お悩み別ケア
2018.4.29

UVカットで美肌を守る|いよいよ夏本番!美容のプロが教える徹底ケア&アイテム

UVカットのまとめ。日傘や帽子、サングラスなど毎日の生活の中に必須なUVカットアイテムを取り入れれば、紫外線なんて怖くない!? 夏を思う存分、楽しむための正しいUVカットグッズの選び方を紹介します。それでもうっかり日焼けしちゃったときの対処方法も要チェック!

【目次】
24時間UVカット!プロから学ぶUVカット術
瞳をの紫外線対策。UVカットサングラス&眼鏡
体の中からUVカット!飲む日焼け止め&うっかり日焼け後ケア

24時間UVカット!プロから学ぶUVカット術

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術【その1】

教えてくれたのは…

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術①アオハルクリニック 皮膚科医
小柳衣吏子先生
こやなぎ えりこ/アオハルクリニック院長。順天堂大学医学部卒業後、大学病院などで経験を積み2011年に現クリニック院長就任。
遮断グッズ×サプリメント×コスメ。365日抗酸化生活を実践中!

■とにかく浴びない。浴びても帳消し、が基本
「毎日を楽しみながら年齢を重ねるウェル エイジング生活を心掛けています。ゴルフなどのスポーツを楽しみ、ノースリーブにショートパンツといった服装も普通にします。UVカットや老化対策に関する情報の更新は怠らず、クリニックでの治療をはじめ食事・運動・睡眠・化粧品などの効果を熟知。その知識を総動員して毎日の生活の中に取り入れています。日焼け止めや日傘などでUVをカット。それでも受けたダメージを消す準備をしつつ、生じるであろう肌悩みを先んじて阻止します。これは気が向いたときだけでなく、毎日のスキンケアとライフスタイル全般にわたり大切です。紫外線をむやみに怖がるのではなく、しなやかに対処しながら、夏を思う存分、楽しんでほしいものです」

■UVカット 四種の神器

【1】傘…遮光率99%以上の日傘を4月〜10月まで携帯

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術①
裏地が黒いものでUVカットカット!
「全身を日差しから守るため普段は日傘派。春先から秋口までくもりの日でも必携します」。UVカット機能である遮光率は99%以上。裏布は遮熱率が高く涼しく過ごせるアルミか照り返しの反射が少ない黒地を選びます。(写真私物)

【2】帽子…うっかり日焼けを防ぐ帽子は用途別に3種類常備

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術①
A. リゾート用
B. うっかりを防ぐ洗濯物干し用
C. スポーツ用

「南国のリゾートでは、日傘は浮きそうなので帽子にチェンジ。そしてゴルフではサンバイザーを。おしゃれを楽しみたいので、ファッション性重視で選びます」。
うっかり日焼けのリスクがある洗濯物干し場の出入り口には、形くずれしてしまったものを置いて再活用。(写真は私物)

【3】サングラス…鼻当てをオーダー、隙間からのUVをカット

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術①
a. 下にずり落ちないように、鼻に当たる部分にパッドをつける

「おしゃれな海外ブランドのサングラスをかけたいけれど、低い鼻の私には合わず、すぐ、ズレてしまう。ズレると隙間から紫外線が入ってきてしまいます。なので鼻当てを必ずオーダー」。ちょっとした気遣いが将来の美肌に大きくつながるはず。

【4】日焼け止め…絶対に忘れたくないから日焼け止めは4か所に

洗面所…顔用|
クローゼット横…ボディ用|
玄関…足の甲用|
洗濯物干し場の手前…ボディ用|

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術①
スプレーはミュールを履く前につけるのがお約束!
「朝のスキンケアは洗顔後に、一気に日焼け止めまで。ボディは着替える前に、下着を着ない状態でつけるのが基本。忘れやすいのは足の甲。玄関にスプレータイプを置き、足がミュールの形に日焼けする事態を阻止」。洗濯物干し場の出入り口には、帽子とセットで日焼け止めもしっかり常備。

夏本番、24時間のUV対策はマスト!プロが教える徹底ケアとは?

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術【その2】

教えてくれたのは…

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術②
恵比寿やすみクリニック
皮膚科医
佐藤やすみ先生
さとう やすみ/恵比寿やすみクリニック院長。順天堂大学病院研修後、都内スキンケアクリニック院長を経て、現クリニックを開業。

UVカットグッズで春夏秋冬、無敵のUVシールドを張り巡らす!

