ヘアスタイル・髪型
2022.2.7

大人こそに似合う、前髪スタイル17選【アラフォー・アラフィフさん向け】

\"\"

40代・50代におすすめの前髪ありの髪型を『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからご紹介します。前髪ありでも頑張りすぎない大人上品なスタイルです。

「ショート~ショートボブ」大人の前髪ありスタイル【7選】

【1】短め流し前髪のベリーショート

Point

細かく入れたハイライトが、白髪を上手くごまかしてくれます。

【how to“ベース&カラー”】

  1. トップに分け目がない、ショートスタイル。
  2. カラーは、まず全体が14トーンになるように、明るくし、そのあと、ブリーチで17トーンになるくらいのハイライトを入れながら、ベースとなる部分には10トーンのグレージュをのせる。ハイライト部分には、最後に、ベースベージュをのせて、透明感を出す。ハイライトも細かく入れることで、目立ちにくく白髪がなじみ、全く気にならない状態に。

【how to“スタイリング”】

  1. しっかり髪を濡らし、保湿のトリートメントをつけた後、ドライヤーで、後ろから風をあてて、トップがふんわりするように、乾かす。
  2. バームにオイルを少し足して、よく混ぜてから、髪全体になじませて、終了。アイロンなどで巻かなくても、スタイルが決まるのでお手軽なスタイル。

担当サロン:SINCERELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:極細ハイライトで作る大人マニッシュショート

記事を読む

【2】流し前髪の若返りが叶うミセスショート

Point

大人のメリハリショートは、ボリュームを上げてメリハリをつくり、育てるハイライトとDELA髪質改善で若返りを。

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットは、大人の華やかさを出すために毛流れをキレイに見せるレイヤーを。耳かけをする前提で耳周りをスッキリカットしておく。
  2. カラーは、8レベルのグレーカラーに12~14レベルのハイライトで。白髪世代がハイライトやダブルカラーを楽しむ方が増えている。1年に渡り、3週間に一度リタッチ→リタッチ+ハイライト→全体を繰り返すと、今まで真っ黒しか選択肢が無かった方がここまで透明感が作れるようになる。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かす際に、必ず毛穴を起こすように乾かし、毛流れを浮き立たせる。
  2. 毛先にトリートメントバームをつければ、毛流れも強調でき、大人のショートの完成。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木拓也さん

 

初出:若返りが叶うミセスのメリハリショートヘア

記事を読む

【3】オン眉バングの大人に似合うウルフショート

Point

・襟足の長さや後頭部の丸みを出す高さの調節で1人1人に合わせたカットができるので頭の形がキレイに見えたり首を細く長く見せることが出来る。
・動きが出た方が決まりやすいスタイルになるので癖毛の方は癖を活かして楽らくスタイリング。
・ひと昔前の軽すぎてペラペラな感じではなく毛先は重さを残した重軽なウルフショートで今時お洒落ヘアにブラッシュアップ。

【how to“ベース&カラー”】

  1. マッシュウルフベースでカット。
  2. 襟足はレザーを使ってレイヤーをいれて首にフィットするようにカットすることで、くびれができて外ハネの動きが出る。
  3. カラーは8~9トーンのマロンベージュ隠し味のブルーバイオレットを入れる事によって栗っぽいコクと艶が得られる。秋色にもおすすめの色。

【how to“スタイリング”】

  1. 癖を活かしたいので毛先のワンカールは伸ばしすぎないように優しく顔まわりは後ろに流れるように、襟足は外に跳ねさせるようにドライ。
  2. 全体が乾いたら癖毛の方は艶が出てスタイリング力もあるバームを手にとりよく伸ばして襟足から全体に馴染ませてつければ完成。

担当サロン:Tierra (ティエラ) 美侑さん

 

初出:マロンベージュとブルーバイオレットの秋色カラーで作るマッシュショートウルフ

記事を読む

【4】シースルー2WAYのハイカラーこなれショート

Point

前髪はシースルーにしてかわいさアップ。
カラーは明るめにして軽く見えるように。
明るさがある事で動きや立体感も出しやすくなります。

【how to“ベース&カラー”】

  1. グラデーションのボブベースで動きのあるショートボブを作る。
  2. カラーはブリーチをして明るめのベージュをかぶせている!濃く入れすぎない事が大人ヘアにはポイント。
  3. シースルー2WAYの前髪は左右に分けても、一方向に流すこともできて◎。

