健康・ヘルスケア
2020.9.16

気になる口の乾きや臭いを、なんとかしたい!【女医に訊く#125】

%e5%a5%b3%e5%8c%bb125
マスク着用中、自分の口の臭いが気になったことはありませんか? 口腔内の乾燥は口臭にも繋がります。ドライマウスや口臭の原因と予防法について、口腔外科専門医の梯裕恵先生に教えていただきました。

毎日、歯を磨いているのに口臭が気になります!

舌の表面には細かいたくさんの舌乳頭(ぜつにゅうとう)があり、そこに口腔粘膜の剥がれたものや、食べカスなどが付着し、白く見えます。口臭の原因として考えられるのが、この舌苔(ぜったい)。舌苔は十分な唾液で食べ物をよく噛む(咀嚼)することによって自然に取れることが多いといわれています。

「歯周病も口臭の主な原因です。口臭の主な原因は揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)ですが、歯周病菌はメチルメルカプタンを大量に産生するのです」(梯先生)

また、口腔カンジダ症で口臭が発生することもあります。カンジダは粘膜、皮膚などに広く常在する病原性の低い真菌(カビ)の一種。健康な人ではほとんど病原性はありませんが、体調不良、術後、免疫不全など抵抗性減弱時に日和見感染してしまうのです。対症療法として抗真菌薬を使用することもありますが、まずはその背景にある原疾患をしっかり治療しなくてはなりません。

「ほかにも、虫歯、口腔自浄作用の低下、口呼吸、喫煙、糖尿病、脱水状態、口腔乾燥、消化器系の疾患、鼻やのどの病気、歯が原因で起こる歯性上顎洞炎(しせいじょうがくどうえん)などが原因で口臭がひどくなることがあります。気になる人は、かかりつけの内科や歯科に相談してみましょう」(梯先生)

ドライマウスってどんな病気?

口が渇く、唾液がネバネバする、常に水を飲みたくなる、乾いたものが食べにくいといった異変を感じたことはありませんか? 「このような症状があれば、ドライマウス(口腔乾燥症)が疑われます」と梯裕恵先生。

ドライマウスとは唾液の分泌が低下して、口が乾いた状態のこと。唾液の働きは、味を感じやすくしたり、食べ物を飲み込みやすくしたり、消化を助けたりするだけではありません。保湿、浄化、抗菌、傷の修復促進など、口を通して外部から入ってくる細菌などから体を守るための働きもあるのです。

「そのためドライマウスにより唾液が減少すると、虫歯が増えたり、歯や義歯が汚れやすくなったり、舌や粘膜が赤くなったり、唇のあれや痛みなどを感じることも。これらは、カビの一種であるカンジダの増殖によるものもあります」(梯先生)

どうしてドライマウスになってしまうの?

ドライマウスの原因は、加齢に伴う機能低下によるもの、糖尿病や腎障害などの疾患によるもの、うつ病やストレスなど神経性のもの、抗不安薬・抗うつ剤・降圧剤など薬剤性のものなど、さまざま。

「唾液腺自体が障害を受け、唾液を作れなくなる代表的疾患としてシェーグレン症候群(口や眼の乾燥を主な症状とする自己免疫疾患)、また放射線治療や加齢変化による唾液腺障害もみられます」(梯先生)

検査はとても簡便で、唾液分泌量を測定します。明確な原因が見つからず、シェーグレン症候群が疑われる場合には、さらなる検査が必要になるケースも。放射線治療後や加齢変化などのように、根治的な治療が難しい場合には、ドライマウスの症状に対する対症療法を行います。

「シェーグレン症候群も病因や発症のメカニズムが完全には解明されていないため、治療の決め手がなく、一生うまく付き合っていくしかありません。しかし、対症療法も進歩していますので、治療効果をあげるためにも早期の診断や治療が重要です」(梯先生)

唾液を出やすくするためにはどうしたらいいの?

唾液腺は、頻回に刺激を受けると唾液の分泌が促され、その働きがある程度良くなるといわれています。食事はよく噛んでゆっくり食べ、水分はもちろん、唾液分泌を促す酸味のある食品や旨味成分の多い食品を積極的に摂るようにしましょう。

唾液腺マッサージも有効です。両耳の下や顎の下にある大唾液腺を人差し指から小指の4本でゆっくり数回やさしく押します。

「口腔内環境も大切です。歯垢や歯石の除去、歯や詰め物の尖った部分の除去、合っていない義歯の修理などの歯科治療や口腔衛生指導は定期的に受けてください」(梯先生)

基礎疾患や飲み薬が影響しているかもしれませんし、隠れた病気があるかもしれません。かかりつけの内科があれば相談してみてください。それでも原因がはっきりしない場合は、歯科医院または口腔外科専門医への受診をお勧めします。

 

口腔外科専門医

梯 裕恵先生

歯学博士。日本口腔外科学会口腔外科専門医。専門は骨吸収抑制薬関連顎骨壊死、顎関節症。福岡県出身、九州大学卒業。大学病院での口腔外科外来、病棟診療のほか、学生や研修医の指導も行う。女性ならではの視点での診療を心がけている。趣味はワイン、海外旅行、エアロビクス、スペイン語。
文/清瀧流美

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事