お悩み別ケア
2018.2.14

ストレスによる肌荒れにレスキューケア|ストレスによる肌荒れの原因・おすすめドリンク、サプリ、食べ物まとめ

季節の変わり目や生活の変化、毎日ストレスを受けている私たちの肌。かゆみや繰り返してしまって治らないなんてお悩みも。ストレス肌荒れの原因やレスキューケアにおすすめのチョコラBBなどのドリンク、サプリメント、食べ物をご紹介。

【目次】
ストレスで肌荒れ!治らない、かゆみなどの悩みの原因とは?
チョコラBBなど肌荒れにおすすめドリンク、サプリなど
ストレス肌荒れにおすすめの食べ物について

ストレスで肌荒れ!治らない、かゆみなどの悩みの原因とは?

睡眠不足やストレスでニキビが・・繰り返しやすい肌荒れの原因

心身が疲れてくると、ポツポツと赤い吹き出物が出現してしまう。大人の不安定ニキビは繰り返しやすく、薬での治療もその場しのぎになりがち。多忙、ストレス、睡眠不足などによって自律神経が乱れると、ターンオーバーが乱れたりバリア機能が低下したりします。しかも、自律神経はホルモン分泌にも影響するので、ホルモン性のニキビも誘発しがちです。

教えてくれたのは・・・皮膚科医。津田クリニック副院長。津田攝子さん

睡眠不足やストレスでニキビが・・繰り返しやすい肌荒れの原因
研修医時代、ひどいニキビに悩まされる。自らの肌を治すためにスキンケア研究をスタート。外来治療と並行して、オリジナル化粧品の開発や正しい美容法の提唱を積極的に行う。

「正しいケアで肌は必ず良くなるので、悲観的にならないで。前向きな気分で過ごす方が、免疫も上がります。気の合う友人と会ったり、運動で気分転換したり…ストレスを上手に発散させながら、肌が良くなっていくのを待ちましょう」(津田先生)

■不安定ニキビはどうしてできるの?
思春期のオイリーニキビと違って、乾燥している肌にもできる「不安定ニキビ」。寝不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど心身の不調が密接に関わっています。

■皮脂だけじゃない!「ターンオーバーの乱れ」と「バリアの低下」が原因だった
この時期できやすい不安定ニキビは、単に皮脂が詰まっているだけでなくバリア機能の低下やターンオーバーの乱れなどの要因が関わっています。

睡眠不足やストレスでニキビが・・繰り返しやすい肌荒れの原因
1 ストレスや体調変化などで皮脂の分泌が増える。
2 皮脂に存在する菌が紫外線などと反応して、活性酸素を生み出す。周りの組織にダメージが。
3 バリア機能が低下して炎症に。
4 乾燥、血流低下などでターンオーバーが滞り、角質が厚くなる。
5 ターンオーバーの低下、乾燥などで毛穴の出口が詰まる。

【CHECK 1】
こんな生活習慣はニキビ肌を招く!ストレスや寝不足など、自律神経を乱すような生活が続くと肌のバリアが低下してしまいます。
□睡眠不足。もしくは疲れが取れない日々が続いている。
□身近に、強いストレスを感じる人がいる。
□忙しくて、きちんとスキンケアできない日が多い。
□生理前になると無性にイライラする。
□チョコやスナックなどをついついつまんでしまう。
□お風呂で湯船につからない、orほとんど汗をかかない毎日。

【CHECK 2】
不安定ニキビはこんな場所に出やすい!乾燥してバリアが低下したり、摩擦刺激の多い場所にニキビが出現しがち。

睡眠不足やストレスでニキビが・・繰り返しやすい肌荒れの原因
【おでこ】毛先が触れる摩擦で、弱っている皮膚のバリアがますます低下。
【首筋】ケア不足になりがちな首。乾燥や紫外線ダメージがたまりがち。
【口の周り】胃腸の疲れであれやすいといわれる口元。食べ物による刺激も。
【フェースライン】角質が固くなりがちなフェースラインは、ニキビ頻出パーツ。

【CHECK 3】
こんなケアしてない?ありがちNG習慣!ニキビ=脂っぽい、という思い込みから、さっぱりケアに走りがち。バリアの低下した肌には、適切な潤い補給が必要。以下のようなNG習慣をしていたらご注意を!
□念入りに洗顔して肌を清潔に保っている。
□寒いので、つい熱めのお湯で洗顔してしまう。
□肌をベタつかせる、乳液やクリームは使わない。
□刺激を避けるため、スキンケアは何もしない。
□早く治したくてすっぴんで過ごしている。

■不安定ニキビに悩むあなたへ
□何よりも大切なのは、低下してしまった肌のバリアを取り戻すこと!
□肌のバリアを守り、高めるケアをまずは心掛けましょう。
□肌の生まれ変わるリズムを整えて、内から詰まりをオフ!
□ストレスに打ち勝つ美容成分を取り入れて

チェック項目付き! 繰り返しやすい “不安定ニキビ”の原因とは…

寒暖差によるストレスが原因?シワやニキビなどの肌荒れ

乾燥が気になる季節。乾燥は肌にとって大敵。さまざまな肌トラブルのもとに。この時期に乾燥によって起こりやすい肌トラブルと、その原因をご紹介!

