お悩み別ケア
2021.7.23

肌あれを防ぐ新トレンド!「常在菌ケア系美容成分」の効果とおすすめコスメ|知ると得する美容成分ガイド

実はよく知らない化粧品に使われている美容成分のこと。最近、常在菌っていろんなところで聞くけど、その種類や効果とは? スペシャリストの岡野さん&近藤さんに教えてもらいました。

常在菌ケア系美容成分

肌あれを未然に防ぐ、これからのトレンド

健康な肌を守るのは、まず何よりバリア機能。そしてもうひとつ、最近注目されているのが皮膚常在菌(スキンフローラ)バランスです。

「皮膚表面や毛穴の中には、約20種類の常在菌が存在しています。その中でも“美肌菌”と呼ばれるのが、表皮ブドウ球菌。加齢やストレスによって減少し、洗顔や拭き取りケアなどでも失われやすいこの表皮ブドウ球菌を育てるために、エサとなる乳酸菌や糖などの美容成分を肌に与えることが必要です」(近藤さん)

“病気にならない生活習慣”のように“肌あれにならない常在菌ケア”は積極的に取り入れたいもの。これからのトレンドになりそうです。

株式会社Nuzzle 代表取締役

近藤和裕さん

化粧品メーカー数社でスキンケアやメイク品の研究開発を約20年担当した後、2017年に株式会社Clueを設立。2020年より現職。

カラーズ株式会社 研究開発部 部長

岡野利彦さん

スキンケアを中心とした化粧品の研究開発に約20年携わる。成分・処方の高い専門性をもち、サイエンスと植物の可能性を追究。

ラ・フローラ EC-12 
美肌菌のエサになり、トラブルを寄せ付けない肌へ!

202105gp375-14
表皮ブドウ球菌を育てる、加熱処理した(加熱しても活性がある)“塗る乳酸菌”。アレルゲンを含まず、乳製品アレルギーの人もOK。[成分表示名:エンテロコッカスフェカリス]

\近藤さんおすすめ/
202105gp375-16

ラ・フローラEC-12配合

202105gp379-34
ラ・フローラ EC-12を4,000億個も配合した化粧水。肌が飲み込むように浸透。
鈴木ハーブ研究所 乳酸菌ローション 80ml ¥3,300

アクティバイオーム 
常在菌やpHのバランスを整え、健康な肌へと導く

ラミナリアディギタータという昆布の抽出エキスをベースに、海洋微生物の抽出エキスや海水を配合した複合美容成分。[成分表示名:ラミナリアディギタータエキス+その他]

\近藤さんおすすめ/
202105gp375-16

アクティバイオーム配合

202105gp379-35
ビタミンCや乳酸桿菌なども配合し、肌を健やかに保つ。
フィッツコーポレーション コレス ヨーグルト クリーム 40ml ¥4,950

オリゴ糖 
常在菌バランスを整え、潤いを保つ効果も

オリゴは“少ない”の意味で、数個の単糖が結合したもの。表皮ブドウ球菌のエサになるだけでなく、肌の水分蒸散を防ぐ効果も。[成分表示名:ホスホリルオリゴ糖Caなど]

オリゴ糖配合

202105gp379-36
表皮ブドウ球菌のエサとして有益なオリゴ糖を2種、高濃度に配合。
日東精肌 オリゴロジック カルチャリングセラム 60ml ¥3,300

“発酵由来エキス”のお話

発酵により養分たっぷりのエキスに。皮膚常在菌のエサにもなる

202105gp379-62
発酵とは、微生物がある物質から新たな発酵代謝物を生成すること。発酵由来の美容成分は、元々の成分が分解され、アミノ酸やミネラル、糖など多彩な養分が含まれるので肌なじみが良く、常在菌のエサになります。以下に挙げた以外にも多くのエキスがあります。

酵母エキス

発酵のもとである酵母にさまざまな処理を施し、抽出したエキス。[成分表示名:加水分解酵母、酵母エキスなど]

豆乳発酵液

イソフラボンを含む豆乳を発酵させたエキス。メラニン生成抑制や保湿などの効果が。[成分表示名:豆乳発酵液]

ライスパワーエキス

米を発酵させて作るエキス。使用する菌が異なる複数の種類があり、効果もさまざま。[成分表示名:コメエキス]

ピテラ

SKーII独自の成分。ある酵母の株を発酵させて生み出した発酵代謝液。[成分表示名:ガラクトミセス培養液]

『美的』5月号掲載
撮影/渡邉宏基 監修/岡野利彦(カラーズ)、近藤和裕(Nuzzle) イラスト/浅生ハルミン 構成/大塚真里

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事