ボディケア
2020.9.27

ふくらはぎのむくみの「7つの原因」と「4つの対処マッサージ&ストレッチ」

\"\"

夕方になるとふくらはぎがパンパンに…特にむくみやすいふくらはぎをどうにかしたい…という人必見!むくみの原因とむくみを解消する「マッサージ&ストレッチ法」をチェック!さらに、人気の「スリミングコスメ」の効果を美的クラブがお試し!その効果はいかに…

医師が解説!7つの「むくみ」の原因

Point

【1】「同じ体勢&姿勢」で長時間過ごす
【2】「立ちっぱなし」の立ち仕事
【3】照り焼きソースなど「濃い味付け」
【4】動かず毎日2Lの「水」を飲む
【5】「冷え」による代謝の低下
【6】むくみやすさNo.1の季節「夏」
【7】「女性ホルモン」の影響

【1】「同じ体勢&姿勢」で長時間過ごす

皮膚科医 津田クリニック副院長

津田攝子(つだ せつこ)先生

豊富な臨床経験に基づいたスキンケア指南や、静脈マッサージに定評あり。監修の津田コスメも人気。

むくみが起こると、顔がひと回り大きくなったように感じたり、体重は増えていないのにボトムスがいつもよりキツイなんてことも!

「腰をサイドにひねるだけでも血流改善に。とにかく動くことが必要」、「パソコン作業を長時間行っているだけで起こる血行不良。エコノミー症候群も引き起こし、販売員など、長く立つ仕事の人でも起こりやすいです。特に立ち仕事の人は、血液の循環が悪くなり、水分が下のほうに行きがちなため、脚が慢性的にむくんでいる人が多いです」(津田先生)

 

初出:こんなところにも原因が!同じ体勢&姿勢で長時間過ごすとむくみやすくなるんです!

記事を読む

下北沢病院 院長

菊池 守(きくちまもる)先生

医学博士、日本形成外科学会専門医。米国ジョージタウン大学創傷治癒センター留学中に足病学と出合う。現在は足のトラブルにトータルで対応する診療に力を注ぐ。

デスクワークでは足を組むのがクセ!

長時間座っていると、おなかを圧迫するため血行不良に。
「足を組んでいると、循環を股関節でさらに遮ってしまうので、足のむくみを悪化させる原因に。」(菊池先生)

【2】「立ちっぱなし」の立ち仕事

休憩時には足をマッサージして
「立ちっ放しは、ふくらはぎの筋肉が使われずポンプ機能が低下するので、血液やリンパが滞りむくみます。休憩時間に足をマッサージしたり、屈伸をしたりするのがおすすめ」(菊池先生)

初出:外反母趾にむくみ…あなたの足は大丈夫? 放っておくと危険習慣6つ

記事を読む

【3】照り焼きソースなど「濃い味付け」

皮膚科専門医

慶田朋子先生

銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本レーザー医学会認定レーザー専門医。東京女子医科大学医学部医学科卒業後、東京女子医科大学病院、聖母会聖母病院などを経て、2006年、有楽町西武ケイスキンクリニック開設。2011年、西武有楽町店閉店に伴い、銀座ケイスキンクリニックとしてリニューアルオープン。最新マシンと高い注射注入技術で叶える、切らないリバースエイジングに好評を博している。

「砂糖や塩を過剰に摂取すると、身体はむくみやすなります。お出汁やポン酢などの旨味と酢を利用して、できるだけ薄味のものに慣らしていきましょう。お出汁で炊いた煮物などで十分に満足するように、ちょっとずつ薄味に慣らしていくと、いろいろな嗜好品に対しての欲も減ってくるのではないかと思います」(慶田先生)

初出:ゼロカロリーの食品や飲料で、かえって甘いものが欲しくなる!?【女医に訊く#97】

記事を読む

【4】動かず毎日2Lの「水」を飲む

内科医

石原新菜先生

イシハラクリニック副院長。日本内科学会会員。日本東洋医学会会員。2006年帝京大学医学部卒業後、同大学病院の研修医を経て、父・石原結城實のクリニックへ。漢方医学を中心にさまざまな病気の治療に当たる。

水もまた、体の熱を奪う性質があります。

一般に「代謝をよくするために毎日2Lの水を飲むといい」といわれていますが、「デスクワークで動かず汗もかいていないのに2Lの水を飲んでも、ただのむくみにしかならない」と石原先生は言います。

「むくみは体の中に水が溜まってる状態。水は熱を奪ってしまうため、体が冷えてしまいます。白湯も温かいのは一瞬。そのあとはただの水ですから作用は同じです。白湯を飲むのであれば、生姜汁やシナモンパウダーなどを入れるようにしましょう」(石原先生)

