スキンケアニュース
2020.10.19

ニキビに「保湿」が大事な理由。皮膚科医に聞くと?【おすすめケア方法】

\"\"

ニキビができてしまったときこそ徹底保湿を!大人ニキビができる原因から保湿がいい理由を専門家に直撃しました。美容のプロ直伝のスキンケアテクニックから保湿成分別おすすめアイテムをチェック。水分をたっぷりチャージしてニキビレス肌を目指しましょう!

大人ニキビができる「原因」

美容皮膚科医

田路めぐみ先生

多忙な臨床病院で形成外科チーフ職を歴任。美容のみならず、形成外科・再建外科としても活躍し、患者さんの状態やニーズに合わせて柔軟に治療法を選ぶ、総合的な診療を行う。穏やかで何でも相談しやすい人柄で患者さんからも大人気。

オトナニキビは糖質過剰やミネラル不足、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが要因 と考えられていて、男性のヒゲが生える箇所にできやすいです。肌のターンオーバー(代謝)が下がると角質が溜まり、皮脂分泌が多くなるために、毛穴が詰まりやすくなってニキビを招くというわけです。この状態は、ニキビの悪化要因であるアクネ菌の繁殖も招きます。

大人ニキビをできにくくするためには、栄養バランスを整え、ストレスを溜めない生活を心がけることも大事。さらに、肌を健やかに整え、代謝のよい肌へと導き、ニキビの原因となる因子『皮脂』『毛穴のつまり』『アクネ菌』へアプローチしましょう」(田路先生)

ニキビケアに「保湿」がおすすめの理由とは?

Check
  • 大人ニキビにはとくに水分ケアが大切!

「大人のニキビには潤いケアが大切です。ただ、若い方のニキビケアにも潤いは必要。どの世代の患者さんにも保湿はおすすめしています。

ひとことで“保湿”といっても、水分や油分がありますね。大人のニキビにはとくに水分ケアが大切です。潤い不足だけが大人二キビの原因ではありませんが、年齢が上がってくると肌の水分量が減ってくるので、より一層水分に注力した保湿ケアが必要なのです」(田路先生・以下「」内同)

大人のニキビケアに水分補給が必要!代謝のいい健やかな肌のためにスキンケアできることは何でしょうか。

「それは、肌の水分と油分をバランスよく保つことです。二キビができやすい人はベタつきが気になるということで、水分・油分ともに保湿を控える方がいらっしゃいますよね。しかし、ストレスで皮脂分泌は盛んになるため、 大人ニキビでは比較的油分は足りている方が多く、水分不足でバランスが崩れている方が見受けられます。ですから、大人のニキビケアには水分をたっぷり補充することが大切 なのです。

乳液やオイルといった油分補給は、不足していると感じている方や部分的に気になる箇所に使うくらいでよいでしょう。

ちなみに、思春期ニキビは成長期における皮脂の過剰分泌が原因で、Tゾーンや頬にできやすいのが特徴です。ホルモンバランスが安定してくる20代に入ると自然に治る場合が多いです。

できてしまった大人の二キビは自宅だけのケアでは改善しにくいものです。長期間のセルフケアで改善されない場合は、体の内からのケアも考えて。ぜひ専門医に診てもらいましょう。内服薬などを処方してもらえることもありますよ」

 

初出:大人ニキビのケアには保湿が重要って本当? 美容皮膚科の医師に真相を直撃【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

美容のプロ&美容好きが実践している「4つのケア方法」

  1. 速攻保湿の「クリームパック」
  2. 摩擦を与えない「洗顔術」
  3. 「ジェル」で肌の水分バランスを整える!
  4. ニキビレス肌に導く「予防ケア」

【1】速攻保湿の「クリームパック」

形成外科医・皮膚科医

貴子先生

『松倉クリニック』院長。丁寧なカウンセリングと的確な施術で、女優やモデル、そして美容関係者の良きアドバイザー。自身もコスメフリークで、正しいセルフケアの重要性も提唱。
関連記事をcheck ▶︎

【How to】
(1)コットンをローションで湿らせてから、ジェルクリームをたっぷりとのせます。

(2)乾燥が激しい所やニキビが気になる所に貼って15分程度パックを刺激なく潤いをチャージ!

どんな肌トラブルも保湿に勝るケアなし!徐々に揺らぎにくい肌に。

 

初出:「冬より春の方がカサつく…」肌の乾燥に関するお悩みを女医・貴子先生が回答!

