ感で今っぽ大人カジュアルに

ウェーブ感がおしゃれな抜け感ボブ

ウェーブ感がおしゃれな抜け感ボブ

\ヘアスタイルのポイント/

・かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ。流行りのハイトーンカラーにチャレンジしたい人におすすめのロブ。全体的を明るくするのではなく、根元を暗めにして、部分的にローライトを入れたバレイヤージュに。メリハリがあり華やかなイメージ。カラー薬剤の進化によりぐっとダメージレスにもなっているとか。ヘアスタイルは、切りっぱなしボブにレイヤーを入れた動きのある仕上りになっています。

・長め前髪+外ハネのコンビでクールなかっこよさを演出。また、頰にかかる前髪が抜け感となり色っぽい雰囲気にも。フェイスラインにも髪がかかるため、小顔効果も望めます。ベースの重さを残しつつ、レイヤーで軽さを表現した長めのボブ。内巻きからスタイルチェンジしたい人はぜひ試してみて。重軽ミックスには、今っぽくハイトーンカラーを取り入れて。

\How to ベース&カラー/

・ベースの長さは肩下でワンレングスにカット。トップにハイレイヤーを入れて動きを出します。前髪は薄めに設定して、鼻下の長さでカットします。
・全体的に重さがあるスタイルなので、毛量調整はしっかりめに。カラーリングは根元を外してブリーチをしてから、くすみベージュのニュアンスとローライトをプラスして陰影のあるデザインに。

ウェーブ感がおしゃれな抜け感ボブ

\How to スタイリング/

・髪のボリュームが出るようにドライしたら、26mmのアイロンでアウトラインを外ハネにします。トップは毛先を内巻きワンカールして、数カ所細めに毛束を取りフォワード&リバースに。前髪は顔の前に引き出して流れが出るように中間からリバースに巻きます。
・空気を入れるように巻いた髪をほぐしてから、ヘアオイルを全体的に塗布します。ブリーチをしているため、ウェット&ツヤ感のある仕上りになるオイルを選んで。

かきあげ前髪×抜け感の色気が魅力!大人おしゃれなウェーブミディ

コテやストレートアイロンを使った外ハネセット法

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

【BEFORE】

髪質:柔らかくて細い。毛量も少なめ。
髪の長さ:鎖骨下くらいの長さのロングボブ。前髪は口元くらいまでの長さ。
ヘアカラー:ナチュラルブラウン
パーマ:ナシ
髪コンプレックス: ロングボブで毛先がはねやすい。かなりのドライヘアで膨らみやすいクセもある。

「髪が細くて毛量も少ないのに、ドライヘアで膨らみやすいクセがあるので、髪を下ろす時はストレートアイロンで膨らみを抑える工夫をしています」というMIYOさん。細くて毛量も少ないため、ストレートアイロンをかけるのは髪の表面だけにするのがコツだそう。

「髪の内側までストレートアイロンで伸ばしてしまうと、毛量が少ないため、ペタンっと潰れて寂しい印象になってしまいます。表面だけストレートアイロンをすることで、乾燥による膨らみを上から抑えられ、でも内側はボリュームがあるので、バランスが良くなります」とのこと。

さらに、ちょうどはねやすい長さのロングボブは、ストレートアイロンで軽く外ハネになるように巻くと、今っぽい動きのあるダウンスタイルになるんだとか。ストレートアイロンを使ったダウンスタイルを教えてもらいました。

\ストレートアイロンを使ったダウンスタイルHow to/

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

【STEP1】
・髪の表面だけストレートアイロンをかける。
・ボリュームダウンしすぎないように、ストレートアイロンをかけるのは、髪の表面のみ。
・髪の根元近くから毛先まで均一にアイロンでのばしていきます。

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

【STEP2】
・はねやすい後ろの毛先を外ハネに。
・ロングボブは毛先がはねやすいので、流れに逆らわずに外ハネに(笑)。
・ストレートアイロンで、毛先3cmだけ手首を返すくらいの軽いカールをかけると、今っぽい外ハネスタイルになります。

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

【STEP3】
・前髪とサイドは内巻きにしてウルフっぽく。
・サイドにレイヤーが入っているので、前髪からサイドの毛先は内巻きにしてウルフ感を出します。
・後ろの外ハネと違う動きがついて、軽やかな印象に。

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

【STEP4】
・毛先にヘアクリームをつけて毛束感を出す。
・指の間にヘアクリームを広げ、手ぐしで毛先になじませます。
・後ろの髪だけではなく、前髪とサイドにもつけて、全体的に毛束感を出すのが、さらに今っぽくするコツです。

ハネやすい毛先を逆手にとって自然なスタイルに

オンスタイルにもぴったりなナチュラルな外ハネスタイル。動きのある毛束感が、こなれた印象に。

乾燥して膨らみやすいのに毛量の少ない髪…ダウンスタイルにするときのストレートアイロンテク|ロングボブのはねやすさを生かした外ハネスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 98】

顔周りを外ハネにするだけで黒髪ショートボブが大人っぽく

顔周りを外ハネにするだけで黒髪ショートボブが大人っぽく
\ヘアスタイルのポイント/

・顔周りを外ハネにして大人っぽく!
・少しの外ハネでおしゃれになり、アレンジ幅が広がりました!
「シンプルなストレートボブは、スタイリング次第で子供っぽく見えてしまうことも。顔周りの毛束に少し遊びをプラスすると、大人っぽいこなれ感が生まれます」(drive for garden トップスタイリスト 一番合戦さん)

\BEFORE/

顔周りを外ハネにするだけで黒髪ショートボブが大人っぽく
\How to/

顔周りを外ハネにするだけで黒髪ショートボブが大人っぽく
【STEP1】
・前髪~サイドを外巻きに。
・32mmアイロンを使用。前髪は、外側に流しながら毛先は内巻きに。

顔周りを外ハネにするだけで黒髪ショートボブが大人っぽく
【STEP2】
・顔周りの髪も、毛先だけ外ハネにする。
・毛束をほぐしながらスプレーを吹きつけ、動きをキープして。

シンプルボブがたった3分で、大人っぽボブに変身!

