ヘアスタイル・髪型
2020.9.29

前髪なし「だからこそ」かわいくなる、ショートヘア【14の見本スタイル】

\"\"

可愛くなりすぎない、大人なショートヘアなら断然前髪なしがおすすめ!「ストレート」から「パーマ」スタイルまでおしゃれ女子にトライして欲しいスタイルを『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルから紹介します。丸顔さん、面長さんにおすすめのスタイルもチェック!

「ストレート」×ショートヘア【5選】

【Style1】柔らかい質感がポイント!色っぽハンサムショートヘア

\ヘアスタイルの特徴/
・触れたくなるような柔らかい質感のショートスタイル。
・ベースのカットはハンサムショート
・顔まわりの浮遊感や抜け感が色気をプラス。
・かっこいいけど、女らしさもちゃんと表現してくれる。
・大人カジュアルなファッションとの相性がよい。
・広がる、まとまらないといった髪のクセを活かすことができる優秀ヘア。

【ベース&カラー】
・ベースはサイドグラデーションにカット。
・顔まわりをマッシュラインで重めに。
・襟足はすっきりタイトにレイヤーでカット。
・前髪は目の下の長さで重めにカット。
・カラーリングは、6レベルのブラウンベージュ。グレーがミックスされているため赤みを抑え、くすみのない透明感のある色味に。

【スタイリングのやり方】
1. 前髪はオールバックをイメージしながら、やや立ち上げるように全体を乾かします。

2. もみあげや前髪の産毛までしっかりスタイリングオイルを塗布。セット力がなく、さらっと仕上がるタイプを選んで。

3. 26mmアイロンで毛先をランダムに巻く。クセを活かすなら、アイロンなしでも◎。

担当サロン:MINX 銀座五丁目店(ミンクス ギンザゴチョウメテン) 鹿野瑠璃子さん

初出:色っぽハンサムのショートヘア。クセも活かして、柔らかい質感に

記事を読む

【Style2】前髪なし×コンパクトシルエットでおしゃれ“マニッシュショート”

\ヘアスタイルの特徴/
・トレンドを取り入れたいおしゃれ女子におすすめのニュアンスショート。
・前髪の分け目は、センターパートでふんわり根元を立ち上げるのが、動きを作るコツ。
・細目のハイライトを効かせているので、立体感も演出。
・襟足をすっきりさせることで後頭部がふんわり、気になる頭の形もカバー。
・小頭効果も。
・毛量の多さを活かせるスタイル。
・今っぽいおしゃれ感を楽しみたい人にぜひチャレンジして欲しいスタイル。

【ベース&カラー】
・マニッシュな印象のサイドグラデーションは、耳に少しかかるくらいの長さでカット。
・間引きセニング&スライドカットをmixさせながら毛量調整することで、ニュアンスのある束感を作ります。
・トップにはレイヤーを入れ、動きを出しやすくします。
・カラーは、ブリーチで細かいハイライトを入れた後、スタイリッシュな寒色であるオリーブアッシュ(10レベル)をオン。ハイライトによる立体感と透け感を演出します。

【スタイリングのやり方】
1. トップは根元をふんわり立ち上げ、センターパートの分け目をくっきり見せないように乾かすのがポイント。

2. 襟足は、浮かないように上から押さえ込みながら風を当てます。

3. 19mmの細めのアイロンで、外ハネをメインにランダムに巻いて動きを出します。

4. バーム系ワックスを毛先中心になじませるように塗布すると、艶のある束感に。ウェットな質感を作るタイプを選んで。

担当サロン:MINX 青山店(ミンクス アオヤマテン) 松下ひとみさん

初出:マニッシュショートは、前髪レス×コンパクトシルエットで一歩先のおしゃれ感を!

