ヘアスタイル・髪型
2022.5.15

イメチェン、大事なのは前髪!【実例24】

\"\"

イメチェンには前髪に変化をつけるのがおすすめ!前髪あり・なし、顔型別に『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからおすすめの髪型をご紹介します。

タイプ別「前髪あり」のスタイル【10例】

【1】「シースルーバング」で軽やかなミルクティーベージュボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 重たく広がらない前下がりボブで透け感を出し、顔周りをつつむようなカットラインに。また、結んでアレンジができるくらいの絶妙な流さにカット。
  2. カラーは12トーンのミルクティーベージュでお肌も髪も透明感を演出してモテ髪に。こちらのカラーはブリーチ必須になります。

【how to “スタイリング”】

  1. ストレートアイロンでナチュラルに内巻きに。
  2. 前下がりにカットしているので、アイロンを通すだけで毛先が綺麗に内に入ってくれます。アイロンを通す前に根元だけ濡らして前にブローしてあげるとより綺麗におさまってくれます。
  3. ボブのスタイリングはオイル系がまとまって可愛いくなるのでオススメ。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 市原 大翼さん

 

初出:前下がりストレートボブと明るめ「ミルクティーベージュ」で夏を先取り

記事を読む

【2】「シースルーバング」が可愛いモカベージュのくびれミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースカットは鎖骨下5cmの長さで、前上がりに。フェイスラインは、グラデーションを入れ、トップにはレイヤーを入れます。
  2. さらに、顔まわりには独立したレイヤーを入れてくびれをつくりやすくします。おくれ毛をレイヤーに繋げ、毛流れを出します。
  3. カラーは、春カラーにイチオシのモカベージュを8レベルで。ピンクをMIXして、ツヤ感のある仕上がりで、色落ちしてもキレイ色が持続します。

【how to “スタイリング”】

  1. 32mmのコテで、毛先から外巻き→内巻きの波巻きにしてくびれを強調。
  2. サイドは上下に分け、上段はリバースに、下段は内巻きにワンカール。
  3. スタイリング剤は、今っぽい質感で、抜け感とキープ力のあるバームが必須!くびれを潰さないように内側からつけ、ツヤっぽい仕上がりを目指して。

担当サロン:MINX銀座二丁目店(ミンクス ギンザニチョウメテン) 冨谷 蓮さん

 

初出:伸ばしかけに!小顔見せのくびれミディは、モカベージュでツヤ感をプラス|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】「シースルーバング」で抜け感たっぷりの柔らかロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 長い髪でもナチュラルなくびれをつくり、キンモリヘアで柔らかい印象に。毛先は重ためカット。
  2. 前髪は2wayバングができるように薄めのシースルーバングでバランスをとります。
  3. カラーは根元6トーン、毛先9トーンのグラデーションカラー。カットと同じくナチュラルさを意識してカラーをすることで色落ちしても綺麗なグラデーションが保てます。

【how to “スタイリング”】

  1. 毛先にたぷっと感がほしいので、最初に38ミリのカールアイロンで内巻きに巻きます。
  2. そのあとに中間部分をすべてリバース巻きに。
  3. 顔周りの短い部分も外巻きにして羽バングをつくります。これがくびれヘアをつくるポイント!

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン) 黒田 葉月さん

 

初出:色の変化を楽しめる「グラデーションカラー」は根元は暗めがオススメ

記事を読む

【4】「ワイドバング」のコンパクトシルエットボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. あご下5cmの長めの平行ボブがベース。トップのみレイヤーを入れて浮遊感を出します。骨格にフィットするよう量感+質感を調整。
  2. 前髪は目尻までのややワイドバングをシースルーで。ラウンドさせることで、目力UPと大人っぽい仕上がりを叶えます。
  3. ベースカラーは、7レベルのチョコレートブラウンに。アクセントのイヤリングカラーは、根元を外して14レベルのシアーベージュで染めます。今季のインナーカラーは、幅が狭めのさりげないデザインが注目です。

