健康・ヘルスケア
2021.4.26

近視の人は老眼になりにくいってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は「目」について。近視の人は老眼になりにくいってホント? 吉祥寺森岡眼科の院長、森岡清史先生にお話を伺いました。

Q:近視の人は老眼になりにくいってホント?

手元など、近くのものが見えづらくなる老眼。40代頃からはじまると言われていますが、近視の人は老眼になりにくいというウワサを耳にします。それは本当なのでしょうか? さっそく、この疑問を森岡先生に聞いてみました!

A:ウソ

「老眼は加齢によって、誰もがなるものです。近視だけでなく、遠視や乱視とも関係はないです」(森岡清史先生・以下「」内同)

近視の人は老眼になりにくいと言われる理由

「近視の人はメガネやコンタクトで矯正していますよね。それを外すと、近くが見えるようになるため、老眼に困らないので、そう感じているだけの話です。もともと近視の人は近くにはピントが合うので、不便に感じにくい。近視用のメガネやコンタクトをつけていても、老眼を矯正しているわけではないので、老眼になっていれば、手元が見えにくくなってきます。気づきにくいというだけで、なりにくいということはありません。みんな同じように老眼になります」

近視の人が老眼になっても両方に使えるコンタクトレンズがある

「遠近両用のレンズは遠くも、近くも見えるように設計されているので、近視で老眼という人でも使えます。同心円状の真ん中で遠くを見て、まわりの方で近くを見るという構造になっているパターンが多く、つけていても違和感なく遠くも近くも見られるようになっています。以前はハードコンタクトも多かったのですが、今は1day2weekの使い捨てコンタクトレンズが主流です。逆にハードレンスは減ってきているくらい。遠近両用を使っている人の1割以下という印象です」

老眼になったらカラーコンタクトレンズは使えない!?

「近視と老眼の両方を矯正するコンタクトレンズは遠近両用のものになるのですが、今のところはカラーのレンズはないと思います。でも、これは技術的に難しいということではなく、マーケットの問題。確実に老眼がはじまるのが45才〜50才くらいなのですが、その年令になってカラーコンタクトをする人が、現在はあまりいないというところにあります。今後、今の若い世代の人たちの年齢が進んで、老眼になってもカラーコンタクトレンズを使いたいという人が増えてくれば、出てくるかと思います」

 

吉祥寺森岡眼科院長

森岡清史先生

浜松医科大学医学部卒業。東京大学大学院医学系研究科にて網膜色素上皮細胞の研究に従事し、同大学院を修了。医学博士授与、日本眼科学会眼科専門医認定。都内の眼科に勤務後、吉祥寺森岡眼科を開設。視覚身体障害者指定医・難病指定医でもある。著書は「目は10秒でもっとよくなる!—すぐできる目ヂカラの強化書」(自由国民社)、「見える力がよみがえる 立体 遠近トレーニング」(サンクチュアリ出版)。

吉祥寺森岡眼科

 

文/土屋美緒

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事