ボディケア
2019.4.25

アンチエイジングデザイナー・村木宏衣さん直伝! 今日から始められる「整筋ケア」

独自の「村木式」美容メソッドで有名なアンチエイジングデザイナー 村木宏衣さんが今回教えてくれたのは、今日から始められる「整筋ケア」! 夏までにスッキリボディを目指しましょう!

加齢による筋繊維の減少・萎縮を調整して、スッキリボディに!

「筋肉がこり固まったまま寝ると、それによって代謝が悪くなり、体がむくみやすく、シルエットも変わってきます。そのため、毎晩必ず寝る前に、バスタイムも含めて30分〜1時間、筋肉をリセットするケアを行っています」と村木さん。

今回は、その方法を詳しく紹介してくださいました。また、脚を高くして寝ることも、股関節や腰周りのゆがみリセットに効果的だそう。
「足首からひざ裏を枕などで高くすると、体の力が抜けて楽に眠ることができます。睡眠の質も上がって、脂肪分解作用のある成長ホルモンがしっかり分泌され、太らない体質に!」

食事面では、たんぱく質をしっかり摂取。
「ダイエットのために肉などのたんぱく質を避け、その分を甘いものでごまかしていた20代よりも、むしろ今の方がスリムで健康です」

毎日実践&みんなも今日から始められる整筋ケアを伝授!

【インバスケア】湯船につかりながら、脚のゆがみ・むくみをリセット

p282-1
(1)ふくらはぎの筋肉をつかんでほぐす
片方のふくらはぎを持ち上げて、両手で筋肉をつかむ。そのままひざの高さをキープして足首を大きく回す。つかむ位置をずらしながら4か所で行なって。もう片方の脚も同様に。

<左右各10回×片脚4か所>

 

p282-2
(2)内ももの筋肉や脂肪を刺激する
片方のひざを曲げて外に倒し、両手の指で内ももをしっかりつかむ。そのままひざを曲げ伸ばして内ももをほぐす。手の位置をずらしながら4か所行なって。反対側の脚も同様に。

<左右各10回×片脚4か所>

 

【アフターバスケア】テニスボールを使って、滞りを解消

p282-6
p282-5
(1)肩甲骨をほぐす
あお向けに寝た状態で、片方の肩胛骨の内側にテニスボールを置く。両腕を天井に向けてまっすぐ上げて下ろすを10回繰り返す。ボールを反対側の肩胛骨に移してさらに10回。

<左右各10回>

 

p282-4
p282-3
(2)大腰筋をほぐす
うつぶせになり、そけい部の上部にテニスボールを当てて、片ひざ下を10回回す。ボールの位置をおなか周りで少しずつずらし、回す脚も変えながら、14か所を同様に行なって。

<各10回×14か所>

 

【インベッドケア】おなかを温め、脚をあげて、良質な睡眠へ

p282-7
「脚が沈み込まないようなやや硬めの枕を脚の下に置いて寝ます。ひざ裏から足首辺りまでをしっかり支えられるサイズが◎。股関節や腰がリラックスできているか確認して」

p282-10
「就寝時は、電子レンジで温めるタイプの湯たんぽをおなかに乗せます。全身の血行が良くなり、心身ともに緩んでぐっすり!」

 

【インナーケア】サプリや漢方薬で体調UP!

p282-9
プロテインスコア100のパウダーでたんぱく質を補給
「朝食前にプロテインひと袋(10g)をとって、不足しがちなたんぱく質を補給。私がとっているパウダータイプの『パーフェクトアミノ』は、糖を含まないプロテインスコア100です」

p282-8
漢方で腸と肝臓を整えて、太りにくい体に!
「疲れた腸と肝臓を同時にケアできる漢方薬『複方熊胆円』を飲むようになってから、体調がすごく良く、基礎代謝も上がった気がします。夕食前と寝る前に分けて飲んでいます」

愛用品/すべて村木さんの私物

 

お話を伺ったのは…
p282-11
アンチエイジングデザイナー 村木宏衣さん
むらきひろい/’69年生まれ、49歳。大手エステティックサロン、整体院、美容医療クリニック勤務の経験を生かし、独自の「村木式」美容メソッドを確立。近著に『一生劣化せず今すぐ若返る 整筋・顔体大全』(日経BP社刊)

『美的』5月号掲載
撮影/フカヤマノリユキ 構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事