ストレートアイロンで簡単丸顔カバーヘアセット

丸顔もカバー!ストレートアイロンで外ハネボブスタイル
\ヘアスタイルのポイント/

・小顔効果抜群!トップにふんわり感を出したタイトな外ハネボブで愛され顔にはねやすい髪は、思いきって外ハネにするのが、スタイリング時間短縮のコツ。

・ストレートアイロンを使って、根元をタイトに抑えてメリハリを出せば、小顔&脱地味顔も叶うんです!トップのふんわり感とサイドのタイトさで、メリハリのある外ハネボブ。はねやすい髪は、無理に内巻きにしようとすると時間がかかるばかり。

・トップにふんわり感を出して、丸顔カバーにマストな高さをキープしつつ、サイドをタイトに抑え、毛先を外ハネにすると、スタイルにメリハリが生まれ、表情も華やかに見えます!

\BEFORE/

丸顔もカバー!ストレートアイロンで外ハネボブスタイル
DAMIAスタイリスト 増田怜奈さん

Age:30歳
髪質:毛量は多めで硬さはふつう、直毛。
髪型:あご下ボブ
ヘアカラー:アッシュ系ブラウン
パーマ:なし
髪コンプレックス:直毛で重たい印象に。丸顔が目立ち、地味な印象を与えがち。

\How to/

丸顔もカバー!ストレートアイロンで外ハネボブスタイル
【STEP1】
・髪を上下に二分して、アイロンで外ハネに。サイド〜バックの髪を、こめかみ位置で上下にブロッキングします。一気にスタイリングしようとすると、かえって時間がかかってしまうので、必ず髪を上下に分けてください。

・まずは、下の段からスタイリング。中間部分をストレートアイロンで挟み、毛先に向けて滑らせて、毛先5㎝のところで毛先が外にはねるように腕を外側にひねって、アイロンを抜きます。

丸顔もカバー!ストレートアイロンで外ハネボブスタイル
【STEP2】
・続いて上の段をストレートアイロンで挟み、外ハネに。上の段は頭頂部を空けて、ハチのあたりをストレートアイロンで挟みます。

・毛先に向けて少しゆっくりめにアイロンを滑らせ、広がりやすいハチまわりをタイトに抑えるのがコツ。中間部分から徐々に手首を外側にひねりながら、アイロンを抜きます。ここまでで約2分半!

丸顔もカバー!ストレートアイロンで外ハネボブスタイル
【STEP3】
・コームの先端でトップの分け目をジグザグにとります。丸顔カバーに不可欠なのは、トップに高さを出して、縦長のフォルムを作ること。
・分け目をジグザグにすることで、トップにふんわり感が出て、自然な縦長フォルムになります。

丸顔もカバー!ストレートアイロンで外ハネボブスタイル
【STEP4】
・ジェル状のスタイリング剤を500円硬貨大(ポンプタイプの場合は2プッシュ分)手に取ります。
・両手にジェル状スタイリング剤を伸ばし、両サイドの外側から手グシを入れて毛先になじませます
・程よいウェット感を出しながら、ハネ感を長時間キープしてくれますよ

アイロンで簡単!“ボブの外ハネアレンジ”で丸顔&地味顔をカバー【髪コンプレックス解消vol.30】

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
ヘア&メイクアップアーティストGeorgeさん

Age:37歳
髪質:ストレートで量が多い。
髪型:ボブ
ヘアカラー:あり
パーマ:あり
髪コンプレックス:髪が細いのでカラーが褪色しやすく、毛先が乾燥しがち。前髪に浮きクセがある。

\How to/

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
【STEP1】
・固めのエマルジョンワックスと、ウエットな質感に仕上がるジェルワックスを混ぜて使用するのがGeorgeさん流。
・髪の毛をタオルドライする時のような要領で、ワシャワシャ~ッと思い切りもみこむようにつけていきます。
・今回のアレンジはホールド感もウェット感も強めに出したいので、量も多めにつけます。

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
【STEP2】
・全体にワックスをもみこんだら、前髪をかきあげるようにして分け目をサイドにもっていきます。
・7:3分けか8:2分けくらいにすると、グッと大人っぽくなります。

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
【STEP3】
・毛先にワックスをもみこむようにつけ足して、タイトな外ハネに。
・ワックスを両手でくしゃくしゃっと毛先にもみこんでから、手ぐしで外ハネにします。

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
【STEP4】
・顔周りの髪にワックスを両手ですりこむ。
・前髪を両手で挟み込んで、ワックスをすりつけて横に流します。
・程よいウェット感とホールド感があるので、前髪がペタンとならずに顔周りがスッキリ見せられます。

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
【STEP5】
・ 片側の髪をなでつけて、耳にかける。
・今回は右側にボリュームを出したので、左側はタイトにすっきりとまとめるとバランスアップ。
・手に残った少量のワックスで表面をなでつけて耳にかけ、毛先は外ハネにします。

ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
BEFOREに比べるとグッとシャープで大人っぽく見えます。
ショートボブを大人っぽくする横分け×外ハネアレンジ
横からみるとこんな感じ。すっきりと知的見えするので、パンツスタイルや、スーツとも相性よし。「ワンピース+大ぶりのピアスなどをつければ、パーティ仕様になりますよ!」

短めボブの簡単アレンジ法|分け目を変えるアレンジで大人っぽく!【髪コンプレックス解消vol.37】

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事