【how to “スタイリング”】

  1. 26mmのカールアイロンで毛先をゆるめの外ハネに。表面は内巻きにします。
  2. 乾燥しやすい季節は、ツヤ感とおさまり重視で重めのオイルがおすすめ。根元付近から毛先までしっかり塗布して。

担当サロン:MINX青山店(ミンクス アオヤマテン) 清水 豊さん

 

初出:イヤリングカラーをチラ見せ!コンパクトシルエットの上品ボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【5】「ジグザグバング」の大人ショートボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 前髪とサイドは弱く、後頭部はややしっかりとパーマでウェーブにしてます。そうする事で、トップが潰れずに、ふんわりしますし、スタイリングも楽に。
  2. 前髪は、少しジグザグに毛先をすることでおでこになじんで小顔効果が◎。
  3. カラーは、根元6トーン、中間から毛先は9トーンのナチュラルブラウンに、細めのハイライトが、表面に少し入っていて白髪となじんでいます。

【how to “スタイリング”】

  1. パーマがかかっているので、コテなどは不要。
  2. 水スプレーで、全体を湿らせたあと、保湿のアウトバストリートメントを馴染ませてから、ワックスムースをたっぷりつけます。
  3. その後は、自然乾燥で大丈夫です。前髪の毛先は、ワックスを少量つけて、束感を出しています。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:大人のジグザグバングとふんわりショートボブの小顔ヘア

記事を読む

【6】「ベビーバング」で大人可愛いボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースはぱっつんのワンレングス。前髪は、ちょっと短めで重ためのぱっつんベビーバングにしてみました。
  2. カラーはアディクシーカラーのネイキッドコーラル13レベルにペールラインのペールピンクを10%混ぜています。
  3. しっかりとベースを明るくする事によって色味を入れても濁ったり暗くなりすぎず透明感と発色の良さが綺麗に出てくれます。

【how to “スタイリング”】

  1. スタイリングは毛先のみ32ミリのコテで通すように毛先だけを外ハネに。外ハネにする事で動きが出てしっかりと色味が出た髪と合わせてよりアクティブなイメージへ。
  2. スタイリング剤は軽めのバームを薄く付けて毛先の動きをキープしながらも重くならないようにしています。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 杉浦 友哉さん

 

初出:一足お先に夏色ヘア♪コーラルカラーとベビーバングで大人可愛いボブ

記事を読む

【7】「うざバング」が可愛い韓国っぽロング

【スタイルのポイント】

  1. 鎖骨下10センチでカット
  2. レイヤーを入れて動きをたっぷり
  3. 頬の高さからMIXのパーマをかける
  4. 低温デジタルパーマでかけることによってダメージレスになりご自宅でもお手入れ簡単に

【前髪カットのポイント】

  1. 眉下のシースルーウザバング
  2. 幅の設定を少なくしつつチョップカットで束感を作りやすく
  3. リップ上のながざでサイドバングをつくって小顔に

担当サロン:Maria by afloat(マリア) 山田 祐里さん

 

初出:有名サロンがお悩み解消!vol.186【ひし形・ロング・ウザバン】骨格・レングス・前髪別特集

記事を読む

【8】大人「姫バング」の重めセミロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. セミロングのレイヤースタイルに姫バンク。軽くなりすぎない、やや重めのレイヤースタイルに、サイドを短めにした姫カットです。
  2. 厚めの姫バング前髪で、トップのボリュームも出しつつ、顔まわりを覆って小顔に見せます!
  3. カラーは、ブリーチで、細めに表面に入れ、そのあとアッシュ系で、10トーン位になるように染めてます。白髪もなじみきれいなメッシュのように仕上がります。

【how to “スタイリング”】

  1. 前髪、トップの地肌を水で濡らし、ドライヤーでふんわり乾かします!バックの中間毛先、サイドの毛先にオイルかバームを付けて艶を出します。
  2. 直毛ならカールアイロンで毛先だけ少し巻いてからでもいいです。巻きすぎない、やや緩い感じがエフォートレスで今っぽさが出ます!
  3. 最後に、サイドの髪を耳にかけて姫バンクを強調させます!