■UVAは冬も大量照射。年間通じたケアが大事
「地表に届く紫外線はUVAが95%以上。そして最低量となる1月でも、ピークの6月の半分以下になりません。つまり紫外線対策は真冬でも本気でやらなければダメ。私は自宅やクリニック、車のガラスにはUVカットフィルムを貼っています。日中に、外に出るときは真冬でも日傘をもち歩き、UVサングラスを身につけます。もちろん春先から夏にかけてはロングタイプのグローブも欠かしません。腕はもちろん、手の甲だけ焼けてしまうのは嫌なので。紫外線が増えるこの季節ならではのケアは、抗酸化対策のサプリメントの摂取量を増やすことくらい。紫外線対策は夏のものという感覚は、化粧品でUVBしか防げなかった頃の話。今はUVAはもちろん、ブルーライトや近赤外線も話題となっている時代。これまで以上に、昼間に加え夜も、UVカットをしてほしいものです」

■UVカットグッズ

傘・グローブ・YVサングラス…日傘とUVサングラスは一年中。半袖の季節はグローブで物理的にカット!
UVカットグッズは日が差していれば真冬でも登場。「日傘とUVサングラスは常にもち歩き、冬は短い普通のグローブを。グッズ選びはファッション性重視で、紫外線カット率が1%くらい違っても気にしません」。ちなみに冬用のUVサングラスはレンズが透明のクリアサングラス。普通の眼鏡と変わらないので、違和感ゼロ。

【1】傘

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術②
春夏秋冬

肩まですっぽり隠れるドーム形を。色や素材などはデザイン性重視で楽しく持てるもの。
ランバンコレクション 遮熱遮光 刺繍フリルパラソル 47cm ¥12,000(ムーンバット)

【2】ロンググローブ

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術②
春夏
半袖の季節はUVカット効果があるロンググローブも。蒸れずにサラサラの麻100%のタイプをご愛用。
ランバンコレクション UV手袋 ¥3,500(サンエース)

【3】UVサングラス

24時間UV対策を徹底している美女医たちに学ぶUVカット術②

春夏秋冬
サングラスはUV対策万全の信頼できるブランドからチョイス。シミが多発する頰やこめかみをすっぽり隠せる大きめで、色が濃すぎない物を選びます。(写真私物)

 

紫外線対策は1年中が基本。プロが教える遮断グッズとは?

今年の夏も絶対美白。 UVカットの鉄則

■今後注目の「光老化」対策について知っておく
光老化という概念が注目され始めたのは、UVBやUVA以外の有害光線を測定する技術が上がり、それらを防ぐ製品が開発されたから。ブルーライトも近赤外線もUVAよりも肌の奥に届き、コラーゲンなどの組織を壊す。以前は防げなかったこの光老化によるたるみやシワの原因を、ブロックできるようになったわけです。とはいえ今の所、ブルーライト・近赤外線・ロングUVAの3つを1品でUVカットすることは難しい。美容液感覚で重ねづけで対応して。

 

今年の夏も絶対美白。 UVカットの鉄則
近赤外線をカット。
ポーラ B.Aプロテクター SPF50・PA++++ 45g ¥11,000

 

■美容皮膚科医愛用率ほぼ100%の飲む日焼け止めって?
美容皮膚科医に絶大な信頼を得ている、飲む日焼け止め「ヘリオケア」。医薬品ではなくサプリメントですが、効果の実証データが豊富。有効成分Fern blockは中央アメリカに生息するシダの植物から抽出。高い抗酸化機能で有害光線のダメージを消去する。アトピーの改善薬として古くから用いられてきた成分だから安全性も問題なし。

今年の夏も絶対美白。 UVカットの鉄則
左/スペイン製のオーソドックスなもの。ビタミンD以外はクリニック取り扱いの「ウルトラD」に同じ。ほかのサプリメントでビタミンDを摂取しているならこれで大丈夫。
右/黄色いボトルはアメリカ製で有効成分Fern block以外の成分は入っていない。マルチビタミンなど多種のサプリメントをとっている人に最適。(写真は左右とも私物)

■ 日傘は3年、日焼け止めは1年。使用期限を忘れずに更新して!