【how to“スタイリング”】

  1. ドライはトップがふんわりするように指でつまみながら乾かす。
  2. ストレートアイロンで毛先を軽くまるめてあげると大人可愛さアップ。
  3. 最後にバームをしっかり揉み込んで完成。

担当サロン:AFLOAT SHONAN(アフロート ショウナン) 赤荻 樹 さん

 

初出:大人も楽しめるハイトーンのふんわりグラデーションボブ

記事を読む

【6】重め流し前髪のひし形シルエットヘア

Point

今回の大人ヘアの黄金デザインはひし形シルエット!!前、横、後ろ、どの角度からも綺麗なひし形に見せることにより洗練された華やかさを演出できます。

【how to“ベース&カラー”】

  1. グラデーションベースのカットに、トップだけ表面に毛流れを見せるようにレイヤーを入れる。顔周りは少し短めにするとふんわり感が出る。
  2. 前髪は少し厚め&長めに取り、流せるようして動きを。直毛さんは、必ずパーマもしくはアイロンで毛先にカールを!
  3. カラーは、ハイライトを仕込んだ7レベルモーブピンク。肌が綺麗に見えるから肌艶アップ効果があると共に、トレンドカラーをさりげなく明るすぎないレベルで入れることでやりすぎ感もなくおしゃれ度アップのメリットも。

【how to“スタイリング”】

  1. 乾かす際に、必ず毛穴を起こすように(軽く引っ張りながら)乾かす事でひし形のふんわりメリハリを引き出す。
  2. 毛先にトリートメントバームをつければ、毛流れも強調できる。
  3. 前髪もふんわり横から見たときに厚みが出るようにスタイリングすることで、全体的に動きが出る。耳に片方かけることでこなれ感も出て大人らしさもアップ。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木拓也さん

 

初出:老けない洗練された大人ヘア!ひし形シルエットに大人モーブピンクで優しいふんわりショート

記事を読む

【7】長めシースルーの美人ショートボブ

Point

かわいく、時に子供っぽくなちがりなショートボブをおしゃれな旬顔に変える秘訣は、技ありレイヤーにありました。顔まわりの軽さ&襟足のくびれが、ナチュラルの中にキレイをプラス。厚みのあるデザインでも、シースルーバングとの組み合わせで抜け感もプラス。

【how to“ベース&カラー”】

  1. ショートボブベースに、顔まわりを囲うようにレイヤーを入れる。また、バックは首を美しく見せつつえり足にくびれを出すように、レイヤーをオン。
  2. 前髪は長めのシースルーで絶妙な束間を出すのがポイント。
  3. カラーリングは落ち着いた色味の8レベルのブラウンベージュに、トップを中心にハイライトを入れる。細めのハイライトにより、赤みを打ち消し透明感のある仕上がりに。

【how to“スタイリング”】

  1. 分け目がつかないよう、トップのボリュームを出しながら乾かしてから、32mmのアイロンで毛先をワンカールするだけの簡単ヘア。
  2. ボリューム感をキープするスプレーワックスを全体につけてから、毛先にヘアオイルを重ねて束間を整えたら完成。

担当サロン:Violet 表参道店(バイオレット オモテサンドウテン) 内田圭悟さん

 

初出:シースルーバングと技ありレイヤーで、おしゃれに差がつく美人ショートボブ

記事を読む

「ボブ」大人の前髪ありスタイル【5選】

【1】短め流し前髪のくせ毛を活かすウェーブボブ

Point

なるべく艶を出すのが、大人ヘアのポイントになるので、オイルとバームのW使いで、乾かないスタイリングがよいです。

【how to“ベース&カラー”】

  1. あごラインのボブウェーブ。
  2. カラーは、会社で明るさの規定があるため9トーンのナチュラルなブラウンで全体を染めている。
  3. 髪をいたわりたいと言うことで、ストレートパーマやウェーブパーマなどは施さず、もともと持っている癖を生かして、ウェーブがきれいに出るように、量感を調整しながらカット。