記事を読む

【Style3】アレンジ自在な前髪なし“シンプルショートヘア”

\ヘアスタイルの特徴/
・ファッションやメイクで印象をガラッと変えられるシンプルショート。
・可愛い印象になりがちな前髪を作らず、顔周りの毛先を自由に動かせる。
・分け目を変えたり耳にかけたりと、アレンジの幅が広い。
・毛先をレザー(カミソリ)でカット。ふわっと軽い質感に。

【ベース&カラー】
・レザー(カミソリ)で襟足からグラデーションカット。
・サイドに繋げ、顔周りは頬ラインで前下がりになるようカットします。
・トップに動きが出るよう軽くレイヤーを入れ、表面に束感を作るようにところどころレザーで間引きカットをします。
・カラーは7トーンのフォギーアッシュ。赤みを消しつつ透明感を出し、柔らかな印象に。

【スタイリングのやり方】
1. トップを6:4で分け手ぐしで乾かします。

2. 前髪は、顔前にドライヤーを持ってきて生え際に吹きかけ自然に立ち上げます。

3. アイロンは使わず、シアバターなど保湿力の高いスタイリング剤を全体になじませるだけで完成。
バター系のスタイリング剤はやや重ためのウエットな質感になり、今っぽさとカッコ良さを演出します。

担当サロン:joemi by Un ami(ジョエミ バイ アンアミ) 長屋 亨さん

初出:アレンジ自在な前髪なしが正解!“シンプルショートヘア”で夏イベントをとことん楽しむ♪

記事を読む

【Style4】ベイクドブラウン&セミウェットの今っぽヘア

\ヘアスタイルの特徴/
・女性らしい柔らかさと丸みシルエットがポイント。
・簡単にこなれ感のあるナチュラルヘアを叶えるスタイル。
・個性的な色味のベイクドブラウンは、日本人にマッチするカラー。
・程よいボリューム感が欲しい人におすすめ。

【ベース&カラー】
・ベースはベーシックなグラデーションで切ります。
・前髪をリップラインに設定し、前髪と表面のレイヤーを自然につなげて柔らかい仕上がりに。
・カラーは少し赤みのある暖色で、こげ茶のようなまろやかな、7レベルのベイクドブラウン。

【スタイリングのやり方】
1. トップがふんわりと仕上がるよう、根元にドライヤーの風を当てて立ち上げるようにドライ。

2. 前髪はオールバックに乾かします。

3. 全体的に乾いたら32mmのアイロンで毛先をワンカール巻きます。

4. シャンプーをするように手を動かしてカールを崩します。

5. セミウェットな仕上がりになるセラムを毛先〜中間に塗布し、毛束感を整えたら完成です。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 金澤侑さん

初出:長め前髪の大人可愛いショートボブ!ベイクドブラウンカラーで肌もキレイ見せ

記事を読む

【Style5】前髪なしのショートボブでも、若々しく女っぽヘアに

\ヘアスタイルの特徴/
・シンプルな前下がりのショートボブに、個性がキラリと光る技ありハイライトを組み合わせたスタイル。
・大人カジュアルを楽しめるデザイン。
・バックのウェイトラインを低めにすることで、若々しい印象を与えてくれます。
・どんな顔型とも好相性で、首元をすっきり見せてくれる効果もあり。

【ベース&カラー】
・前髪の長さをリップに設定し、サイドから前髪にかけて前下がりにカットします。
・バックの毛量調整では重さを残しつつ、ラインを見せるスタイルに仕上げます。
・カラーは、10レベルのフォギーベージュでハイライトを入れます。
・ベースカラーは肌色をキレイに見せてくれる赤みを抑えた、6レベルのアッシュブラウンに染めます。

【スタイリングのやり方】
1. ハイライトがキレイに見えるところで分け目をつけて髪を乾かします。

2. ドライ後、ストレートアイロンでさらっと通すようにプレス。

3. スタイリング剤は重めのヘアオイルをセレクトし、髪全体に塗布したら両手で髪を挟んでカットラインをしっかり出します。

4. 前髪にもスタイリング剤をつけて、束感をつくりウェットな質感に仕上げたら完成です。

担当サロン:LONESS omotesando(ローネス オモテサンドウ) 原倫子さん

初出:シンプルなショートボブをスタイルアップさせる要は、個性的なハイライトにあり!