寒暖差によるストレスが原因?シワやニキビなどの肌荒れ

教えてくれたのは・・・青山ヒフ科クリニック 亀山孝一郎院長

寒暖差によるストレスが原因?シワやニキビなどの肌荒れ
表参道にある『青山ヒフ科クリニック』院長、皮膚科専門医、医学博士。北里大学医学部卒業。米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。

■なぜ寒さが増す時期は肌トラブルが起こりやすいの?

亀山先生によると・・・

「それは、特に寒さが顔の血行不良を招き、さらに冬の乾燥した空気で皮膚の水分が蒸発しやすくなり、潤い不足で乾燥が進行してしまうからです。寒いと全身の皮膚が血行不良になりやすく、指先や足先の末端が冷えるなどの自覚しやすい症状とともに、顔の血流も例外なく血行不良に陥りがちです。

さらに屋内外の寒暖差によって自律神経が乱れやすく、新陳代謝が乱れ、血流によって運ばれる栄養素がきちんといきわたらず、これらの結果、肌の不調が引き起こされてしまいます。

こちらのグラフ(気象庁 日本の標準気象データより)を見てもわかるように、12月を過ぎると、1月、2月と気温とともに湿度が年間で最も低くなり、毎日が肌乾燥注意報となるのです」

とのこと。

寒暖差によるストレスが原因?シワやニキビなどの肌荒れ

■自律神経が乱れると血行不良になるのはなぜ?

自律神経とは、“自分の意識によらす゛体の機能をコントロールしてくれる神経のこと”。戦闘モードの“交感神経”とリラックスモードの“副交感神経”の2つて゛構成されており、必要に応じて自動的に切り替わります。

「交感神経には血管を収縮させる働きがある上、血液は主に筋肉に流れ込むようになるため、交感神経が優位の状態では、皮膚を含めた脳や心臓以外の組織への栄養・酸素供給がおろそかになります。このような状態が長く続くと、体の一部は血行不良の状態が続いていることになってしまいます。

また、交感神経は血液中の顆粒球を必要以上に増やす働きがあり、この増えすぎた顆粒球は死滅するときに活性酸素を発生させます。

交感神経と副交感神経のハ゛ランスを均等に保つことて゛血流は滞りなくスムース゛に流れるのて゛、交感神経と副交感神経のと゛ちらか゛優位すぎても血行不良になってしまいます」(亀山先生)

寒暖の差によるストレス以外にも、自律神経の乱れは、イライラや運動不足などの原因で引き起こされるそう。

「特に、肥満、高血圧、動脈硬化などの人は血行不良になりやすい傾向があることも分かっています。なぜならば、肥満・高血圧・動脈硬化が、体内で発症している“炎症” そのものであり、これらの炎症を抑えるために体内のビタミンが消費され、血液中のビタミン濃度か゛低下してしまうからです。 ビタミンCやビタミンEは血管拡張作用があり、不足することで血行不良を招きやすくなってしまうのです」(亀山先生)

■冬場の肌荒れか゛起きてしまうメカニズムは?

「血管を全身をめぐる水道管とイメージしてください。体内に取り入れた栄養は、全身をめぐる血流によって体のすみずみまで届けられます。血行不良によって、私たちの体は栄養(カロリー)の使用をセーブしようとし、血流自体の働きが鈍化し、省エネ体制となります。その結果、皮膚の保水作用が下がり、乾燥が進行してしまうのです」(亀山先生)

寒暖差によるストレスが原因?シワやニキビなどの肌荒れ
また、血行不良は、乾燥以外にもさまざまな症状を招くそう。

「血行不良だと、老廃物が流れていかなくなってしまいます。これが“新陳代謝か゛悪い”状態で、肌のターンオーバーが乱れ、乾燥肌以外にシミ、シワ、たるみ、ニキビ、赤ら顔といった肌トラブルか゛現われやすくなります。コラーゲンやエラスチンの産生が下がり、セラミドの合成が落ち、肌質そのものがダウンし、深刻な肌トラブルを招いてしまいます。

また、冬場は外気の温度が低いことで皮膚の温度も下がり、その影響で細胞が不活性化し、皮膚のバリア機能か゛低下し、外的刺激を感じやすくなるため、上記のような肌トラブルが悪化しやすく、長引きやすくなるのて゛す」(亀山先生)