【how to“スタイリング”】

  1. 水スプレーで、表面を濡らし、タオルドライした後、オイルとバームを1対1で混ぜ、全体に揉み込む。
  2. その後は、自然乾燥させて、癖が浮き出るのを待つ。癖を活かすカットをしたことで、軽くパーマをかけたようなきれいなウェーブが浮き上がる。髪に負担をかけたくない人はくせ毛を活かす方法がおすすめ。

担当サロン:SINCERELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:くせ毛を活かして作る大人のナチュラルスタイル♪ミニマム施術で髪をいたわりたい人は必見

記事を読む

【2】シースルー×ハイライトの白髪カバーができるボブ

Point

トレンドの外ハネボブ&シースルーバングを大人が取り入れるなら、前髪の横幅を少しワイドにするといい。こめかみ部分が分かれてオデコが見えすぎると老けて見えてしまう為、眉尻と生え際の間に、前髪がくるように作るのが、ポイント。カラーは、ハイライトをたくさん入れる事で、白髪が目立ちずらくなり、おすすめ。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩につく長さの外ハネボブで髪に動きを付けている。
  2. 前髪は薄めに作りシースルーぎみにして大人可愛い感じを演出。
  3. カラーは、10トーンのラベンダーブラウンに、15.6トーンのハイライトを入れたスタイル。

【how to“スタイリング”】

  1. トップの根元を水で濡らし、ドライヤーで根元が立ち上がるように乾かす。その後、ストレートアイロンで中間からはさみ、滑らせるようにしながら毛先を外ハネに。
  2. オイルとバームを1:1の割合で混ぜ、根元近くからしっかりとつける。前髪は中間から毛先につける。
  3. 最後に分け目をセンターより、ややサイドにずらして根元にハードスプレーをかけて完成。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:大人も楽しめる人気のラベンダーカラーで白髪をなかったことに

記事を読む

【3】薄め前髪の大人可愛いピンクボブ

Point

白髪ぼかしにちょい味変!ビビットピンクハイライトで40代ボブをワンランク上に育てあげる!アラフォー世代は白髪が1番の悩み。そこに細~く全体にビビットなピンクを入れる事で血色アップな一味違うオシャレボブができます。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 人気の前下がりボブはワンレングスカットで美シルエットに。
  2. 前髪を薄めに作って伸ばしたくなっても大丈夫な保険付き。
  3. カラーは10トーンのピンクグレージュ。中明度なハイライトを月1で繰り返して、全体にグラデーションに育てていき、たまに味変なビビットな色味を薄くいれる。そうすることで、白髪をぼかして全体の色が整う。この色は、血色感がアップするのでお肌のキレイ見せにも効果抜群。

【how to“スタイリング”】

  1. 直毛の方は毛先にワンカールパーマをするとスタイリングが長持ち。毛先を外ハネにすることで、トレンド感も出てお洒落度抜群。
  2. 乾かす際に、必ず毛穴を起こすように乾かし、毛流れを浮き立たせます。デザインの縁取り(毛先、顔まわり、トップの毛先)トリートメントバームをつければ、毛流れも強調できオシャレ感をつくれる。

担当サロン:DELA by afloat(デラ バイ アフロート) 青木拓也さん

 

初出:まとめ髪も乾かすのもサクッとできるお手軽大人ピンクボブ

記事を読む

【4】センターパートの大人に似合うハイトーンボブ

Point

トレンドの兆しありのセンターパートを楽しめる長めのボブ。今シーズンも引き続き、明るめカラーやインナーカラーが人気。カラーでおしゃれに冒険するなら、こちらのボブはいかが?イエローベージュ系のハイトーンにさりげないインナーカラーをプラスし、お洒落に差をつけることができます。

