健康・ヘルスケア
2022.8.18

新連載!美容家・深澤亜季の「自分美」発見! ルンルン ビューティ【vol.1】

b%e3%83%bc%e2%91%a0

あなたは自分に自信がありますか?自分を好きになるキーワード「ルンルン♪」。ルン活をおすすめします

%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e5%86%99%e7%9c%9f

自分の魅力は何? その答えを知っている人は美しい

美容家としてさまざまなメディアで情報を発信している深澤亜季さん。20年を超えるキャリアの中で、いちばん聞かれることの多い質問は「キレイになる方法を教えて!」。スキンケア、メイクアップ、ボディメンテナンスetc.…美を磨く方法はいろいろあるけれど、いちばんの正解&近道は〝自分らしさを見つけること〟だといいます。

「お花にたとえるとわかりやすいと思うのですが、ひまわり、コスモス、バラ、たんぽぽ、チューリップ、ユリ…どのお花も、その花なりの美しさを持っています。そんなお花は、咲く季節も、育つ環境も、お花によってそれぞれ違います。キレイに咲かせるポイントは、そのお花がどんな個性を持っているかを知って、花が喜ぶような環境を整えることが大切です。ビューティも同じ。 どんなケアをしたら、自分の肌や体は喜んでくれるのか。世界にひとつだけの〝あなたらしさ〟を見つけることで、あなたのキレイはみるみる花ひらいていきます

なるほど。でも、そのためにはどうしたらいいのでしょう? 〝キレイなお花〟というと、どうしてもバラのようなゴージャスで華やかなものをイメージしがち。「どうせ私なんて原っぱに咲く名もなき野花ですから…」と自信をもてなかったりもします。

「バラのような華やかな存在に目を奪われる気持ち、よくわかります。でも、ひまわりやたんぽぽがバラになろうとしたら、花が咲かないか、途中で枯れてしまいます(笑)。美のカタチはひとつではなく、花の数ほど、人の数ほどあります。ひまわりのように太陽が似合って周りのみんなをポジティブにしてくれるような人気者、たんぽぽのようにたくましい力を秘めつつかわいく親しみやすいキャラクターでみんなに愛される存在、といったように、誰もが魅力をもっています。まずは 生まれ持った自分の個性と魅力を知りましょう 。自分が自分らしくいることが、いちばんのビューティ。あなたらしさを磨いていくと、ますます魅力的になるし、何より自分に自信がつきます。 自信があふれるとそれが表情や行動にもにじみ出て、ますます魅力が増していく 、という良い循環が生まれます」

自分らしくいること。自分らしさを磨くこと。そのために具体的には何をしたらいい? そのヒントは、深澤亜季さん提唱する「ルンルン・ビューティ」メソッドにあります。

自分をゴキゲンに喜ばせてあげる「ルン活」のススメ

「まずは『ルンルン』しましょう(笑)。日常の中で、 嬉しい・楽しい・幸せ・大好き・気持ちが高まる、といった『自分がルンルンする』瞬間を増やしてください 。たとえば私は、朝起きた瞬間からルンルン♪した気分で過ごせるように、目覚めのお水を飲むための自分が好きなグラス、部屋を香らせるお気に入りのフレグランスやお香、BGMにかける朝用のプレイリスト、自分の肌が喜ぶスキンケア、ベタつきを残さずにマッサージできるボディケアなど、自分の好きなものをたくさん用意しています。好きなものに囲まれて五感を満たす『ルン活』で1日をスタートすることを長年続けています。メイクアップも同じ。キレイに整理整頓されたドレッサーで気持ちよく身支度をしたいから、〝出したらしまう〟をルールにしています。コスメ棚には〝本当に大好きなもの〟だけを厳選して並べて、見た目にもルンルンするメイクスペースになるように整えています」

 %ef%bc%91

朝のスキンケア。「毎朝、洗顔後のお肌をよーくチェック。今のスキンケアが自分に合っているか、ライフスタイルに無理がないか、ストレス度合いはどうか…etc。 お肌は自分の今の状態を知る絶好のバロメーター

好き? 嫌い? 五感を頼りに自分に問いかけてみよう

ルンルンする=自分を喜ばせる、ということ。そのために、好みのビジュアル・好きな感触や香り・心地よいと感じられる音や雰囲気…五感で「好き」と感じられるものを、身の回りに増やしていくことがルン活の第一歩。

「〝好き〟を追求していくと自分らしさが浮き上がってきます。 もしあなたが『自分の魅力がよくわからない…』と感じているならば、ぜひ身の回りを〝好きなもの〟で満たしてみてください 。そのときのポイントは、『好きか嫌いかよくわからない』というのはナシにすること。自分に問いかけて、どちらかの答えを必ず出すのがポイントです。もし迷うときは、五感で体感すると、自分の答えがすぐ出ます。その香りは好き? その感触は好き? そのビジュアルは好き? (食べ物なら)その味は好き? その音は好き? 自分への問いかけを日々繰り返していくと、『私ってこういうものが好きなんだ』『こういうものを選ぶと肌(や体、心etc.)が喜ぶ気がする』というのが明確に見えてきます」

 b%e3%83%bc%e2%91%a3

深澤さんの「好き」が詰まった香水棚。ピンク系、ブルー系…と色ごとに分けて収納されています。こんな棚があったら、おうちに帰るたびルンルン♪しそう。

好きなものに囲まれて、毎日をルンルンしながら過ごす。想像するだけで楽しそう! しかも、それを続けていくと自分が満たされて、自信がわいて、見た目のキレイも高まっていくという幸せメソッド。ルンルンを増やすにはどうしたらいいのか? 具体的なアドバイスを、次回以降お伝えしていきます。お楽しみに♪

ルンルン・ビューティ格言 vol.1

自分の「好き」を知ろう。身の回りを「好き」で満たすと、あなたらしさが輝き出す!

 

美容家

深澤亜季

FUKASAWA  AKI 1977年生まれ。女性は自分に合った正しい美容法を行えば、年齢に関係なく誰でも必ずキレイになれる、をモットーに美容情報を発信。また、誰もが自分らしいキレイと幸福感が高まる、独自のメソッド“ルンルンビューティー”を提唱。ビューティーは、キレイになるのがゴールではなく、人生に LOVEPOWERCHANCEMEET をもたらし輝かせてくれる、がセオリー。
Instagram
aki_fukasawa

オンラインサロン「未来を変えるルンルンビューティー」主宰。

https://lounge.dmm.com/detail/4578/

 

写真/深澤亜季 構成/もりたじゅんこ

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事