■これらの肌トラブルに対して、先生がオススメ

抗炎症・代謝促進・保湿や美白の作用を持つビタミンCやアスタキサンチン、特に炎症ケアにはコンフリーBやオリゴノールといった成分。これらの成分が入ったスキンケアコスメを仕様したり、サプリで採ったりするのがオススメとのこと。

シワやニキヒ゛は血行不良が原因?医師が解説「冬に肌トラブル増」なワケ

チョコラBBなど肌荒れにおすすめドリンク、サプリなど

【2017年間読者ベストコスメ 美容ドリンク ランキング1位】チョコラBB リッチセラミド

肌の潤いを逃しにくくする米由来のグルコシルセラミドをはじめ、コラーゲン、ヒアルロン酸などたっぷり!

【2017年間読者ベストコスメ 美容ドリンク ランキング1位】チョコラBB リッチセラミド
【読者の声】
「冬の乾燥対策に、内側からもサポートできてる感じ!」(一般事務・46歳)
「ラ・フランス味がおいしく、サラッとして飲みやすい!」(接客業・25歳)

エーザイ|チョコラBB リッチセラミド

【肌荒れにおすすめドリンク】エーザイ|チョコラBB ローヤル2[指定医薬部外品]

疲れたときや風邪気味の日の栄養補給に。

【肌荒れにおすすめドリンク】エーザイ|チョコラBB ローヤル2[指定医薬部外品]
【読者の声】
「ビタミン豊富で、肌が元気になる」(広告・29歳)
「酸味があり体がシャキっとする」(接客業・32歳)

エーザイ|チョコラBB ローヤル2[指定医薬部外品]

2017年間読者ベストコスメ 美容ドリンク ランキング2位

肌の調子が今イチというときまずはコレという声が。

2017年間読者ベストコスメ 美容ドリンク ランキング2位
【読者の声】
「夜勤明けなど肌あれが気になる日のレスキューとして」(看護師・38歳)
「翌日の肌が違う」(一般事務・31歳)

DHC|コラーゲンビューティ7000プラス

2017年間読者ベストコスメ 美容ドリンク ランキング3位

コラーゲンを吸収しやすい低分子ペプチド化。

2017年間読者ベストコスメ 美容ドリンク ランキング3位
【読者の声】
「コラーゲン臭さがなくておいしい!」(主婦・35歳)
「翌日から肌の調子の良さやハリを感じてリピ中」(一般事務・29歳)

DHC|コラーゲンビューティ7000プラス

肌荒れにおすすめサプリメント・シートマスク

思春期のオイリーニキビとは違って、乾燥している肌にもできる「不安定ニキビ」。バリア機能が低下して炎症を起こしているニキビ肌には、〝火消し〟役となる鎮静成分が必要。抗炎症・抗酸化の代表格であるビタミンCや、免疫UP系美容液など、ダメージに打ち勝つ美容成分を補給しよう!

\サプリメントはビタミンB&Cの合剤を/
サプリメントを選ぶなら、脂質の代謝に関わるビタミンB群や、抗酸化効果のあるビタミンCが入ったものを。

肌荒れにおすすめサプリメント・シートマスク
■1 ライオン ペアA錠(第3類医薬品) 60錠 ¥1,400
解毒を担う肝臓の働きを助け、肌の新陳代謝を高める。

■2 TAKAKO STYLE theCB+ 30包 ¥6,000
1包にビタミンC2,000mg。水なしで飲める。

■3 エーザイ チョコラBBプラス(第3類医薬品) 60錠 ¥1,280
ニキビや口内炎のためのビタミンB。

\ニキビの熱を鎮静させる敏感肌向けシートマスク/
シートマスクには、肌を柔らかくして毛穴の詰まりをふやかす効果も。

肌荒れにおすすめサプリメント・シートマスク
■1 アクセーヌ シーバムクリーン ウォーターACモイスト マスク 6枚 ¥2,700
ニキビ用化粧水を含ませたシート。

■2 資生堂インターナショナル d プログラム マスク QQ 4組セット ¥2,000 (編集部調べ)
使う直前にシートに含ませる設計で、保存料などの刺激成分を排除。

■3 第一三共ヘルスケア ミノン アミノモイスト ぷるぷるしっとり肌マスク 4枚入 ¥1,200 (編集部調べ)
ガーゼのように柔らかく肌に吸いつくジェルシート。