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:大人使用の姫バングはセミロングと重めのレイヤーで決まり

記事を読む

【9】「オン眉」が可愛い軽やかウェーブのボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 肩に当たる長さでワンレングスにカット。量感をやや軽めに調整します。
  2. 前髪は眉上1cmで、骨格にあわせてカットします。サイドバングは長めに設定することで、小顔効果とお洒落感を。
  3. カラーは、9レベルのブラウンベージュをセレクト。明るめカラーですが、色持ちが綺麗で長く色を楽しめます。赤みをおさえて、肌なじみがいいのもポイント。

【how to “スタイリング”】

  1. アイロンの場合、26mmのコテを使い毛先を外ハネにしてから、サイドと表面の髪を外ハネ+内巻きの波ウェーブに。
  2. サイドバングは軽くカールをつけ、前髪はナチュラルに巻かない方がかわいく仕上がります。アイロン仕上げではなくパーマをかければ、簡単で再現性も高くなります。
  3. オイルを手に取り、カール感を伸ばさないように、内側から手を通して馴染ませます。手に残っているものを、前髪とサイドバングにつけたらフィニッシュ。

担当サロン:GARDEN ginza(ガーデンギンザ) 石原 萠さん

 

初出:軽やかウェーブで春夏っぽく!お洒落見えするオン眉ボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【10】「ぱっつん」でも子供っぽくない美艶ロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 胸下でベーシックなワンレングスにカット。
  2. 前髪は、骨格に合わせ思い切ってワイドに取り、垢抜けたイメージに。重さを出すのもポイントです。
  3. カラーは、5レベルのアッシュグレージュをチョイス。青みをしっかり入れることで、暗髪でも透明感のある仕上がりに。

【how to “スタイリング”】

  1. ツヤ感が出るようにストレートアイロンを通し、毛先に少しだけ丸みをつけます。
  2. 重めのオイルを中間から毛先になじませたら完成です。髪の膨らみが気になる場合、塗布量を調整して多めでも。

担当サロン:S.HAIR SALON (エス ヘアサロン) 今泉 美穂さん

 

初出:ダークカラーで魅せる!モード感たっぷりな美艶ロング|最旬ヘアカタログ

記事を読む

「前髪なし・センターパート」のスタイル【6例】

【1】クールなお洒落ショートボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースカットはグラデーションを入れたショートボブ。
  2. 表面に軽くレイヤーを入れます。顔ぎわの柔らかニュアンスのコツは、レイヤーとも違う内側の角を削るカットにあり。ほんの少し動きが出るだけでお洒落感がUPします。
  3. カラーは、地毛風に5レベルのアッシュブラウンをチョイス。透明感があり、光に当たった時に柔らかく見えるので、ダークカラーはアッシュ系がイチオシです。

【how to “スタイリング”】

  1. 前髪はセンターパート(6:4でも)にし、ふわっとした立ち上がりがつくように乾かします。
  2. 前髪を顔側に引き出し、ストレートアイロンで軽ーく丸みをつけるように通し、その後、オールバックにするようにかき上げます。
  3. ツヤ感の出るオイルorバームを馴染ませて、束感を整えたら完成です。スタイリング剤は、軽めのタイプを選んで。

担当サロン:grico(グリコ) 寺尾 フミヤさん

 

初出:技ありカットで柔らか見せ!クールフェイスのお洒落なショートボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【2】ナチュラル&フェミニンな色っぽミニボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ベースカットは、アゴラインのミニボブ。中間からグラデーションを入れ、トップにはレイヤーを入れることで、女性らしい丸みシルエットと軽さを両立させます。
  2. 前髪は、ほお骨にかかる長さでカットし、柔らかさが出るように調整します。
  3. カラーは、7レベルのグレーベージュに。日本人の赤みを打ち消しつつ、透明感と柔らかさを出してくれます。明るすぎず、暗すぎない明度が春カラーにおすすめ。