記事を読む

【2】人気ヘア&メイクさんの徹底保湿術

ヘア&メイク(ROI所属)

野口由佳さん

「10代の頃からひどいニキビ肌。当時は皮脂を取る&つぶすを繰り返し、一向に改善されず悩みました。皮膚科の診断と経験からわかったことは、私は敏感性乾燥肌。とにかくベタベタになるくらい保湿をしたらニキビが軽減! 乾燥によりバリア機能が落ちたり、余分に皮脂を出したりしてニキビになっていたようで。ニキビは自分なりの原因を知ることが大切だと痛感しました」(野口さん・以下「」同内)

摩擦を与えないように優しく洗顔
「ニキビができた肌はバリア機能が低下し肌全体が敏感になっている証拠。摩擦を与えないよう洗顔はふわふわ泡がマストです。シャワーの摩擦も避けたく、お湯を手にためてからすすいでいます」

あえてのこってりクリームでニキビに油分を与える
「“私の場合は”ですがニキビにあえて濃厚なクリームをのせ油分を与えた方が、早く大きくなりポロッと取れやすくなります」

【おすすめアイテム】
ヘレナ ルビンスタイン|P.C. スキンミュニティクリーム

保湿力が高く健康的な肌に。

価格容量
¥19,000 49.5g

初出:徹底保湿でニキビ肌を改善! 人気H&Mの“大人ニキビ”対処術

記事を読む

【3】ジェルで肌の水分バランスを整えながら保湿!

トータルビューティアドバイザー

水井 真理子さん

肌を見るだけで、その人の生活習慣を見抜く程の経験値で、カウンセリングや美容アドバイスを展開。美容誌や講演など幅広く活躍中。
関連記事をcheck ▶︎

「20代前半に顔の頬からあごにかけてバーっと繰り返しニキビができて悩みました。今となれば仕事のプレッシャーなどホルモンバランスの乱れだとわかりますが、当時はわからず薬や高い美顔器を買い、でも改善されず…悪循環。28歳頃からクレンジング、保湿、食生活を徹底的に見直したら、ニキビができにくくなりました。特に和食中心の食生活に変えたことが大きく影響したと感じています」(水井さん・以下「」内同)

【おすすめアイテム】
ドクター津田コスメラボ TSUDASETSUKO|スキン バリア クリーム

重たくないジェルタイプ。
「油分と水分のバランスを整えつつきちんと保湿するジェルで、乾燥ニキビを防ぎます」

価格容量
¥8,800 65g

初出:人気美容家の“大人ニキビ”対処術|「食生活を変えたら悩み続けたニキビが改善!」おすすめアイテムもご紹介

記事を読む

【4】ニキビレス肌に導く予防ケア

美容家

深澤 亜希さん

幅広い知識と審美眼を生かし、美容誌や美容セミナーをメインに活躍。透き通るような美肌のもち主としても有名。
関連記事をcheck ▶︎

「ニキビができにくい体質だからこそ、できたときは原因を追求します。注意すべきは生理前や季節の変わり目、疲れているときなど。怪しいときは角質ケアと保湿、肌そのものを健康的にしてくれるサプリなどの総合的なケアで、ニキビを未然に防ぐケアを心掛けています。また乾燥で敏感という使うアイテムを選ぶ肌質なので、普段から“何が効くか”を吟味しています」(深澤さん・以下「」内同)

保湿クリームで肌力を高める
「乾燥によるニキビを防ぐため、潤いバランスを整えながら保湿するクリームを投入」

【おすすめアイテム】
勇心酒造|ライース(R)リペア インナーモイスチュアクリームNo11 [医薬部外品]

保湿しながら肌質を改善。

価格容量
¥8,000 40g

初出:角質ケア&保湿の予防ケアでニキビレス肌に! 人気美容家の“大人ニキビ”対処術

記事を読む

保湿成分で決める!おすすめのケアアイテム

肌あれやニキビを防ぐ「アミノ酸」

第一三共ヘルスケア ミノン|アミノモイスト 薬用アクネケア ミルク[医薬部外品]

肌あれやニキビを防ぐアミノ酸などを配合。

価格容量
¥2,000 100g

初出:美容家・山本未奈子さんが毛穴レスボディのために愛用しているアイテムは?

記事を読む

バリア機能を助ける高精製「ワセリン」配合

資生堂薬品 イハダ|薬用バーム [医薬部外品]

肌の上でとろけて潤い保護膜を形成。繰り返す肌あれ・ニキビ予防にも◎。

価格容量
¥1,350 20g

初出:「お手入れを少しサボっただけなのに粉吹き&肌あれしちゃった…」美容のプロのマル秘リセット技とは?

記事を読む

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事