ヘアスタイル・髪型
2020.1.16

ロングボブは大人女子に似合う!前髪あり・なしスタイルとアレンジを徹底解説

やや長めのボブヘアのロングボブ。前髪なし、前髪あり、ストレート、パーマのスタイルを紹介します。黒髪にも似合うから、大人っぽくおしゃれ感アップで大人女子におすすめのヘアスタイルです。アレンジやスタイリングやしやすいのも魅力!

【目次】
ふんわり感が女っぽかわいい!パーマロングボブ
大人女子におすすめストレートロングボブ
ロングボブさんにおすすめのヘアアレンジ

ふんわり感が女っぽかわいい!パーマロングボブ

【前髪あり】カジュアルさがちょうどいいナチュラルセミロングボブ

切りっぱなしのミディからロングを目指すなら、レイヤーを入れてイメージチェンジを狙って!レイヤーなしで伸ばしてしまうと重さが際立ってしまうのでレイヤーは必須といえます。また、レイヤースタイルといってもアウトラインには重さを残すことで、動きのある今っぽヘアに。
パーマをかけるならフォワード&リバース巻きで縦のカールを。ラフなフェミンニンさを演出してくれます。さらに、ウェットな質感とすることで、カジュアルな印象も。自然体なのに女性らしさを感じる、ナチュラル美人にマッチするロングボブスタイルとなっています。

カジュアルさがちょうどいいナチュラルセミロングボブ

【ロングボブのベース&カラーのやり方】
ベースを鎖骨下3cmの長さで切り揃えます。顔周りからバックにかけてしっかりとレイヤーを入れることで動きのあるスタイルに。前髪は目にかかるギリギリの長さで、厚くも薄くもない絶妙なバランスでカットすることで今年顔をつくります。カラーリングは、8レベルのナチュラルブラウンに。日本人のスキントーンに似合う暖色系の色で、フェニミンなイメージに仕上げてくれます。

カジュアルさがちょうどいいナチュラルセミロングボブ

【ロングボブのアレンジ&スタイリング】
前髪がパカッと分かれないように髪をドライしたら、32mmのアイロンで外ハネに巻き、トップのレイヤー部分はフォワードとリバースをミックスで巻きます。カールは緩めに巻いて、カジュアルな表情に仕上げること。カールが強くなる場合、アイロンの太さを38mmにするなど調整しても。スタイリング剤を塗布する前に、空気を入れるように手ぐしを入れてながらカールをほぐします。その後、ツヤ感と柔らかな質感を叶えるオーガニックバームを全体になじませます。最後に、表面から縦に手ぐしを入れて、束感を整えたら完成です。

前髪ありのセミロングは、カジュアルフェミニンな重軽MIXが今っぽい♪

【前髪あり】くせ毛さんにおすすめのセミロングボブで女らしさアップ!ニュアンスパーマでも◎

さりげなくトレンドを意識しつつ、ビジネスシーンでも程よい女らしさや柔らかな雰囲気はちゃんと演出したい・・・。そんな人にオススメなのがこちらのセミロングボブです。全体的に重めにカットしたシンプルなデザインの中に、毛束感を出すように調整した“ヌケ”のある質感で、動きとニュアンスをプラス。しゃれ感&大人の可愛らしさを引き立ててくれます。クセをニュアンスとして活かすことも可能。直毛の人やスタイルが崩れやすい人は、ニュアンスパーマをかけても。

くせ毛さんにおすすめのセミロングボブで女らしさアップ!ニュアンスパーマでも◎

【ロングボブのベース&カラーのやり方】
鎖骨下5cmのワンレングスでベースをカット。チョップカットで質感調整して、毛束感とニュアンスをつくります。柔らかく女性らしい印象のポイントとなる前髪は、緩やかなマッシュラインで甘さを表現し、薄めで長さをやや残して今っぽく仕上げます。カラーリングは、7レベルのオリーブグレージュ。寒色であっても、ツヤ感と透明感のある涼しげな色味です。

くせ毛さんにおすすめのセミロングボブで女らしさアップ!ニュアンスパーマでも◎

【ロングボブのアレンジ&スタイリング】
動きを出すイメージでラフにバサバサっと乾かしたら、32mmのアイロンで毛先と表面を内巻きにワンカール。スタイリング剤は、伸びがよいクリームバターを塗布して毛束感をつくります。塗布のコツは、こめかみ辺りで上下に髪をブロッキングし、こめかみ下はボリュームダウンするように、こめかみより上は、ポニーテールを結ぶ要領でつけると表面がペタッとせずに動きのあるスタイルに仕上がります。髪が乾燥しやすい人は、オイルを付けてからクリームバターを塗布するとまとめやすくなります。

クセ毛活かしのセミロングは梅雨時期こそオススメ!薄め前髪+透けニュアンスで涼しげに!