【how to “スタイリング”】

  1. 前髪とトップのみ、32mmのカールアイロンで内巻きにワンカール。
  2. トップは、髪を真上に引き出し巻くと、柔らかい仕上がりに。
  3. クリームワックスとオイルを手に伸ばしたら、毛先からクシュっと大きく揉み込むようにつけます。
  4. しっとりとした質感+動きがあることが鍵なので、スタイリング剤はMIX使いが鉄則です。

担当サロン:TORA by grico(トラ バイ グリコ) バタコさん

 

初出:春らしいナチュラル&フェミニンに!小顔見えの色っぽミニボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【3】360度美しい色っぽボブ

\サイドのシルエットがポイント/

【SIDE】

【BACK】

【スタイルのポイント】

  1. ワンレンベースのグラデボブ。やや前下がりのシルエットで360度美しい印象に。
  2. アレンジもしやすいように、肩すれすれに設定したレングスもポイント。
  3. カラーはピンク寄りのブラウンで、重くなりがちなボブを軽快に!

担当サロン:SUN VALLEY 朝日 光輝さん

 

初出:宇垣美里「ロングヘアに未練なし! ワクワクでこの日を迎えました」|360度美しい色っぽボブに変身

記事を読む

【4】2wayバングのフレーミングカラーセミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. レングスはセミディ、ワンカールでも可愛いくなれるレイヤーカット。前髪は2wayバングに。
  2. 今回ポイントとなるのが、2021年から人気爆発したフェイスフレーミングカラー。(フェイスラインをぐるっと囲ったように見えるオシャレなデザインカラーのこと)。周りと差をつけたい、垢抜けたい、切る勇気はないけどイメチェンしたい!という方にオススメです。
  3. 顔周りの好きな箇所をダブルカラーをして明るく染めます。脱色をするだけでも可愛いですが、このモデルさんのようにピンク色などを入れて様々なカラーを楽しむことができます。

【how to “スタイリング”】

  1. 32ミリのカールアイロンで、毛先は外ハネ、中間部分は全て外巻きに。
  2. 前髪は立ち上がるように最初に根元だけ水スプレーなどで濡らし、逆毛を立ててかきあげていきます。
  3. 巻く前にMTGのロックオイルをつけると一日中巻きがキープされ、崩れにくいです。

担当サロン:Beauty Connection Ginza Hair Salon(ビューティーコネクションギンザ ヘアサロン) 小野寺 瑞希さん

 

初出:夏におすすめ!ピンクベージュのフレーミングカラーでマスクでもお洒落に

記事を読む

【5】かき上げバングのモテ暖色セミロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 胸下のレイヤースタイル。顔周りにそう毛流れは、かき上げバングができるようにどこで分けても大丈夫なようにしています。
  2. カラーはイルミナカラーのサファリ12トーン。暖色のベージュカラーなので、前回入れたハイライトにうまくなじんでグラデーションのようにも見えます。
  3. なじみがいいので、グレーヘアにもおすすめの色見です。

【how to “スタイリング”】

  1. 32ミリのアイロンで毛先をワンカール内巻きにし、顔周りを中間から外側に巻きます。
  2. それに繋がるように前髪も流すように巻きます。
  3. 全体的にくびれが出るようにミックス巻きにしているので、かき上げてもきれいにスタイルが決まります。
  4. ツヤの出るバームを全体に馴染ませて完成。

担当サロン:Surpass 星 晃介さん

 

初出:大人のモテ暖色セミロングヘアはかき上げバングに決まり

記事を読む

【6】大人っぽい艶髪ロングストレート

【how to “ベース&カラー”】

  1. カットラインは、全体的にレイヤーの幅も狭くローレイヤーの重めです。こうすることで、巻かないストレートでもまとまりが出ます。
  2. 前髪をリップから顎ラインで作って、顔まわりに動きを出しています。
  3. 全体に8.5トーン位のアッシュブラウンに、細めで細かめに、12トーンのナチュラルベージュがハイライトで入ってます。このカラーなら白髪ヘアもきれいにまとまるのでおすすめです。