今年の夏も絶対美白。 UVカットの鉄則
通常の化粧品は開封した瞬間から劣化が始まり、約1年半が使用期限の目安。紫外線吸収剤は光で劣化するため、わずかでも光を通す容器に入っているものは、より早く効果が落ちてしまう。また生地に後加工でUVカット効果をもたせた日傘は、多くの場合生地の折り目から加工が取れ始め、UVが透過してしまう。劣化が始まる時期は使用頻度や保管環境で違うものの、3年が目安だそう。UVカットグッズは毎年買い換えて。

■肌・腸・全身。攻めと守りのサプリメント戦略

今年の夏も絶対美白。 UVカットの鉄則
サプリメントに求めるのは強力な抗酸化効果。ヘリオケアのFern block、水素、ビタミンC・E、リコピンも抗酸化効果で注目の成分。同時に摂取したいのは腸内環境を整えるもの。乳酸菌や酵素を腸の先まで届けられる製品は限られるため、検討は慎重に。美容目的なら食生活で欠けるものを補うのでは足りない。常に血中に飽和させておくべき。体の負担にならない水溶性であることを確認し、ムダになっても良しとして全身へしっかり巡らせて。

■定期的に自ら受けているUVカット改善方法
目指すのは、美容医療に頼らなくていいスキンケアでの美肌作り。とはいえ美容医療は効果絶大。UVカットとしておすすめの美容医療。

免疫と美肌力を高める
高濃度ビタミンC点滴

今年の夏も絶対美白。 UVカットの鉄則
高濃度ビタミンC点滴とは、レモン750個から5,000個に当たる大量のビタミンCを血中に直接送り込む治療法。抗酸化力と免疫を高めるため、疲労回復やアンチエイジングにも効果が。美容目的の場合ビタミンC25,000mgの投与で1回¥18,000。(恵比寿やすみクリニック調べ)

今年の夏も美白を死守! UV対策を成功に導く鉄則5つ

毎日の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~

ソフト紫外線でもSPF30前後のケアはマスト!
【07:00】美白ローションでパッティング&リンパマッサージで肌の明るさを目覚めさせる

毎日の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~

毎日の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~

毎日の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~
まずは美白効果のあるローションで優しくパッティングしながら毛穴を引き締め、リンパマッサージをして血行促進。寝起きのくすみを払拭!
顔だけではなく首やデコルテにも美白成分をなじませて紫外線ダメージに強い肌に整えて。露出する日は、腕や脚も同様にすると効果的。

 

【07:10】スキンケアの最後に日焼け止めを。ソフト紫外線dayはSPF30前後でOK

毎日の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~
SPF値が低い分、肌への負担が少なめなので日常のUVカットならこれで充分。ポイントは量。
メーカー推奨の量より実際は1/4程度しか使っていない人が多いよう。SPFとPA値は規定の量を塗ってこそ発揮。少し多いかなと思うくらいの量をきちんと塗ることが大事です。
忘れてはいけないのが、3大塗り忘れパーツである首の後ろ・耳の裏・足の甲! ここまでしっかり塗りましょう。
商品にもよりますが、規定量は顔の分だけを想定していることが多いので、デコルテや首の分をつけ足して。

【07:45】家を出るときは日傘とUVカットの羽織りものを忘れずに

毎日の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~
通勤中など外に出るときは必ず羽織りものを。ほんの数分でも紫外線ダメージは肌に蓄積します。ボディへの塗り忘れによる通勤焼けに注意して。
晴れの日は日傘も使い、紫外線に当たる肌の面積を極力減らして。羽織りものは屋外と屋内の寒暖差対策にも活躍!

絶対焼きたくない人必見! 日常生活の徹底美白肌キープ術 ~朝のケア編~

瞳をの紫外線対策。UVカットサングラス&眼鏡

目のUVカットで、毎日の老化を防ぐ

教えてくれたのは…

目のUVカットで、毎日の老化を防ぐ
羽根木の森アイクリニック
眼科医
井上佐智子先生
いのうえ さちこ/羽根木の森アイクリニック院長。慶應義塾大学医学部非常勤助教。藤田保健衛生大学医学部卒業後、慶應義塾大学病院などを経て開業。