【前髪あり】重ためセミロングボブなら小顔効果抜群!ラフパーマがこなれ感も演出!

正面の前髪よりこのサイドバングを長く残し、この毛束が輪郭や頬を隠し顔の面積を小さく見せています。さらにエラを隠したり丸顔の頬横の膨らみを隠したりと、輪郭や骨格を矯正したように見せる効果もあり。これにややボリューム感のあるセミロングを合わせれば、顔が引き締まって見えさらに小顔効果倍増。ボリュームといってもカールをくずしているラフウエーブなので重たく見えずこなれた印象に。サイドバング×セミロングは、まさに小顔もこなれ感も手に入る最強コンビです!

重ためセミロングボブなら小顔効果抜群!ラフパーマがこなれ感も演出!

【ロングボブのベース&カラーのやり方】
胸上5㎝。やや前上がりにカットし、顔周りと表面にレイヤーを。毛先にはレイヤー入れず重ためにすると今っぽいセミロングに。前髪は、正面は目にかかる長さでカット。目と耳の間のサイドバングはあごラインでカットし、正面の前髪と自然に繋げます。頬骨にかかる、サイドバングのやや斜めのラインが小顔効果のカギに。カラーは10トーンのシナモンベージュ。明るめですが赤みのないくすみ系のベージュなので落ち着いた印象に。透明感がありどんな肌色にもなじみます。

重ためセミロングボブなら小顔効果抜群!ラフパーマがこなれ感も演出!

【ロングボブのアレンジ&スタイリング】
前髪のクセが強い人は、乾かすときに前髪を粗目のくしで左右にとかしながら乾かして。前髪がパカッと割れずにふんわりします。32㎜のアイロンで、全体の毛先を内巻きワンカール。次に耳より後ろの後頭部表面の毛束を持ち上げ、高い位置で毛先から中間まで内巻きに。さらに耳より前の毛束を縦にふたつ分け、内巻きにした毛先より上の部分を巻きます。顔周りになる手前の毛束は外巻き1回転、奥の毛束は内巻き1回転に。全体のカールに手ぐしを通しバサバサとくずすと、今っぽい程よいボリューム感のラフウエーブに。パサつき防止用にオイルを1:1で混ぜたソフトワックスを毛先から中間に向かってもみ込み、手に余ったワックスで前髪の毛先にも軽くもみ込みます。サイドバングで輪郭を隠すよう整えれば完成です。確実に小顔に見せ、輪郭のコンプレックスも解消させる魅力的なロングボブ。

独自のカット技術をSCOOP! 小顔に見えるセミロングの秘密は“サイドバングカット”にあり

【前髪なし】ニュアンスパーマが◎!大人セミロングボブは長め前髪で色っぽさをプラス

ふんわりゆるーいカールのパーマで、女性らしく柔らかいイメージを与えるセミロングボブ。やや長めのボブなので、大人女性にもぴったりです。柔らかさがありつつも、外ハネ&前髪をあえて目にかかる長さにカットすることで、色気があり自立した女性の雰囲気をプラス。ほどよいバランスで、カジュアルとフェミニンのいいとこ取りをしたヘアスタイルとなっています。パーマスタイルなのでスタイリングが簡単に決まるセミロングボブヘア。もちろんノンパーマでアイロン仕上げでもOKです。ナチュラルだけどこなれ感のある大人スタイルにしたい人におすすめのデザインです。