【how to “スタイリング”】

  1. 38ミリのカールアイロンで毛先を逆巻に巻いた後、表面の髪を厚めに取りリバースに中間巻きをします。前髪は、毛先のみをリバースに巻いて流します。ワックスを揉み込んで完成です。
  2. 今回は巻いていますが、日ごろ巻かなくてもカットでまとまるようにしているので、きれいなストレートヘアが楽しめますよ。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢 ゆりこさん

 

初出:艶髪ロングストレートは憧れ!大人のナチュラルロングヘア

記事を読む

「面長」カバーにおすすめのスタイル【2例】

【1】シースルーバングのひし形シルエットセミロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. 全体はレイヤーを入れずに、ぷつっと毛先に重さを残したカットに。
  2. 顔周りは、横に幅を持たせるためにレイヤーを入れて流れるように、動きが出るようにする。
  3. カラーは誰にでも似合う万能カラー、10トーンのベージュでふんわり柔らかい 雰囲気に。

【how to “スタイリング”】

  1. 顔まわりを流れるように巻いてあげてひし形シルエットに。
  2. 32ミリのコテで毛先を外ハネにし、耳の位置で内になるように半回転して、くびれるシルエットに。サイドの毛束はリバース巻き。
  3. スタイリング剤はバームを使用。バームを全体に馴染ませたら、ブラシでとかすと、艶とまとまりのあるスタイルになります。

担当サロン:ciel(シエル) sanaさん

 

初出:骨格のお悩み解消!【面長・セミロングさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

【2】前髪で眉をしっかり隠したふんわりボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. カットはボブベースではあるものの、髪の中間からスライドカットで空間をつくりメリハリをプラス。
  2. 前髪は眉をしっかり隠す長さで面長をカバー。サイドバングは目尻のアイラインに沿わずことで目力アップ。
  3. カラーは透明感のある11レベルのグレージュ系。赤みのでづらいグレージュ系は肌色の白さを引き立て透明感をだしてくれます。

【how to “スタイリング”】

  1. 毛先は外ハネのワンカールに。輪郭を覆うようにコテで髪に曲線をつけます。
  2. 表面の髪を束で摘んで巻きすぎないようにコテで熱を通します。
  3. 最後にヘアオイルとバームを1:1でミックスしたものを全体になじませ、空気を含ますようにボリュームを調整すれば完成です。

担当サロン:Maria by afloat(マリア) 添田 晃正さん

 

初出:骨格のお悩み解消!【面長・ボブさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

「下膨れ」カバーにおすすめのスタイル【2例】

【1】シースルーバングの質感差レイヤーセミロング

【how to “ベース&カラー”】

  1. カットはローレイヤーでアウトラインを重めに、表面はレイヤーを入れて“上はふわっと下はたぷんとした質感差レイヤー”にしています。
  2. カラーはマロンベージュの11トーンお肌に馴染みやすいようほんのりピンクを混ぜるのがかわいさの秘密。

【how to “スタイリング”】

  1. 32ミリのアイロンでリバースカール多め。下膨れをカバーするために耳上をふんわりさせます。そのために、波ウェーブで立体感を出しています。
  2. フェイスレイヤーを後ろに流して、耳上の波ウェーブと馴染ませるとふんわりします。
  3. スタイリング剤はレイラエフオーガニックオイルを少量手の上に出して広げ、髪全体に軽くなじませてふんわりさせます。

担当サロン:Maria by afloat(マリア) 上田 ヒロツグさん

 

初出:骨格のお悩み解消!【下膨れ・セミロングさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

【2】前髪から顔周りに繋がる髪を作った下膨れカバーボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. トップがふんわりなるようにカット。前髪から顔周りに繋がる髪を作って頬を隠し、下膨れをカバーしています。
  2. カラーは11トーンのシナモンベージュ。赤みを抑えるようにして柔らかい雰囲気の色味にします。

【how to “スタイリング”】

  1. 26ミリのコテで内巻きにワンカールで下膨れを隠しています。また、表面さ毛束を持ち上げ柔らかいカールが出るようにします。
  2. あまりツヤっぽくなりすぎないワックスで毛先を揉み込むようにしながらスタイリングしたら完成。

