健康・ヘルスケア
2019.4.9

精神科医が回答!イラついたり、くよくよしたり…春のメンタル不調を防ぐ方法は?

春になるとなんだか気分が上がらない…。精神科医の奥田弘美先生にこの時期気になる揺らぎ心のケアについて聞いてみました! 心も疲れやすい春こそ、自分を労りましょう!

誰もが不調になりやすい春。心の声に耳を傾けたケアを

「春になるとイライラや、落ち込み、不安感や、やる気のなさなど、なぜか情緒不安定になるもの。 多くの変化を迎える春は、心にも大きなストレスがかかってくるからです。そんな春のストレスに対処するには、レスト(休息)、リラクセーション、レクリエーション(趣味などの気晴らし)の“3R”が欠かせません。リラックス法は多くありますが、自分の心に素直に向き合って、『したいな』と思うことを生活に取り入れてみてくださいね」

Q1.“春のメンタル不調”になりやすい傾向の人って?

A.実は万人に起こり得ます
人間関係など環境の変化だけでなく、気候も変化し、自律神経が疲れやすいとき。誰もがイライラや不調を感じますが、疲労気味の人は悪化しやすい傾向に。

p273-1
気分を高めるために自分にも、他人にも、優しく接しましょう

Q2.環境の変化が多すぎて気疲れ。どうやったら防げる?

A.無理せずに、ゆるっとした時間を過ごしてみて
副交感神経を優位にすることが、心の揺らぎ解消ポイントに。充分な休息や、“~せねばならない”の意識を手放すなど、いつもより自分を甘やかせてあげて。

Q3.新しい環境に順応するのが苦手です。スムースに順応できるコツは?

A.ゆっくり慣れればいいんだと、自分にOKを出して!
順応するのが苦手な自分はダメだ…、と否定をするのはNG。今日は隣の人に笑顔を見せようなど、小さな目標を毎日積み重ねて、徐々に慣れていきましょう。

Q4.“心の揺らぎ”を未然に防ぐ方法はありますか?

A.何よりもまずは充分な睡眠をとることから

p273-8
体が疲れていると心にも不調が出やすくなりがち。質の良い睡眠は、その日にあった嫌なことや、どんよりした気分を洗い流す効果も。まさに心の安定剤です。

Q5.質の良い睡眠のために、やってはいけない行動とは?

A.交感神経を刺激する行為です

p273-5
ブルーライトやカフェイン、SNS やゲームなどは気持ちが高ぶりやすくなります。家に帰ったらゆったり過ごすと決め、遠ざけることが大切です。

p273-4
長時間PCを使う人は、ブルーライトを防ぐアイテムを活用するのも◎

Q6.イラついたり、くよくよしたり。感情の起伏が激しく、自分自身に振り回されている気分に。気持ちのスイッチを切り替えるには?

A.香りの力に頼るのもひとつの手

p273-7
感情の浮き沈みが激しいのは、自律神経が乱れている証拠。まずは睡眠を。その上で、心地いいと感じる香りなどを使ってリラックス効果を得るのも良いでしょう!

p273-10
a.ティーツリーやレモンなどの爽やかなハーモニー。マスクに香りを含ませるのもおすすめ。
uka ネイルオイル アミュレット 5ml ¥3,800

b.穏やかな気持ちに導くベルガモットやフランキンセンスの香り。手首や首筋にサッと塗れば、忙しい時間もリラックスタイムに。
ニールズヤード レメディーズ アロマパルスリラクセーション 9ml ¥1,800

Q7.心の揺らぎを軽減するために習慣にすると良いことって?

A.“今”に集中をするマインドフルネスの意識
過去や未来についての心配事や不安を考えているときは意識が“今”にない状態。目の前に起きていることに集中すると、自然と心が落ち着きやすくなりますよ。

p273-9
a.ホイップクリームのような軽いテクスチャー。心まで軽く。
セルヴォーク レステッドスキン クリーム 30g ¥6,200

b.フランキンセンスなどの心を解放するエッセンシャルオイルをブレンド。
スパセイロン デ ストレスバランシング バーム 25g ¥2,500

c.濃厚なクリームが美容オイルに変化。こわばった肌を解きほぐす。
HACCI クレンジングオイルインクリーム 130g ¥4,800

p273-3
五感を研ぎ澄ましてスキンケアをすればプチマインドフルネスに!

Q8.心を穏やかに保つための、初心者におすすめの瞑想法を知りたい!

A.“深呼吸瞑想”をやってみて
おなかに手を当て、目を閉じたら、腹式深呼吸。手のひらでおなかが膨らんだり、へこんだりするのを意識しながら行ってみましょう!

p273-6
「瞑想中、気になることが頭に浮かんだら、手のひらに意識を戻して。1日1分でも瞑想をすると、過緊張予防に」

 

教えてくれたのは…
p273-2
精神科医・産業医 奥田弘美先生
精神科臨床及び産業医として、多くの働く人々のメンタルヘルスケアに関わる。『1分間どこでもマインドフルネス』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

 

『美的』5月号掲載
撮影/井出眞諭、当瀬真衣(TRIVAL/人物)、中田裕史(静物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./モデル)、井上翔平(Three PEACE) スタイリスト/木川真理子 構成/藤崎 要、飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事