ヘアスタイル・髪型
2022.5.21

「髪を切る」前にみてほしい!美容院での上手なオーダー方法&セルフカット法

\"\"

美容室とセルフで髪を切る際に上手くいく方法をご紹介します。美容室はオーダーのコツとおすすめの頻度、セルフカットは必要な道具と失敗しないコツを。これで理想のカットを目指しましょう。

理想のヘアになる美容室での【オーダーのコツ】

HAIR SALON FOCUS 南流山店 店長

いしま まりこさん

1989年新潟生まれ。女性ならではの空気感で、言葉では言い表せない絶妙なイメージを汲み取り、トレンド×ライフスタイルから提案する“まりこアレンジ”が多くの支持を集める。

Point

・理想のヘアカラーやスタイルを伝えるために、雑誌の切り抜きや画像を持って行くと◎
・ここが好き、ここはダメ…など、好みのポイントをより明確にするために、数枚あるとベスト!
・新しいサロンへ行くときは、あらかじめHPやSNSをチェック
・自分の好きなスタイルと美容師が好き、得意とするスタイルが一致することが“理想のヘア”を手に入れるキーポイントとなる

どんなヘアスタイルやヘアカラーが理想なのか、どんな雰囲気が好きなのかを分かりやすく伝えるためには、雑誌の切り抜きや画像を持っていくのがベストです。この画像の顔周りは好きだけど、前髪は好きじゃないというように、ここは好き、ここはダメと…ポイントがあると思います。そのため、数枚あったほうがベターです。

また、新しいサロンへ行く場合は、はじめにHPやSNSでどんなヘアスタイルをつくる人なのか? をチェックしてみてください。美容師にも好きなスタイル、得意とするスタイルがあります。自分の好きと、美容師の好き、得意が合致すれば、失敗する確率も低くなりますし、この人こそ! と思う美容師と出会えるきっかけにもなります。そのためか、担当の美容師のお客さん同士は、雰囲気が似ていることが多いんですよ」(いしまさん・以下「」内同)

髪を切る「頻度」はどのくらいがいい?

Q.美しいヘアスタイルをキープするための理想的なカットの頻度は?
A.ショートなら1か月~1か月半、ロングでも3か月までに
「基本的に、髪が短ければ短いほど、メンテナンス期間も短くなります。特にショートへアは、髪が伸びてくるとすぐにシルエットが崩れてしまいます。カットしたてのスタイルをキープしたいのであれば、1か月~1,5か月の頻度がベスト。ボブは、1,5か月~2か月、ミディアムは、2か月。セミロング&ロングは、2か月~3か月くらいが目安となります。

ちなみに、髪を伸ばしている途中でも、数か月に一度毛先を整えることで、常にキレイなスタイルをキープできます。時々メンテナンスをしてくださいね」

Check
  • ・ショートヘア…1か月~1,5か月
  • ・ボブ…1,5か月~2か月
  • ・ミディアム…2か月
  • ・セミロング&ロング…2か月~3か月

 

初出:美しいヘアスタイルをキープするための理想的なカットの頻度は?【短期連載:ヘアにまつわる素朴な疑問をプロに質問!】

記事を読む

セルフで髪を切るための「道具」

髪を切る用のハサミとヘアアイロンを準備

ヘアメイクアップアーティスト

石川 ユウキさん

芯の通った女性らしさの表現に定評あり。韓国コスメ通で、韓国メイクを日本のメイクに落とし込んだ“ハニルメイク”が話題沸騰中。Three PEACE所属。
関連記事をcheck ▶︎

「普通のハサミでもいいのですが、よりキレイに仕上げたいのなら髪を切る用のハサミを用意してください。ドラッグストアで購入できます。また、髪の位置を決めるために普段使っているへアアイロンやコテなども準備しておきましょう」(石川さん・以下「」内同)

セルフで髪を切るための「コツ」

カットする前に前髪はいつも通りセット!