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットベースは長めのボブ。首を下に傾けた状態でえり足からカットすることで、自然になじむキレイな丸さを実現。
  2. インナーにグラデーションを入れ、重さを残しつつ軽い表情を作る。
  3. 前髪は巻いて目にかかる長さでカット。
  4. カラーは、ブリーチ後に12レベルのイエローベージュをオンカラー。インナーカラーには、10レベルのオレンジブラウンを。暖色系でまとめることで、さりげない色のコントラストを楽しめる。イエローベージュは、肌トーンをキレイに見せる効果もあり。

【how to“スタイリング”】

  1. 32mmのコテで内巻きに。後頭部は髪を真上に引き出して巻くとグッド。
  2. 前髪はセンターパートにして、毛先のみ内巻きに。
  3. スタイリング剤は、なじみがよい重めタイプのオイルがおすすめ。パサついて見えないようしっかり塗布。特に、インナーカラー部分には、多めにつけるのがポイント。

担当サロン:PEEK-A-BOO AVEDA アトレ恵比寿(ピーク・ア・ブー アヴェダ アトレ恵比寿) 渡邉真理さん

 

初出:センターパートでお洒落に!大人カジュアルのハイトーンボブ|最旬ヘアカタログ

記事を読む

【5】流し前髪のスタイリング楽ちんなデジタルパーマボブ

Point

ボリュームと毛先の軽やかな動きがポイントになります。また、前髪を長くしサイドとつなげて分け目のないスタイルにすることもポイントです。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 顎の長さのボブベースに前髪につなげてトップにレイヤーを入れたスタイル。
  2. 全体にふんわりとした雰囲気を出すために毛先にワンカールのデジタルパーマをかけている。パーマをかけることでボブ特有のハネも気にすることなく、いつでも内巻きカールができて、きちんとスタイリングしているようになるのでおすすめ。
  3. カラーは9トーンのナチュラルブラウンで染めることで明るすぎず大人女性にはおすすめ。

【how to“スタイリング”】

  1. トップにボリュームの出るミストをふりかけて分け目がつかないようにドライヤーで乾かす。
  2. きちんと髪が乾いたら、毛先にワックスを少量揉み込めばOK。ボリュームをキープしたい場合は表面に軽くスプレイをふりかけるといい。

担当サロン:SINCERELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:大人ボブをラクに楽しみたいならデジタルパーマのワンカールでスタイルキープ

記事を読む

「ミディアム」大人の前髪ありスタイル【3選】

【1】薄め前髪の大人レイヤースタイル

Point

ふんわりフォルムと薄めの前髪、暗めのカラーで優しさあふれる大人ヘアが出来上がります。

【how to“ベース&カラー”】

  1. 肩ラインのボブレイヤースタイル。鼻からリップラインの位置くらいからレイヤーを入れて、動きのあるスタイルにしている。
  2. 前髪を薄めにして、ニュアンスを顔まわりに作っている。
  3. カラーは派手過ぎず、地味過ぎずの8トーンのナチュラルブラウン。艶も程よく出るので、大人カラーにおすすめの色。

【how to“スタイリング”】

  1. 26.5ミリのカールアイロンで、毛先を軽く外側に巻く。はちから上のエリアの髪を、ブラシでブローをするような動きで、根元から滑らすようにアイロンをあてていき、毛先は軽く内側に巻く。
  2. 前髪も40ミリのマジックカーラーで巻いておく。
  3. オイルを全体になじませたら完成。

担当サロン:SINCERELY(シンシアリー) 唐沢ゆりこさん

 

初出:優しい女性オーラたっぷりの大人レイヤースタイル

記事を読む

【2】束感長めの前髪の暗髪ミディ

重たい印象になりやすい黒髪ミディアムを、軽やかにあか抜けさせるコツは、前髪や毛先に束感を作ること。毛束の隙間から光が差し込み、表情を明るく見せてくれる。前髪は斜めに流し、清楚な色気を感じさせて。

Point

髪をかきあげる仕草やふとした瞬間に、パラリ。ほつれるように揺れる長めの前髪は、見る人の目に印象的に映り、“忘れられない人”に。毛束が固まりすぎないように、バームなどで柔らかに仕立てて。

