お悩み別ケア
2021.9.9

日焼け後に水ぶくれができたら…破らないで!皮膚科医に聞いた正しい対処法

\"\"

日焼けをした後に水ぶくれができてしまった場合は、どのように対処したらいいのでしょうか。今回は、日焼け後の水ぶくれの原因や対処法に加え、アフターケアにおすすめのアイテムについて、皮膚科専門医で東京イセアクリニック渋谷院院長、大山希里子先生に教えていただきました。

日焼け後に水ぶくれができる原因

日焼け後に水ぶくれができる原因

「日焼けのダメージの深度が深いため、損傷されて水ぶくれになります。水ぶくれの液体は、浸出液といって、血液中の成分が血管外にでたものです。皮膚の真皮までダメージを受けると、組織や血管から浸出液がでて水疱を形成します」(東京イセアクリニック 渋谷院院長大山希里子先生・以下「」内同)

そもそも日焼けのメカニズムは?

「日にあたり紫外線によって皮膚の色が濃くなることを、日焼けといいます。皮膚の色が濃くなることは、日の光から肌を守るために起こる、人間の防御反応です。

皮膚を構造する細胞にメラノサイトがあります。メラノサイトは、あらゆる刺激でメラニンをつくりだします。メラニンは色素で、メラニンが増えることで皮膚の色が濃くなって見えます。日光に含まれる紫外線がこのメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生産することで皮膚の色が黒くなるのが、日焼けのメカニズムです」

水ぶくれができる日焼けの程度とは?

「日焼けには、皮膚が赤くなるサンバーンと、その後黒くなるサンタンがあります。水ぶくれができるような場合は、重度の日焼けでやけどの状態です。 ちなみに、軽度の日焼けは、赤くなり時間が経つとひいていくもので、中度の日焼けは、赤くなり痛みを伴うものになります。また、日焼けの赤みが鮮やかで熱感をもっている(※実際に発熱する場合も)、腫れている、痛みが強い場合は炎症が強いです。逆に、赤みが淡い、あまり熱感がない、腫れていない、痛みがあまりない場合は軽い炎症です」

日焼けの水ぶくれはできて何日後に治る?

水ぶくれはいつ治る?

「ダメージの深さにもよりますが、上皮化といって表皮細胞が再生し皮膚が傷を覆うようになるまで2週間ほどはかかります」

セルフでできる応急処置は?

「まずは冷やしてください。方法としては、冷たい水を流しながら15分以上は冷やすことがいちばんです。 保冷剤を使う場合は清潔なガーゼにくるんでから使用すると良いでしょう。 また、保冷剤を直患部に当てた際、冷たすぎると凍傷の原因となりますので注意が必要です。冷えピタを使用する場合は、はがすときに皮膚が剥けてしまうといけないので、水疱部分には貼らないでください。また、無理に水ぶくれは破らないようにしましょう」

Point

とにかく冷やす! 水ぶくれは潰さない!

皮膚科を受診したほうがよい?

「水ぶくれができた時点で、跡になる場合もあります。また、水ぶくれがつぶれて雑菌が入り二次感染するリスクがあるため、必ず受診をしたほうが良いです」

日焼けの水ぶくれ、病院での治療法や薬は?

日焼けの水ぶくれの病院での治療法

「水疱がある状態でつぶれていない場合は、二次感染を防ぐためそのまま保存します。水泡にはワセリンを塗布し、傷がくっつかないもので保護することが多いです。つぶれている状態であれば、抗生物質を内服し、傷の状態に合わせた外用を塗布します」

日焼けの水ぶくれに処方される薬

「水ぶくれ治療外用は、ステロイド軟膏や、ゲンタシン軟膏、アズノール軟膏などが処方されることが多いです。使用する際は、医師の指示に従って塗るようにしましょう」

それぞれの外用薬がどのような効能があるのかも紹介します。

Check
  • 【ステロイド軟膏】…抗炎症作用
  • 【ゲンタシン軟膏】…抗菌作用
  • 【アズノール軟膏】…抗炎症作用、ヒスタミン遊離抑制作用、創傷治癒促進作用、抗アレルギー作用

きれいに治すための注意点は?

「水疱があれば病院を受診してください。水疱形成後適切な処置をしていれば上皮化(表皮細胞が再生し皮膚が傷を覆うこと)し、深さによっては瘢痕(はんこん※傷跡の総称)を残さずに治癒します。また、治癒後より傷をきれいに治すには紫外線対策が必要です」

アフターケアには、先程も紹介した病院で処方される薬、外用薬のステロイド軟膏や、ゲンタシン軟膏、アズノール軟膏などを医師の指示通りに塗ることが大切です。

「東京イセアクリニック」渋谷院院長 皮膚科医 日本皮膚科学会会員 日本美容皮膚科学会会員 日本抗加齢医学会会員

大山希里子(おおやま・きりこ)先生

「患者さまとのコミュニケーションを大切にして真摯に向き合うこと」を理念に、日々の診療を行う。
皮膚科医として知識のグレードアップを怠らず、美容医療はもちろん化粧品などの知識も豊富。

東京イセアクリニック公式ホームページ ▶︎

皮膚科医に聞いた「肌荒れの原因別」治し方まとめ|ニキビ、ブツブツ、赤みのない肌に!

記事を読む


 取材・文/よこたみほ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事