ニュアンスパーマが◎!大人セミロングボブは長め前髪で色っぽさをプラス

【ロングボブのベース&カラーのやり方】
ベースはあご下に設定してやや前下がりでカットします。動きが出やすくするため表面にはレイヤーを。前髪は鼻先くらいの長さで流れるように薄めに作ります。カラーは9レベルのアッシュベージュに細かいハイライトをオンカラー。ハイライトはトップのみに入れ、透明感がありクールな印象を与える色に仕上げています。

ニュアンスパーマが◎!大人セミロングボブは長め前髪で色っぽさをプラス

【ロングボブのアレンジ&スタイリング】
パーマはエアパーマ(もしくはデジタルパーマ)で20~26mmのロッドを使います。エアパーマはふんわりとしたカールでダメージレスなパーマです。全体を外ハネになるように巻き、トップはフォワードとリバースのMIX巻きで。

パーマ無しの場合、アイロンは26mmをセレクト。アウトラインを外ハネに巻いて、表面は毛先から巻かずに毛束の中間から巻いてゆるいカール感に。前髪は縦のパネルで3つに分けて巻くと髪が流れやすくなります。スタイリング剤は、セミウェットな質感のオイルかクリームがおすすめ。手の平になじませたら、髪の中間から毛先にかけて揉み込みます。手に残ったスタイリング剤を前髪の毛先に塗布して、全体の質感を揃えたらフィニッシュ。

ニュアンスパーマが鍵!大人ボブは長め前髪で色っぽさをプラス

大人女子におすすめストレートロングボブ

【前髪なし】“外ハネ”דかき上げ前髪”でロングボブをおしゃれに格上げ!

セミロングで毛先だけを単純にハネさせたスタイルだと重心が下がってのっぺり見えたり、ただの寝ぐせに見えたりすることも…。そんな残念髪にならない、おしゃれな“外ハネセミロング”をご紹介します! ポイントは、トップにボリュームを出すことと裾に重たさを残すこと。トップにボリュームがあるだけで、こなれたリッチ感を演出できます。また裾に重たさがあると、外ハネでもカジュアルになり過ぎず大人っぽい印象に。ボリューム感が重要なので、毛量の多い人やうねりが強い人にもハマりやすいスタイル。

“外ハネ”דかき上げ前髪”でロングボブをおしゃれに格上げ!

【ロングボブのベース&カラーのやり方】
鎖骨下5㎝。バックからサイドに向かいやや前上がりにカット。トップにボリュームが出やすいようハチ上部分にレイヤーを入れます。外ハネの動きを出しやすくするため、肩に落ちる裾の部分にもレイヤーを。レイヤーを多く入れ過ぎるとカジュアルになり過ぎるので、肩に落ちる部分のみに入れて裾の重たさを残すことが大切です。前髪はかき上げスタイルが決まりやすいあごラインでカット。カラーは8トーンのアッシュブラウン。赤みの出ないツヤのあるブラウンベースで、大人っぽく上品な印象を与えます。

“外ハネ”דかき上げ前髪”でロングボブをおしゃれに格上げ!

【ロングボブのアレンジ&スタイリング】
前髪をかき上げながら根元にドライヤーをあてるとトップのボリュームが出やすくなります。また温風をあてた後、髪の熱が下がるまでかき上げた状態でいると、手を離した後も根元の立ち上げをKEEPできます。32㎜のアイロンで裾を外ハネワンカールに。全体的にカールがついたら表面の毛束をところどころ取り、縦巻きカールをMIXします。ウエット系のバームを全体的にもみ込み、外ハネと表面の縦巻きをなじませ、立ち上げた前髪の根元にキープスプレーを吹きかければ完成です。
外ハネでもカジュアルになり過ぎずリッチな印象を与える大人のセミロングボブ。

大人の“外ハネセミロング”|おしゃれ感の決めてはトップと裾のボリューム感!

