健康・ヘルスケア
2021.8.7

お通じがないと体から便秘臭が発生するってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“体臭”について。お通じがないと、体から便秘臭が発生するって…ウソ? ホント? 東海大学理学部化学科教授の関根嘉香先生にお答えいただきます。

Q:お通じがないと体から便秘臭が発生するってホント?

便秘がちになると、自律神経の乱れや肌荒れなど、体にさまざまな症状があらわれますよね。さらに、体臭までもが変化し、いわゆる便秘臭が漂ってしまうのだとか。これって、本当なのでしょうか。さっそく、この疑問を関根先生にぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ホント

「お腹の中にある腸内ガスの一部は、血液に乗って、体の中を循環します。便秘の場合、その過程で腸内の腐敗物質が分解、生成され、臭いの原因となる“スカトール”が溜まりやすくなります。その結果、体から便秘臭がするのです」(関根先生・以下「」内同)

Point

◆お腹の中にある腸内ガスの一部は、血液に乗って、体の中を循環する

◆便秘になると臭いの原因となるスカトールが溜まりやすくなるため、体から便秘臭が発生する

消臭スプレーで消すことはできる?

「便秘臭そのものを消すことは難しいでしょう。しかし、よい香りを重ねることで、臭いをごまかしてしまうという、マスキングは効果があるかもしれません」

対処法は?

「便秘臭は皮膚の表面でできるのではなく、身体のなかでできているため、洗っても落ちません。さらに腸内環境の悪化は、便秘臭だけでなく、疲労臭の原因となるアンモニアも放散させます。対処法は、腸内環境を整えること。サプリメントや善玉菌を増やす食生活を積極的に取り入れてみてくださいね。」

<善玉菌を増やす食材>

Check
  • ヨーグルト
  • 納豆
  • キムチ
  • 大豆
  • 玉ねぎ
  • ごぼう
  • ねぎ
  • にんにく
  • アスパラガス
  • バナナ

ニオイから病気もわかる?

「病気によって体臭が変わることがあります。例えば、がん患者さんの場合、患っていない人と比べ、皮膚ガスのパターンが違います。また、火傷を負ってしまった場合も特殊なガスが出るので、部屋のなかの空気を測るだけで、火傷の程度がわかります。

このように、ニオイと健康は切り離せないのです。そして、私たちの目標は、皮膚ガスで病気を早期に発見すること。デバイスだけでなく、タッチセンサーの開発も行っており、将来的には家のなかでセンサーをタッチするなどすれば、すぐに体調がモニターのように表示される。そう遠くない未来かもしれません」

東海大学理学部化学科教授。慶應義塾大学大学院非常勤講師。室内環境学会副理事長。

関根 嘉香先生


環境と健康の化学が専門。皮膚ガス研究の第一人者。日本テレビ「世界一受けたい授業」NHK「ガッテン!」をはじめ、テレビ、雑誌でも活躍中。

東海大学理学部化学科 関根嘉香研究室

女性も40歳を過ぎると加齢臭がするってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事