バリアの低下も 炎症も 毛穴詰まりも! ニキビ要因を一網打尽してくれるアイテムとは…

ストレス肌荒れにおすすめの食べ物について

ストレス肌荒れにおすすめレシピ

肌のコンディションを整えたい!ハトムギパワーでニキビ&肌あれを撃退!あっさりして止まらないおいしさのハトムギサラダ・亜麻仁油和えのレシピをご紹介。

ストレス肌荒れにおすすめレシピ
特に気温も湿気も高くなる初夏などは皮脂の分泌が活発になり、細菌も繁殖しやすいので、ニキビや肌あれが悪化しやすい危険な季節。“ハトムギサラダ・亜麻仁油和え”で肌のコンディションを整えて。

ハトムギは楊貴妃も愛したといわれる美肌食。そこにフレッシュな野菜と肌トラブルの改善を期待できる亜麻仁油を加えて、サラダに。ハトムギのプチプチとした食感がアクセントになって、「食べだしたら止まらないね」と大人気。

【注目食材1】ハトムギ
・たんぱく質、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンB1などが豊富に含まれ、肌の新陳代謝を高める働きが。
・利尿作用もあるので、肌あれやむくみも改善。

【注目食材2 】亜麻仁油
・アトピーやニキビ肌のサポートに期待が高まるα-リノレン酸(ω3脂肪酸)を多く含んでいる。
・ただし、加熱に弱い性質をもつので生で摂取するのが◎。

\作り方/

【材料】(4人分)
・ハトムギ・・・1/2カップ ・大根(角切り)・・・20g ・赤パプリカ(角切り)・・・1/2個
・黄パプリカ(角きり)・・・1/2個 ・きゅうり(角切り)・・・1/4本 ・紫キャベツ(角切り)・・・20g
・にんじん(角切り)・・・20g ・レーズン・・・20g ・亜麻仁油・・・大さじ1 ・塩・・・小さじ1/2
・レモン汁(酢でも可)・・・小さじ2

ストレス肌荒れにおすすめレシピ
【1】ハトムギをボウルに入れ、水でよく洗う(一晩水につけておけたらなお良い)。

【2】鍋にハトムギと3倍量の水(分量外)を入れ、塩を一つまみ(分量外)加え、中火にかけて蓋をする。
沸騰したら弱火にし、蓋を少しずらして、水がなくなってやわらかくなるまで約30分程度火にかける。指でかたさを確認してまだかたいようなら、水を加え、好みのかたさになるまで火にかける。

【3】水気をしっかりとばして火から下ろし、蓋をしたまま10分程度蒸らす。

ストレス肌荒れにおすすめレシピ
【4】大根、赤パプリカ、黄パプリカ、きゅうり、紫キャベツ、にんじんを大きさをそろえて角切りにする。

【5】ボウルに大根、きゅうりを入れ、塩を加えて軽くもみ、水気を取る。

【6】別のボウルに亜麻仁油、塩、レモン汁を入れて混ぜる。3のハトムギ、すべての野菜、レーズンを加えて和える。

※ハトムギはよく洗わないと臭みが残るのでしっかり洗って。炊いた後は水気をしっかりとばすのがおいしさの秘訣。

木下あおいのお薬ベジ★ごはん(3) あっさりして止まらないおいしさ ハトムギサラダ・亜麻仁油和え

ストレスで暴食からの肌荒れ・・そんなときのおすすめ食事法は?

ストレスでつい爆食いしてしまい、できたニキビを見て後悔。スキンケア、インナーケアでできることは? 美容家・深澤亜希さんに対処法を教えてもらいました!

教えてくれたのは・・・美容家・深澤亜希さん

ストレスで暴食からの肌荒れ・・そんなときのおすすめ食事法は?
わかりやすいケア理論に定評あり。過去にはやっちまったことが多々あるそう。しかし、それを思わせない業界屈指の美肌のもち主。

【ポイント】胃腸を休めてレスキュー!
・翌日1日断食、量をグッと減らして、夕食は抜く。
・スキンケアに関しては保湿がやはり大事。油分の少ないアイテムがおすすめ!
・断食がつらければ置き換え食品を活用して軽めに調整!

「ドカ食い後にはプチ断食をするととても効果的です 胃腸を長時間休めることで、肌あれもグッと回復していきますよ。また、肌がオイリーに傾いているときも保湿は必須です。油分少なめのものならベタつきません」(深澤さん)

■DHC プロティンダイエットスムージー 35g×15袋 ¥4,667

ストレスで暴食からの肌荒れ・・そんなときのおすすめ食事法は?
とろりとした口当たりて゛飲み応え抜群。

■オルビス プチシェイク 100g×7食分 ¥1,400

ストレスで暴食からの肌荒れ・・そんなときのおすすめ食事法は?
牛乳のほか豆乳やヨーグルトと混ゼて飲んでもOK。果実感もたっぷり。

ストレスで爆食い→肌荒れ… 負のスパイラルを脱するレスキューケアとは?

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事