■目のUVカットは老化対策にも◎
「例えば充血、白目が黄ばむ、茶色い斑点、白内障にも紫外線は大きく関わっています。肌と同じように眼にもバリア機能があるのですが、強い紫外線を浴びると壊れてしまい眼の老化やトラブルにつながります。目のUVカットで心掛けているのは、日中の外出時はサングラスをかけること。さらにサプリメントで体の抵抗力を高めることです。中でも注目しているのは腸内環境を整えるケア。腸内細菌はさまざまな疾患の原因を抑える抗炎症や抗酸化、ビタミンや一部のホルモンの分泌にも関わっています。腸内環境を整えることは、健康や美肌を保つために不可欠。私は5分程度とはいえ自転車通勤なのですが、帽子はかぶりません。長袖も着ません。そのレベルの紫外線量なら自力で対処できるように、体内環境を整えるべき、そう考えています」

【1】UVカットグッズ

サングラス…充血、黄ばみ、斑点、白内障リスクを防ぐサングラスはUVカット機能重視で!
「黄ばみや色ムラのない透明感のある白目は若さの象徴。紫外線を浴びると老化が進行し、慢性的な充血や白目の黄ばみにつながります。だからこれからの季節は、外出時にはサングラスが必須」。もはやサングラスはファッション性の前にUVカット機能が重要な時代。自分の顔型に合うものを探して。

■サングラス選びのポイント

目のUVカットで、毎日の老化を防ぐ
a. 上縁
紫外線は正面だけでなく上下左右から入り込む。だから上のフレームは眉のラインと重なるのが理想。

b. 下縁
下辺のフレームはシミ多発地帯である頰骨を、なるべく多く覆えるものを。大きめかなと感じるくらいがちょうどいい。

c. 色
レンズの色が濃いと瞳孔が大きくなり、より紫外線が入りやすい状態に。可視光線透過率は40%以上を目安に。

d. 紫外線透過率
紫外線透過率が表記されていたら1.0%以下のものを。UVカット率なら99%以上が望ましい。またUV400とはUVAとBをすべてカットするという意味。

目のUVカットで、毎日の老化を防ぐ
e. この微妙なカーブもすごく大事
サングラスと顔の隙間は少ない方がベター。上から見て直線はNG。イラストのように、顔の曲線に沿い緩やかにカーブしたものから選んで。

【2】食生活…食材と成分の特性を知り白肌力を育む
「健康も美しい肌もまずは食から。緑黄色野菜などカラフルな色合いの食品を多種類とります。ゴボウやタマネギなどの根菜は皮にも有効な成分があるので、栄養素を逃さない調理法を。ビタミンCは熱で壊れるものの、同じ抗酸化成分のリコピン(ビタミンA)は加熱で吸収率UP」。食材と栄養素の特性を知って、効率的な食生活を。

【3】免疫力アップケア
腸活…乳酸菌と酵素を腸に補給して全身のUV抵抗力を増幅
「花粉症などのアレルギー疾患、眼や肌はもちろん全身の抗炎症、抗酸化、ビタミンの生成や幸せホルモンの分泌にも腸内環境は深く関わっています」。腸内環境のケアは、若さと健康と美肌を保つ重要なカギ。

 

眼活…スマホ、パソコンの悪影響は眼用サプリメントで帳消しに
「効くといわれる成分を口からとっても必ずしも眼に届くとは限りませんが、アントシアニンと呼ばれる抗酸化成分は眼で活用されやすいことがわかっています」。眼に確実に届かせるためには、眼専用に設計されたサプリメントを選ぶのが鉄則。

目のUVカットで、毎日の老化を防ぐ
抗酸化成分が眼まで届く
ブルーベリーの約67倍ものアントシアニンを含む天然ハスカップエキスを配合。
ヘルシーパス フォーカスサポート 60粒 ¥3,602 医療機関専売品 問)羽根木の森アイクリニック

【4】老化の前兆対策
眼球ケア…充血、乾く、疲れやすいときは処方薬で適切に対応
「紫外線を浴びると眼のバリア機能がくずれやすくなり、酸化ストレスが生じ、炎症を起こし、白目が充血、白目が黄ばむ、白内障が悪化するといったトラブルに」。違和感を感じたら、眼精疲労外来に相談を。目の健康と美しさにも気を配りたい。

乾く、疲れやすいときは
乾燥や充血は、酸化ストレスの影響で眼のバリア機能が壊れた可能性が。その場合はドライアイの治療薬としてもおなじみのムコスタ点眼薬を。肌が乾けば化粧水をつけるように、目が乾くなら潤いを与えるのは当然。

充血してしまったら
充血は炎症により生じるもの。眼が血走ったり赤い場合は、抗炎症効果があるアレジオン点眼薬や低濃度ステロイドの0.1%フルメトロン点眼薬などが処方される。化粧直しやスキンケアのときは眼のケアも習慣にして。

眼の老化対策に不可欠なサングラス選びはココをチェック!