【前髪なし】柔らかく揺れる重めロングボブで上品系モテヘアに

顔まわりにレイヤーを入れた重めのロングボブ。レイヤーの動きが女性らしい柔らかさと上品な空気感を漂わせてくれます。これまでにレイヤーを入れすぎて後悔した経験がある人もいるのでは?こちらのミディは、顔まわりのこめかみ中心にレイヤーを入れているため、まとまりがよくなり、軽さも出るのでチャンレジする価値アリです!また、長めの前髪は、流行りの“透け”を作ることでこなれた雰囲気を演出。大人の色気をさりげなく感じさせてくれます。前髪はアイロン仕上げではなく、マジックカーラーを使って根元からふんわり、やさしい印象に。

柔らかく揺れる重めロングボブで上品系モテヘアに

【ロングボブのベース&カラーのやり方】
ベースは、顔まわりに重たさが残るようにやや前下がりのロブスタイルにカット。顔周りには、動きが出るようにレイヤーを入れます。前髪は、黒目と黒目の間が一番短く、サイドにかけて徐々に長くなる、長めのラウンド前髪にします。カラーは、8レベルのショコラブラウンに。ショコラブラウンは、やや暖色寄りの色味で、肌色をキレイに見せ、ツヤ感のある髪へ導きます。また、退色しても美しい色をキープできます。

柔らかく揺れる重めロングボブで上品系モテヘアに

【ロングボブのアレンジ&スタイリング】
髪全体をドライしたら、前髪は毛先からマジックカーラーで巻いておくこと。全体をアイロンで巻いている間にクセづけします。マジックカーラーは、楕円型の2つのカーラーで挟むタイプの前髪用がおすすめ。サイドからバックの髪は、32mmのアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。この時、髪を持ち上げて巻くとランダムで、柔らかな動きになります。最後に、ヘアオイルを毛先中心に塗布して、ツヤのある質感に仕上げます。

抜け感ある長め前髪が色っぽい!柔らかく揺れる重めロブは、上品系モテヘア

ロングボブさんにおすすめのヘアアレンジ

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

スカーフで広がりを抑えてシルエットをキープ

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

毛先を中心にオイルをなじませたら、根元から膨らみを抑えるようにサイド下で結ぶ。スカーフをハチ周りに巻きつけて前で交差し、さらに結び目に巻きつける。

【POINT】
□ 後頭部のふっくら感は残す
□ 結び目にもスカーフを巻きつける
□ スカーフでハチ周りを抑える
□ 顔周りもあえてスッキリと!
□ 毛先のパサつきはオイルで解消!

毛束と毛束を固結びして多い髪をおしゃれにまとめる

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

髪が多いからこそ、くずれずにできるアレンジ。ワックスをなじませてから髪をサイド下でまとめ、2束に分けて毛束同士で固結びに。毛先は輪結びにしてバランス良く。

広がる毛束をスカーフで隠す一日中ボリュームレスに

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

簡単おしゃれヘアに!ロングボブにおすすめのひとつ結びアレンジ

あえてふわふわした感じを残しつつ、下の位置でひとつに結ぶ。結んだ毛束に、根元からスカーフをぐるぐると巻きつけ毛先付近で結ぶ。

暑い夏でも簡単おしゃれヘアに♪ ボリュームヘアにぴったりなひとつ結びアレンジ3つ

重ためロングボブでもOK!こなれ感たっぷりの簡単ヘアアレンジ

ハーフくるりんぱまとめで大成功

重ためロングボブでもOK!こなれ感たっぷりの簡単ヘアアレンジ

全部の髪を束ねてくるりんぱを作ろうとすると、髪が多すぎてくるんとしにくかったり、ハリのある髪がピンピンはねてキレイにできない、という人が多い硬い髪タイプ。くるりんぱを作るときの髪量を半分にして、その後残りの髪を束ねるようにすれば、悩みは一気に解決します。あらかじめソフトワックスをもみ込んで髪に柔らかさを足すのもマスト。

重ためロングボブでもOK!こなれ感たっぷりの簡単ヘアアレンジ

Back Style
ゴムは毛束を巻きつけて隠し、毛先はほぐして

<ロングボブヘアアレンジ方法>

重ためロングボブでもOK!こなれ感たっぷりの簡単ヘアアレンジ

Point 1.くるりんぱは全部の髪で作らないのがまとまるコツ!
耳の高さでハーフUPに束ねて、その毛束をくるりんぱ。サイドのねじれた部分を引き出しニュアンスをつけた後、残りの髪を合わせひとつ結びにするとスマートにまとまります。

