ヘアカラー
2020.12.16

カラーバターは種類によって仕上がりが違うってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、髪の毛について。カラーバターは種類によって仕上がりも違うって…ウソ? ホント? ヘアサロンフォーカスのスタイリスト、篠塚純さんにお答えいただきます。

Q:カラーバターは種類によって仕上がりも違うってホント?

カラーバターは手軽にカラーチェンジできると話題のアイテム。豊富な種類の中から、どうやって選ぶべき? 仕上がりも変わるの? さっそく、この疑問を篠塚さんにぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ホント

「各メーカーで出しているものによって、発色や色持ちが異なってきます。美容師の直接聞いてみたり、メーカーの公式サイトSNSの情報などで、自分好みのカラーを見つけてみてくださいね」(篠塚さん・以下「」内同)

カラーバターとは?使用法、種類、特徴は…

ウソホント

特徴

「カラーバターとは、“塩基性カラー”に分類され、ダメージがある髪に染着しやすいという特徴があります。わかりやすく例に挙げると、反対のアイテムにはヘアマニュキアがあります。ヘアマニュキアは酸性カラーで、ダメージのない髪に染着しやすいという特徴があります。どちらも髪の内部まで浸透するアルカリカラーとは違って、髪の表面に染着するカラー剤です」

使い方

「基本的な使用方法は、まずシャンプーをして髪の表面の汚れをキレイに落とします。そのあと、濡れたままの髪にたっぷりと塗布し、髪色に合わせて520分ほど放置して洗い流せばOK

数社の薬剤メーカーがカラーバターを出しており、それぞれ数色~何十色と展開しています。ビビッドカラーから、淡いペールカラー、濃いディープカラーまで、見ているだけでも楽しいですよ」

ブリーチをしないとキレイに発色しない?

「カラーバターが映える髪の条件として、やはり髪の明るさがポイント。アルカリカラーとは違って、髪を明るくする働きはないため、ある程度明るい髪に使用しないと色がキレイにのらない、のったとしても見えないというようになってしまいます。また、カラーバターはダメージ毛の方が染着しやすいという特徴もあるため、ブリーチ毛に使用するのが効果的です」

おすすめカラーバターレシピ

「シュワルツコフ クロマIDは、ビビッドな色が人気で、キレイに染まりますが、ペールカラーも美しくおすすめ。とくにブリーチをした髪にペールライラックをのせると、ブリーチの黄味を消し去りながら、透け感のある髪色に仕上がりますよ。画像は、ペールライラックに毛先のみピンクを使用したもの。カラーバターなら簡単にアレンジも可能です。髪が明るい人はぜひ試してみて」

ウソホント

 

HAIR SALON FOCUS マネージャー

篠塚 純さん

1990年茨城県生まれ。都内有名店勤務後、HAIR SALON FOCUSマネージャーとして日々サロン業務、セミナー講師など多岐に渡って活躍。特に骨格や雰囲気から導き出す360°似合わせカットには定評があり、SNSでは千葉で1番ショートが上手いスタイリストとしても話題を集めている。HAIR SALON FOCUS インスタグラム

ドライヤーの冷風を使えば髪がツヤツヤになるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事