目のUVカットに必須なアイテム「サングラス選び」のポイント3つ

目の紫外線対策は不十分になりがちで、最近では「目から取り込んだ紫外線がメラニンを増やし肌にも影響を与える」という説があることからも、注意が必要です。

ではいったい、目のUVカットは具体的にどうしたらいいのでしょう? 真っ先に思いつく最も簡単な方法といえば、サングラスを使うことですよね。
そこで今回は、紫外線対策という視点でのサングラスの選び方の注意点・ポイントをまとめてみます。

目のUVカットに必須なアイテム「サングラス選び」のポイント3つ
■ポイント1:商品表示
消費者庁の定める『家庭用品品質表示法』(※1)では、サングラスを『サングラス』『偏光サングラス』『ファッション用グラス』の3種類のいずれかに分類して表示するように義務づけています。商品表示の品名欄に『ファッション用グラス』と書いてある製品は紫外線カット機能が低いものが多いので要注意です。

また、商品表示には紫外線透過率が書かれているので、その数値も必ずチェック! 紫外線透過率とは、紫外線を透過する割合のこと。紫外線透過率が1%であれば紫外線カット率は99%、紫外線透過率が0.1%であれば紫外線カット率は99.9%ということになり、紫外線透過率の値が低いものほどUVカット効果が高くなります。より高い紫外線防止効果を狙うのであれば、紫外線透過率1%未満のものを選ぶことをおすすめします。

■ポイント2:レンズの色
サングラスを選ぶ時、「レンズの色の濃いほうがUVカット効果が高そう」と思いがちですが、じつはこれが大きな落とし穴! レンズの色の濃さと紫外線透過率は比例しません。レンズの濃さが影響するのは可視光線透過率、つまり『まぶしさ』。レンズの色が薄かったり無色のものでも、紫外線透過率の低いものはきちんと紫外線をカットします。
むしろ、紫外線カット効果が低いうえに色が濃いレンズだと、視界が暗くなることで瞳孔がもっと光を入れようと大きく開き、目に紫外線が入りやすくなる可能性もあるので注意が必要です。

■ポイント3:形状(フォルム)
紫外線は顔の正面からだけでなく、目とレンズの隙間からも侵入。そのため、顔の形にフィットするような、なるべく隙間ができないタイプを選ぶのがおすすめです。顔の側面から入る紫外線は、角膜周辺で屈折して目の鼻側に集中。正面からの紫外線以上に目へのダメージが大きくなるそう。つばの広い帽子で顔を覆うのも◎。
コンタクトレンズを使用している人はUVカットコンタクトレンズを選べばさらに万全です(UVカットコンタクトレンズのみでは白目まではカバーできないので、サングラスとの併用がより有効)。

知らないと痛い目見る「サングラス選び」のポイント3つ

体の中からUVカット!飲む日焼け止め&うっかり日焼け後ケア

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介

■内側からの抗酸化ケア&代謝UPも大事!
紫外線ダメージに負けない肌を育てるために、美容賢者はインナーケアを欠かしません。抗酸化成分を取り入れつつ代謝を促しやすい体にしておけば、事前のUVカットで防ぎ切れなかった日焼けダメージも軽減。将来のシミ対策としても◎。

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
肌細胞の代謝を助けることで、過剰にできたメラニンを排出。
エスエス製薬 ハイチオールC 〈第3類医薬品〉 60錠 ¥1,500

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
富士フイルム アスタリフト ホワイトサプリメント ホワイトシールド 60粒 ¥4,000

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
肌のターンオーバーを正常化。
第一三共ヘルスケア トランシーノ ホワイトC〈第3類医薬品〉 180錠 ¥2,600

\日焼け止めだけでは紫外線を防げない/
トライアスロンが趣味の医師・黒田愛美さんは一年中内側から抗酸化ケア!

■自家製豆乳ヨーグルト
大豆イソフラボンには美肌&抗酸化効果がある上、腸内環境の改善も同時にできるので、お肌には最高です!