担当サロン:Lila by afloat(レイラバイアフロート) 畑中 正敏さん

 

初出:骨格のお悩み解消!【下膨れ・ボブさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

「四角顔」カバーにおすすめのスタイル【2例】

【1】かき上げ前髪がクールな長めショート

【how to “ベース&カラー”】

  1. 少し長めのショートは、レイヤーで動きを出して頬から顎部分を隠すようにしています。そうすることで四角い骨格が隠れて優しい印象になります。
  2. 12トーンのラベンダーグレージュ、明るめでも黄色っぽさを抑え、くすみ感のあるカラーです。

【how to “スタイリング”】

  1. 26ミリのコテで外ハネと内巻きを交互に入れてミックス巻きにしていきます。細かい程、動きのあるスタイルになります。
  2. カールがしっかり出るようにワックスを下から揉み込むようにつけ束感を出して完成。
  3. 巻髪によって柔らかい印象が生まれ、四角顔の男っぽさや強さがなくなります。

担当サロン:Lila by afloat(レイラバイアフロート) 畑中 正敏さん

 

初出:骨格のお悩み解消!【四角型・ショートさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

【2】シースルーバングが爽やかな外ハネボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 鎖骨くらいにワンレンベースにカットして、トップはレイヤー入れてくびれ感を出します。
  2. 前髪はシースルーバングにして顔の面積を削ります。
  3. カラーは10トーンカラーで艶の出るミルクティーベージュに。ふんわりと柔らかい質感にみえます。

【how to “スタイリング”】

  1. 32ミリのアイロンで外巻きと内巻きにして、四角カバーに。
  2. 毛先は外巻きにしてボリュームを抑えて、トップはワンカールに巻きにすることで四角カバースタイルが完成します。
  3. スタイリング剤はバームとオイルを混ぜて、髪全体に揉みこんで束間を出して完成。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート) 鎌倉 彩さん

 

初出:骨格のお悩み解消!【四角型・ボブさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

「丸顔・エラ」カバーにおすすめのスタイル

シースルーバングの上品くびれミディ

【how to “ベース&カラー”】

  1. 鎖骨ラインでワンレングスにカット。トップに軽くレイヤーを入れ、さらにスライドカットで動きと浮遊感を出します。
  2. 前髪は、目にかかる長さのシースルーに。従来のシースルーバングより多少、量を多めにとるのがポイント。
  3. カラーは地毛風に5レベルのディープグレージュに。仕事で明るくできない人でも、透明感を出し、品のある仕上がりを叶えます。

【how to “スタイリング”】

  1. ドライ後、ストレートアイロンで毛先を外ハネにして、オイルを馴染ませるだけの楽々ヘア。
  2. オイルをつける時、オールバックのようにかき上げると、ナチュラルな毛流れが生まれるのでお試しを。
  3. ウェットな質感とツヤ感が大切になるため、やや重めのオイルがおすすめです。

担当サロン:grico(グリコ) 原田 直美さん

 

初出:色気と抜け感のベストバランス!くびれミディは大人のシースルーバングで|最旬ヘアカタログ

記事を読む

「逆三角形」カバーにおすすめのスタイル

シースルーバングのふんわりショートボブ

【how to “ベース&カラー”】

  1. ショートボブにカットして、サイドの髪を長めに残してフェイスラインをカバー。
  2. トップにふんわりとなるようにレイヤーを入れます。こうすることで、きれいな黄金比のひし形シルエットが完成します。前髪はシースルーバングに。
  3. カラーは9トーンカラーで艶の出るグレーベージュに。ふんわりと柔らかい質感にみえます。

【how to “スタイリング”】

  1. 2トップのみ26ミリアイロンで内巻きワンカールにしてふんわり感を出します。
  2. バームとオイルを混ぜて全体的に揉み込みながら束間をだします。
  3. トップをふんわり、サイドをタイトにしたことできれいなフォルムの完成です。

担当サロン:ALICe by afloat(アリスバイアフロート) 鎌倉 彩さん

 

初出:骨格のお悩み解消!【逆三角・ショートさん】の似合わせスタイリング方法

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事