初出:冷えはダイエットの大敵!体を冷やす食品・体を温める食品とは?【女医に訊く#93】

記事を読む

【5】「冷え」による代謝の低下

「体温が 1℃下がると、代謝は約12%落ちます。代謝が落ちると、食べた分の消費カロリーが燃焼できずに太りやすくなりますし、水分の代謝も悪くなりますから、体はむくみやすくなりますね」(石原先生)

初出:寒さが厳しくなる季節。体温が下がると、太りやすくなるって本当?【女医に訊く#91】

記事を読む

【6】むくみやすさNo.1の季節「夏」

麻布ミューズクリニック 院長

玉田真由美(たまだまゆみ)先生

自治医科大学非常勤講師。総合内科専門医・漢方専門医・消化器内視鏡専門医。自らの不調をきっかけに漢方に出合う。西洋医学に漢方医学を取り入れた治療に定評がある。

冷えや塩分のとりすぎで引き起こされます。
「冷房が効いた場所に長時間いたり、常日頃から冷たい飲み物を飲んでいると、内臓まで冷え、循環が悪くなり、むくみやすくなります。塩分のとりすぎも水分を取り込もうと働くため、むくみます」(玉田先生)

【7】女性ホルモンの影響

月経前の「黄体期」は妊娠に備えて脂肪も水分もため込む期間です。
「プロゲステロンの分泌が盛んな黄体期は、排卵後、妊娠できるよう脂肪や水分を体にため込むので、全身がむくみがち。この時期は無理せず、ゆっくり入浴するなどリラックスして過ごしましょう。冷えがあると、黄体期~月経期に、よりむくみやすくなるので体を温めるよう、心がけましょう」(玉田先生)

初出:むくみについてどれくらい知ってる? クイズ形式で簡単チェック☆

記事を読む

4つの「マッサージ&ストレッチ」ですっきり解消!

【1】「むくみ」に即効性のあるリンパ流し

エステティシャン

高橋ミカさん

各界の著名人や芸能人を多数顧客にもつカリスマエステティシャン。エステサロン『ミッシィボーテ』主宰の傍ら、幅広いフィールドで活躍中。

デトックスできる簡単なマッサージで、たまった老廃物を流してスッキリ見せましょう。
滑りやすいように、クリームかオイルを塗ってから。

【マッサージのやり方】

<絞る>
ふくらはぎを順手でしっかりつかむ。手を密着させて雑巾を絞るように5~6回往復。足首から少しずつ上に上げていき、太ももまで。

<しごく>
手をグーにして第2関節のとがった部分で、くるぶしの上からひざ下まで5~6回しっかりしごき上げる。少しずつ場所を変え、太ももも。

初出:「あれ、脚細くなった?」ストッキングやスカートの長さ、コントゥアメイクで下半身のやせ見えがかなう!

記事を読む

【2】足首&足裏マッサージ

\足首からひざ裏、ひざ裏から太もものつけ根にかけて流すようにマッサージ/

【マッサージのやり方】


【STEP.1】滑りを良くするためにボディオイルを足裏にオン。
足指の間に手指を挟み、ギュッと手でつかむようにほぐします。

【STEP.2】足裏のツボ押し。
親指でプッシュしたり、強めにゴリゴリと流します。痛気持ちいいくらいの力加減が目安。

\おすすめアイテム/

ベタつかず、程よくひんやりする使用感が蒸し暑い夏に心地いい。
クラランス ボディ フィット

価格容量
¥8,000 200g
初出:人気モデル・泉里香さんのキレイの習慣、大公開!!

記事を読む

【3】「ストレッチボール」&「ゴムバンド」ストレッチ

しっかり動かす&流すがスッキリ美脚のカギ

\ストレッチボールで脚のこりをほぐす/

【ストレッチのやり方】

【STEP.1】ひざ裏を中心にコロコロ

【STEP.2】脚全体に滑らせ、むくみを流す

「ひざ裏を刺激してリンパを流したり、脚全体に滑らせてこりをほぐしたりできる万能なボール。テレビを見たり音楽を聴きながら、1時間くらいコロコロしていることも」(テニスボールでも代用可)

\ゴムバンドを使ったストレッチ/

【ストレッチのやり方】

片脚ずつひざを曲げずに上げる
「朝起きたときやお風呂上がりに、回数は気にせず行います。背筋を伸ばし、ゴムで脚を引っ張りながらゆっくり上げ下げ。痛気持ち良く脚裏が伸び、滞ったリンパが流れます」

初出:美脚モデルが実践!“魅せ脚”をつくるための簡単ストレッチ|ボディの色気は「見せパーツ一点集中!」

記事を読む

【4】「座ったまま」仕事中でもできる“こそトレ”