■スーパーフード
モリンガ、ヘンプシードなど栄養素のバランスが良いものや、アサイーなど抗酸化力の高いもの、良質の脂質を。

■食生活
体の負担になるものを取り入れないことで代謝UP。グルテンフリー、カゼイン(牛乳などに含まれるたんぱく質)フリーなどを実践を。

■緑黄色野菜
抗酸化物質が含まれるので、たくさんとるよう心掛けています。スムージーにすることもありますよ!

■サプリメント
抗酸化を意識した、高濃度ビタミンC、水素カプセル、飲む日焼け止めのほか、総合ビタミン、ミネラルなど健康な体に欠かせないものや代謝UPに欠かせないもの、α-リポ酸、コエンザイムQ10、L-カルニチン、プロバイオティクス、アミノ酸などはサプリで。季節を問わず、毎日摂取しています!

■とにかく肌を露出しない

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
日焼け止めも保湿もインナーケアも実践する一方、「最後は〝肌を覆う〟という手段が確実」ということで賢者の意見は一致。日傘や羽織りものやストールは当然。毎日運転をする杉村さんは長いUV手袋を必携。

教えてくれたのは・・・

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
美容エディター・ライター
秋葉樹代子

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
医師
友利 新さん

体の内側からUVカット。美容賢者のインナーケアを紹介
Rサイエンスクリニック 医師
日比野佐和子さん

焼けたくない人必見! 夏でも紫外線ダメージに負けない肌になれるオススメのサプリメントをご紹介♪

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア

【STEP1】まずは肌の炎症を鎮静させ、その後、攻めの美白ケアで代謝UPを!

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
赤みが出ていたり肌がほてりでチクチク・ヒリヒリした状態のまま美白ケアをするのは、かえって刺激になるのでNG。まずは冷やすことが大切。 肌触りのいいタオルを冷水で絞ってから当てたり、コットンパックの上から保冷剤を当てるなどして炎症の鎮静を。ボディも同様に、冷えたタオルを当ててから保湿ケアをしっかり。
日焼け当日はできればお風呂も控えて。

【STEP2】日焼け当日は敏感肌向けのスキンケアを使い肌を刺激せずまろやかに保湿!

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
肌が揺らいでいる状態でも安心して使える弱酸性。エイジングケアもしてくれる美白化粧液。洗顔後はこれ1本でOKなので、優しくなじませて。
アユーラ f サインディフェンスバランシングプライマー プレミアム WA [医薬部外品] 100ml ¥6,000

【STEP3】美白ドリンク投入で体の中から美白ケアを

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
A 抗酸化力の高いナノ化アスタキサンチンとビタミンCを配合。
富士フイルム アスタリフト ホワイト ドリンク ホワイトシールド 50ml ¥361

B 肌本来の日焼けからの回復機能を補助。
ファンケル化粧品 ホワイトフォースドリンク 30ml × 10本セット ¥2,800 (限定発売中)

C メラニンを抑制、分解、散らして均一化と体の中から的確に効かせる。
ポーラ ホワイトショット インナーロック リキッド IX 30ml × 10本セット ¥5,800

【STEP4】翌日以降は体を温めて、肌の代謝を積極的に促進!

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
肌表面の炎症が治まったら、もう冷やさなくてOK。次は温めて血行を良くし、老廃物の排出を促すことを意識して。スキンケアの前にホットタオルで肌を温める、湯船にじっくりつかるなどがおすすめ。

【STEP5】ビタミンC入りの美白集中ケアを行い一気に肌の明るさを取り戻す

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
高濃度のビタミンCが凝縮された洗顔パウダー&ブースター美容液の7日間セット。洗顔料は泡立ててなじませ、1分間おいてから流すと見違える程明るい肌に。
クリニーク フレッシュ プレストC セブンデイ システム 0.5g × 7包 8.5ml × 1本 ¥4,900

【STEP6】肌に優しい日焼け止めで低刺激にガード

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
ノンケミカル処方で敏感肌の人や赤ちゃんにも対応。体用もあり。
クリニーク SPF30 ミネラル サンスクリーン フルイド フォー フェース SPF30・PA+++ 30ml ¥4,200

【STEP7】時間がとれたらクリニックでビタミンC点滴を受けるとなお良し!

うっかり日焼けのダメージを最小限にするUVケア
高濃度のビタミンCをイオン導入することで、炎症を起こしている肌を穏やかにケア。美白だけではなく、毛穴の開きを閉じ、フェースラインを整える効果も。

うっかり日焼けをしてしまった! ダメージを最小限にするにはどうしたらいいの?

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事