ヘアのお悩み
2020.5.6

失敗しない前髪のセルフカット方法を、プロのH&Mに直撃!整えるコツは、“セットしてから”にありました。

前髪が伸びて、気になっていませんか?外出できないのでへアのメンテナンスに困っている人も多いはず。通っているサロンが休業していたり、交通機関を使わないと行けなかったり…。自分で切りたいけれど、前髪が短くなりすぎたりしたらどうしようかと心配ですよね。今回は、へア&メイクアップアーティストの石川ユウキさんに失敗しない前髪のセルフカット方法を聞きました。

 

toppu

 

イメチェンではなく整えるだけなら、前髪をセットしてからカット!

教えてくれたのは、へア&メイクアップアーティストの石川ユウキさん。

8f5ea0c965511346ac821d09bdf91930
サロン勤務後に、へア&メイクアップアーティストとして活動。タレント、女優、アーティストからの指名も多く、“今っぽい”メイクに仕上げてくれる。

 

Q)前髪をセルフカットするときに、何を用意すればいいですか?

A)髪を切る用のハサミと普段使っているへアアイロンなどの用意を!

「普通のハサミでもいいのですが、よりキレイに仕上げたいのなら髪を切る用のハサミを用意してください。ドラッグストアで購入できます。また、髪の位置を決めるために普段使っているへアアイロンやコテなども準備しておきましょう」

img_6010

 

Q)前髪をセルフカットする方法を教えてください!

A)普段の前髪をセットしてから切れば、短くなりすぎないです。

「失敗するのは、そのまま切ってしまうので前髪があがってしまい、短くなりすぎるから。また、横に流したときに段差ができてしまいます。そこで、普段のように前髪をへアアイロンで丸めたり、流したりしてからカットしましょう。こうすることで、完成像が見えるのでどのくらい切るかが明確になります。それから少しずつ切っていけば、失敗しにくいです」

2004_illust4
いかがでしたでしょうか?

石川さんの「失敗しないセルフカラーの方法」は記事はこちら!

 

イラスト/miya

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事