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授

岡 浩一朗(おかこういちろう)先生

健康行動学、行動疫学を研究。座りすぎ研究の第一人者としてメディアでも活躍。著書に『長生きしたければ座りすぎをやめなさい』(ダイヤモンド社)、『「座りすぎ」が寿命を縮める』(大修館書店)など。

座ったまま足を動かし「むくみ」を予防

30分から1時間に1回立つことが健康にいいとわかっていても、諸般の事情で立ち上がりにくいことも多々あるはず。

「私たちの筋肉の70%は下半身にありますが、それを動かさずに30分座り続けると血流速度が70%も低下します。立ち上がれないときでも、こっそり太ももとふくらはぎを動かして、血流悪化を予防しましょう」(岡先生)

【1】かかと上げ

1. 座ったまま足をそろえる。
2. 爪先に体重をかけながら、5秒くらいかけてゆっくりとかかとを上げて、ゆっくり下げる。
3. これを5回以上繰り返す。

【2】片足上げ

1. 座ったまま片足のひざを伸ばし、そのまま5秒くらいかけてゆっくりと足をもち上げる。爪先は天井に向けておくとより効果的。
2. そのままゆっくりと足を下ろす。
3. 左右交互に5回以上繰り返す。

 

初出:仕事中でもできる“こそトレ”で座りすぎのリスクを解消!

記事を読む

人気の「スリミングコスメ」を美的クラブがお試し

脚のむくみや疲れが軽減!クラランス「ボディ フィット」

セルライトケアをはじめ、たるんだボディやむくみ足にアプローチして引き締めてくれるとボディケアアイテムの中でも人気の高いアイテム。
美的クラブメンバーが使用感を本音でレビューします。

【お試し読者】泉マリコさん(33歳)

ボディのお悩み:脚全体がむくみやすく、特にふくらはぎの筋肉が張りやすいのがお悩み。脚が疲れすぎると痛みを感じることも…。

 

クラランス ボディ フィット

たるんだボディをすっきり引き締まった美しいボディへと導く。
ほんのりピンク色のクリーム状のジェルテクスチャー。優しく肌に浸透して潤いが持続する。

価格容量
¥8,000 200ml

~「ボディ フィット」を5日間使ってみての感想~

マッサージした部位:足首からふくらはぎ、太もも、脚の付け根まで。

【泉さんの声】
「いつも通りマッサージを5日間続けてみて、脚の疲れや張っている感じがなくなり、快適に過ごせるようになりました。

また、乾燥肌で膝がカサつきやすいのですが、このアイテムは乾燥によるカサつきや痒みもなく、保湿もしっかりしてくれるので満足!脚全体がすっきり引き締まってきたような気がして嬉しいです」(泉さん)

\甘く爽快感のある香りに癒されながらマッサージ!/

~まとめ~
クラランスの「ボディ フィット」は、マッサージと併用して使い続けることで、ボディを引き締めて潤いのある滑らかな肌に仕上げてくれるのが魅力。脚はもちろん、気になる二の腕やお腹、ヒップにもおすすめです。マッサージと保湿ケアの両立が叶うので、忙しい女性に嬉しいボディケアの時短アイテムになること間違いなし。

 

初出:脚のむくみや疲れが5日間で軽減!クラランス「ボディ フィット」は保湿力も高い!/今話題のコスメを本音で使ってみた【自分流マッサージ5日目編】

記事を読む

むくみ脚は「シスレーの専用ジェルオイル」にお任せ

脚のだるさやむくみの不快感は、その日のうちになんとかしたいもの。シスレーの脚専用ジェルオイルは脚を引き締め美脚を手に入れることができる優れもの。その効果はいかに!?

【お試し読者】大塚麻公さん

「週に1回、アカすりを行い古い角質を徹底オフ。その後はたっぷりのオイルで潤い補給。落とす→与えるのケアでうるスベ肌を目指しています」(大塚さん

シスレー WG コントアリング オイル フォー レッグ

老廃物の排出を促しむくみを解消し、脂肪の燃焼や引き締め効果も高い脚用ジェルオイル。
肌をしなやかな状態に整え、理想的な美脚に導く。

価格容量
¥18,000 150ml

\ここをCHECK!/

みずみずしい感触のオイル

ふくらはぎを中心にマッサージ

【大塚さんの声】
「むくみはその日のうちにリセット。引き締まりつつハリのある脚に。どんなに脚が疲れても、このサラリとしたオイルを塗ってマッサージすればすっきり。翌日の脚は軽くなり、すぐに効果を感じました。使い続けると引き締まりつつハリが出て、太ももの“モタつき”が減った気が!フランスのホテルにいるような優雅な香りもお気に入りポイントです。これがあればむくみも怖くない」

初出:【美的クラブがお試し】すぐにむくむ脚はシスレーの専用ジェルオイルにお任せ♪

記事を読む

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事