〈カット〉
長さは鎖骨ラインに設定。DIFINOオリジナルの『アールカット』により、柔らかなワンレンフォルムに。スライドカットで毛量と質感を調整し、前髪は少なめ&長めにカット。

SIDE

BACK

担当サロン:DIFINO aoyama 山口祐亮さん

 

初出:【ミディアムヘア】柔らかな束感をアクセントに黒髪を軽やかにあか抜け♪

記事を読む

【3】眉下ぱっつん前髪の今っぽミディ

Point

モード感のある重みラインを残しつつ、軽さを表現するレイヤーをMIXしたこちら。大人のカジュアルな抜け感をたっぷり楽しめるデザインで、旬ヘアを実現。

【how to“ベース&カラー”】

  1. カットベースは、鎖骨ラインのボブ。顔まわりのレイヤーをレザーで入れることで、ランダムに動く髪をつくる。ベースの重さとレイヤーの軽さのコントラストが鍵に。
  2. 前髪は、眉下でライン感を出し、内側にグラデーションを入れる。
  3. カラーは、8レベルのアッシュベージュに。寒色系でもベージュの透明感があることで、顔をくすませず肌色をキレイに見せてくれる。赤みを抑え、ツヤ感を出すので大人世代におすすめカラー。

【how to“スタイリング”】

  1. アイロン無しでも可愛く決まる楽々ヘア。髪を乾かしたら、束感とツヤ感を出すバームを、指の間までしっかり伸ばして、手ぐしを通すように馴染ませる。
  2. 手に残っているもので、前髪を整えたら完成。前髪の束感をつくることで、幼くならず、透け感を演出。

担当サロン:Rougy (ロージ) 江良栞さん

 

初出:お洒落な抜け感で魅了!重軽MIXのミディレイヤー|最旬ヘアカタログ

記事を読む

「ロング」大人の前髪ありスタイル【2選】

【1】前髪ありでも軽やかなインナーカラーロング

Point

人気のインナーカラーも品よく楽しめれば大人にもおすすめ


【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースは鎖骨下ローレイヤー、ベースカットが重めな分ハチ下あたりからインナー部分をつくる。
  2. 表面とブリーチ部分に明度と色味の差を出して遊びをプラス。上品に見える色味のココアラベンダーをメインカラーにしてインナーはミルキーベージュで挑戦しやすい色味に。
  3. ブリーチにケアトリートメントを足して出来るだけ負担をかけずに施術している。


【how to“スタイリング”】

  1. まとまりやすくカットしてあるので、毛先を28mmでワンカール巻いてオイルを馴染ませたら出来上がり。

担当サロン:SINCER ELY(シンシアリー) 斎藤美紀さん

 

初出:ダメージを最小限に抑えて作るインナーカラーで品よく決まる大人ヘアに

記事を読む

【2】薄めぱっつん前髪の韓流風ロング

Point

たっぷんとしたゆるーいウェーブ感が魅力の韓国風ロング。スタイルのポイントは毛先の厚みを残すこと。色っぽヘアですが、フェミニン過ぎないので、ナチュラルなファッションとも好相性です。

【how to“ベース&カラー”】

  1. ベースを胸上の長さでワンレングスにカット。
  2. 顔まわりから毛流れが生まれるようにレイヤーを入れる。毛先の厚みを残しながら調整するのが鍵。
  3. 前髪は、薄めにとり目の上でぱつんとしたライン感が出るようにカット。
  4. カラーは7レベルのアッシュブラウンをチョイス。赤みをおさえる寒色系で、ナチュラルなツヤ感を与えます。韓国風にはツヤ感は必須なので、カラーはツヤ感重視で。

【how to“スタイリング”】

  1. 38mmのコテで毛先から、外ハネ→内巻きのウェーブ巻きに。
  2. 顔まわりはリバース巻きに。軽めのオイルを全体になじませ、最後にブラシで梳かしたら完成。

担当サロン:Violet 栄店(バイオレットサカエテン) 西村俊輝さん

 

初出:ナチュラルな色気でモテ髪に!ゆるウェーブの韓流風ロング|最旬ヘアカタログ

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事