重ためロングボブでもOK!こなれ感たっぷりの簡単ヘアアレンジ

Point 2.ソフトワックスをもみ込んで手ぐし、でアイロンで巻かなくてもニュアンスが!
あらかじめソフトワックスを全体によくもみ込んでから手ぐしでまとめると、アイロンで巻かなくても柔らかなほぐれニュアンスが。

重ためロングボブでもOK!こなれ感たっぷりの簡単ヘアアレンジ

Point 3.後れ毛をウエット仕上げにすることでしなやかさON!
後れ毛は多めに。ソフトワックスをたっぷりめにつけて、束感を出しながらウエット質感に仕上げると、さらにしなやかなムードに。

簡単ヘアアレンジ|毛量が多くてもOK! こなれ感たっぷりの「ハーフアップくるりんぱ」

ロングボブヘアでもサイド後ねじりギブソンタックで大成功!

ロングボブヘアでもサイド後ねじりギブソンタックで大成功!

ピンタレストなど外国人のセルフヘアアレンジでもよく見かけるギブソンタックは、簡単なのに凝って見えるので、オフィスからちょっとしたパーティまで対応できるお得なアレンジ。後ろにくるくる“ロール”して巻き上げるだけだけれど、サイドの髪を残し、後のせするとうまくまとまります。

ロングボブヘアでもサイド後ねじりギブソンタックで大成功!

Back Style
毛束を引き出しても抜き出さないのがコツ

<ロングボブヘアアレンジ方法>

ロングボブヘアでもサイド後ねじりギブソンタックで大成功!

Point 1.バックの毛を外巻きに“ロール”してから、サイドの毛をねじり上に重ねて留める
髪を両サイドとバックの3つに分け、バックのみ毛先から外巻きにくるくる巻き上げて襟足でピンで固定します。残った両サイドの髪はねじって、巻き上げた髪の上で交差して留めます。

ロングボブヘアでもサイド後ねじりギブソンタックで大成功!

Point 2.耳前のサイド下部分をしっかり引き出し後ろの髪と流れをなじませる
ねじったサイドの髪はよく引き出してふんわり感をバックの“ロール”になじませて。特に、ねじり始めの耳前の所は毛束が落ちないギリギリまで引き出してニュアンスを増強。

ロングボブヘアでもサイド後ねじりギブソンタックで大成功!

Point 3.後頭部と下のロール部分をややつまんでこなれたくずれ感を
バックの“ロール”とねじり部分のピンをしっかり押さえながら、後頭部と“ロール”部分の髪を引き出して、こなれた雰囲気に。

簡単ヘアアレンジ|後ろにくるくる巻き上げるだけの「サイド後ねじりギブソンタック」

ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

ゆる団子が難しい…そんなロングボブヘアさんには、おしゃれタイトシニヨンがおすすめ。シンプルアレンジでこなれ感を演出しましょう。

ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

ヘアスタイル的にゆるっとニュアンスが出しにくく、ただのボサボサに見えたり、作ったお団子が大きくなりすぎたりするのがこのタイプ。ならば、無理せずトレンドのタイトシニヨンにしてモードに振るのが正解。ねじってまとめたお団子をさらにぎゅっとひねることでなるべく小さいお団子を作ることがしゃれ見えのコツです。

ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

Back Style
和風に見えないよう、お団子はギュッと小さく

<ロングボブヘアアレンジ方法>

ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

Point 1.多毛&固い髪でも極小団子にできる“ねじり×ひねり”の技をマスター!
襟足でひとつ結びにした毛束を2束に分けてねじり合わせてから結び目に巻きつけてお団子に。さらに、巻きつけたのと同方向に2回ひねってピンで固定すると、多毛でも極小のお団子に。

ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

Point 2.トップ&サイドはきっちりコームでなでつけてタイトに作る
毛先まで髪全体にソフトワックスをしっかりつけてからスタイリングをスタート。その状態で、トップとサイドはコームでとかしなでつけて、キレイなタイト感とツヤを出すと◎。

ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

Point 3.シースルーバングス&ふわっと後れ毛でフロントにはニュアンスを!
タイトシニヨンといっても顔周りの毛のニュアンスは必要。前髪はワックスで毛束をばらしてシースルーバングに、後れ毛も散らして。

簡単ヘアアレンジ|硬い髪でもOK! ねじってまとめたお団子の「おしゃれタイトシニヨン」

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事