お悩み別ケア
2019.3.28

「冬より春の方がカサつく…」肌の乾燥に関するお悩みを女医・貴子先生が回答!

冬より春の方が乾燥する? 内側からできる乾燥対策は? 乾燥に関するお悩みを女医の貴子先生に教えてもらいました。

Q1.乾燥した肌におすすめのスキンケア教えて!

A.高保湿で低刺激、さらに角質層の強化ができるものを選んで
バリア機能の低下した肌は、細胞間脂質が不足して潤いが蒸発し、刺激を受けやすい状態。低刺激で細胞間脂質(セラミドなど)を補給するコスメで肌コンディションを整えて。

p266-8
a.“ヴァイタルサイクルヴェール”でバリア機能を正常化。
ディセンシア アナヤス クリーム コンセントレート 30g ¥5,500

b.5種類のヒト型セラミドが乱れた肌リズムを整える。
エトヴォス バイタライジングローション 120ml ¥4,800

c.繰り返す肌あれ、カサつきにセラミド補給。
花王 キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム[医薬部外品]40g ¥2,300(編集部調べ)

Q2.冬より春の方がカサつくような…。肌内部では何が起こっているの?

A.バリア機能が低下して、肌内の潤いがダダ漏れ状態に!
春は真冬より肌の刺激になる花粉や紫外線量が多く、さらにバリア機能の低下でその刺激を受けやすい状態。そして、角質層の乱れが原因で、潤いが逃げてしまうケースも。

p266-9
バリア機能の低下で、レンガのように積み重なる角質層が乱れ、隙間から水分が蒸発。外部刺激も受けやすい状態に。結果、カサつきはMAXに!

Q3.Tゾーンにはニキビがあるのに頬はカサカサ。どちらをメインにケアするべきですか?

A.乾燥する方をメインに、保湿重視のスキンケアを!
ニキビは、乾燥で皮脂不足を感じた肌が皮脂を分泌することが起因。まず保湿ケアをすると過剰な皮脂分泌も落ち着いてきます。速攻保湿として、クリームパックがおすすめ。

p266-4
(1)コットンにクリームを
コットンをローションで湿らせてから、Q1でご紹介したジェルクリームをたっぷりとのせます。

p266-5
(2)気になる部位にオン
乾燥が激しい所やニキビが気になる所に貼って15分程度パックを刺激なく潤いをチャージ!

p266-267_kd_3919_t1
どんな肌トラブルも保湿に勝るケアなし!徐々に揺らぎにくい肌に。

Q4.乾燥した肌はどのような点に気をつけるべき?

A.乾燥によるカサつきやゴワつきを剥離系コスメで対処しないで!
カサカサ・ゴワゴワする肌に、ピーリング系の洗顔料を使ったり、コットンで拭き取るのは厳禁。皮脂膜や細胞間脂質まで落ちてしまいます。高保湿・低刺激な保湿ケアを徹底して。

p266-2
手のひらか薬指で優しく優しく丁寧に

Q5.内側からできる乾燥対策って?

A.鉄分や乳酸菌を積極的にとり、血流アップ&腸内環境を整えて
鉄分が減ると血流もコラーゲン生成も滞り、肌が乾燥状態に。赤身肉を積極的に食べましょう。また、腸内環境が悪いのも肌にはてきめん。自分に合った乳酸菌を毎日摂取!

p266-3
腸活は続けることが肝心♪

p267-9

a.奥能登地方の郷土料理“アジのなしずし”由来の植物性乳酸菌で麹甘酒を発酵させたドリンク。
福光屋 ANP71 150g ¥300

b.腸に生きたまま届く乳酸菌“シロタ株”が1本で約300億個摂取できる。
ヤクルト ヤクルトAce 80ml ¥70(編集部調べ)

p266-1
腸活は続けることが肝心♪

 

教えてくれたのは…
p263-4
形成外科医・皮膚科医 貴子先生
『松倉クリニック』院長。丁寧なカウンセリングと的確な施術で、女優やモデル、そして美容関係者の良きアドバイザー。自身もコスメフリークで、正しいセルフケアの重要性も提唱。

 

『美的』5月号掲載
撮影/井出眞諭、当瀬真衣(TRIVAL/人物)、中田裕史(静物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./モデル) スタイリスト/木川真理子  構成/藤崎 要、飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事