「失敗するのは、そのまま切ってしまうので前髪があがってしまい、短くなりすぎるから。また、横に流したときに段差ができてしまいます。そこで、普段のように前髪をへアアイロンで丸めたり、流したりしてからカットしましょう。こうすることで、完成像が見えるのでどのくらい切るかが明確になります。それから少しずつ切っていけば、失敗しにくいです」


初出:失敗しない前髪のセルフカット方法を、プロのH&Mに直撃!整えるコツは、“セットしてから”にありました。

記事を読む

セルフで髪を切る「方法」【4選】

【1】透け感まっすぐ前髪

Un ami omotesando トップスタイリスト

津村佳奈さん

神崎恵さんを担当する美容師として一躍有名に。確かな技術で、その人に必ず似合うヘアスタイルを提案してくれる。

「目の横の部分は切り込まず、斜めにカットして必ず隠すこと。ここが見えていると顔が大きく見えてしまいます。さらに厚みがあると中央の透け感が強調され、メリハリが生まれます」(津村さん)

\切り方/

  1. カットラインは目の横を残す。前髪を作るときは、この部分の処理が大事。
  2. 前髪の中央部分を短めにカットして、ここの長さを残すことで大人っぽさや女性らしさをキープできる。


初出:最旬「透け感まっすぐ前髪」の作り方|カットやスタイリング、NG前髪まで…神崎恵さん担当美容師が解説!

記事を読む

【2】長めシースルー

GARDEN Tokyo 副店長

津田 恵さん

人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。

\カットしたのは…美的クラブ 鈴木尚子さん

【before】
髪が細くて柔らかい鈴木さんのお悩みは、「前髪を作ると分かれやすくて、結局分けちゃう」。分け目が目立つのも気になっている。

【after】
薄くて透け感のある変形のシースルーバングに!
「前髪の真ん中とサイドの長さが違うので、いろんなアレンジができそうです」(鈴木さん)

Point

「両端を長くしたシースルーバングなら、カジュアルすぎず大人っぽい。リバース巻きにしたりかきあげ風にしたり、2ウェイで楽しめます」(津田さん)

\切り方/

  1. 前髪は薄めに取り、真ん中は目の下でカット。
  2. 両端は曲線にせず急角度でチークラインにつなげてカット(これがサイドバング)。


初出:脱・ぺたんこ前髪! シースルーバングで抜け感のある色気をプラス♪

記事を読む

【3】斜め前髪

AFLOAT D’L(ディル)

井上紗矢香さん

大人かわいいヘアに定評あり。Instagram(@sayaka_inoue0801) で発信する小顔カットの解説もCheck!

\カットしたのは…美的クラブ 鈴木尚子さん

\切り方/
STEP1:軽く目にかかる長さで斜めにカット
前髪は軽く目にかかる長さで、目尻に沿って自然にサイドにつながるよう斜めにカット。


STEP2:顔周りはやや前上がりにカット
顔周りはやや前上がりにカットし、内巻きカールが決まりやすくなるよう調整。


カットベース完成

Point

前髪でおでこと目尻横の肌面積を隠すと、グッと小顔に見えます。前髪に隙間を作ると、抜け感ができて子供っぽくない、今どき前髪に


\スタイリング後はこんな感じ/


初出:ヘアカットで小顔見せ!前髪やスタイリングで骨格が変わったような小顔に変身♪

記事を読む

【4】個性的で大人可愛いベビーバング

SHEA トップデザイナー

佐藤比香瑠さん

柔らかくて女性らしさのあるヘアを提案させていただきます!ダメージのない透明感のあるカラーはお任せください。顔まわりのおくれ毛や、小顔カットが得意です。再現性の高いヘアスタイルを提案させて頂きます。

Point

個性的でキュートな印象になりやすいベビーバングスタイル。お顔の印象が明るくなったり、個性を出したい方におすすめです。

用意するもの

Check
  • ケープ
  • ハサミ
  • スプレー水
  • コーム
  • ドライヤー

BEFORE
オン眉ぐらいまで伸びてきて、毛量も多くなってきた。

s__5046353

STEP1:スプレー水をON
水スプレーで前髪を濡らし根元を擦るようにしてクセを直す。

s__5046355

STEP2:ドライヤーを充てる
根本の癖を取るように、指で前髪を振りながらドライヤーで乾かします。

s__5046356

STEP3:コームで梳かす
櫛で毛を下におろし整えます。

s__5046358

STEP4:カット
そのままの状態で短くハサミで少しラウンドにカット。ベビーバングは髪を引っ張りすぎてしまうと切りたい位置より短くなってしまったり、指で髪を固定してしまうと指の幅分短くなってしまったりするので、髪をしっかりとコーミングし、そのままの位置でカットをするのをおすすめします。また、サイドバングを切る時も端の位置にある毛を少し長めになるようにハサミを若干斜めにして切るとバランス良く切れるポイントです。ベビーバングはかなり短く前髪をカットするので、工作ハサミではなく先端の細い眉用ハサミなどで切ると失敗しにくいのでおすすめです。

s__5046360

完成
スッキリまとまり、束間もきれいに出せるように整いました。

s__5046362

初出:セルフで出来る「ベビーバング」のカット方法

記事を読む

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事