記事を読む

「パーマ」×ショートヘア【4選】

【Style1】外ハネでこなれ感!女っぽショートヘア

\ヘアスタイルの特徴/
・ジェンダーレスなイメージのあるハンサムショート。
・パーマでウェーブ感が出て、動きのある大人かわいい雰囲気に。
・髪のハネによりひし形シルエットがつくりやすくなり、小顔効果はもちろんどんな顔型にも似合わせ可能な優秀ヘア。
・ウエイト(重さポイント)を低めにすることもおしゃれヘアのポイント。
・髪がペタっとしやすい人、動きが出にくい人はトライしてみて。

【ベース&カラー】
・センターパーツで分け、サイドの長さを鼻より少し長めに設定し、サイドグラデーションでカット。
・えり足は短めにすることで、すっきりとした印象に。
・カラーは、5レベルのグレイアッシュ。赤みやオレンジをおさえた暗めのカラーですが、日差しなど光に当たると透明感を演出。

【スタイリングのやり方】
1. パーマは18mmのロッドで毛先から2回転。ゆるいカール感が出るようかけます。

2. スタイリングは、根元に立ち上がりがつくようにドライ。

3. 根元はしっかり乾かし、毛先はやや湿っている状態で、オイルとシアバターを同量MIXしたものを毛先から揉み込むようにつけます。

4. 毛先のハネ感を整えたら完成です。

担当サロン:lora.garden(ロラ ドットガーデン) 英太さん

初出:髪のハネ方がどんな顔型にも合わせやすい!秋のハンサムショートヘア

記事を読む

【Style2】ニュアンスパーマが狙い目!モードなショートヘア

\ヘアスタイルの特徴/

・注目急上昇中の耳かけショート。
・今っぽいウェットな質感&ふわっとした髪のニュアンスが、女の色香をアップ。
・もみあげのタイトさと、パーマのふんわり感のコントラストが効いた大人かわいいスタイル。
・顔型を問わずトライできるショートスタイル。
・ボリュームが出にくい人はパーマがマスト。
・広がりやすい人はパーマ無しでも。

【ベース&カラー】
・サイドは耳にかかる長さでグラデーションにカット。
・バックとトップもグラデーションでつなげます。
・襟足はキュッとタイトするためレイヤーで。
・前髪は、目が隠れるくらいの長さでカットします。
・カラーは9レベルのウォームベージュをセレクト。赤みを抑える色味でまろやかさとツヤ感を与え、柔らかい質感に。
・ダメージレスでトリートメント効果が望めるデジタルパーマを20mmのロッドでかけます。
・すべて同じ太さのロッドを使い、襟足以外を平巻きで1回転巻きます。

【スタイリングのやり方】
1. ハーフドライの状態でオイルクリームを髪の中間から毛先にかけて塗布します。もみあげはしっかり目につけるのが鍵。

2. アイロンで仕上げる場合は、26mm、もしくはストレートアイロンで。

3. 最後に、前髪を3~5箇所、細めにつまんで束をつくり抜け感をプラスすることをお忘れなく。

担当サロン:GARDEN omotesando(ガーデン オモテサンドウ) 中村英太さん

初出:長め前髪のモードな秋ショートヘアは、ニュアンスパーマが狙い目

記事を読む

【Style3】時短を叶える!ニュアンスパーマのコンパクトショートヘア

\ヘアスタイルの特徴/
・ツヤ感とウェットな質感でちょっぴりセクシーな、最旬ハンサムショート。
・根元のふんわり感が女性らしさをプラスするショートスタイル。
・重めのグラデーションがベース。
・顔まわりに入れた“隠しレイヤー”が、フェイスラインをキレイに見せ、小顔効果も。
・直毛さんやアイロンが取れやすい人などはパーマをかけても。
・スタイリング剤をクシュっとつけるだけの手軽さ。

【ベース&カラー】
・トップにはレイヤーを入れて動きが出るようにします。
・前髪はアゴのシャープなラインを強調するように、ほおの高い位置で長さを設定。
・顔まわりには隠しレイヤーを入れて、顔のラインがキレイに見えるデザインに。
・アイロンが取れやい、苦手、なら、20mmのロッドでワンカールの柔らかパーマがおすすめ。
・カラーリングは旬なオレンジベージュ。品があり柔らかいイメージの色味です。

【スタイリングのやり方】
1. ノンパーマなら32mmのアイロンでさっと内巻きカールに。

2. 顔まわりの髪を外ハネにすることで、動きと抜け感を演出します。

3. 最後に、軽い質感のヘアオイルを毛先にクシュクシュっと揉み込んだら完成。ツヤ感と濡れ感のある質感に仕上げて今どきの表情に。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 鈴木杏奈さん

初出:ハンサムショートヘアは、根元ふんわりの長めバングで女度アップ!

記事を読む

【Style4】抜け感とカールの動きがある洗練された“カジュアルショート”

\ヘアスタイルの特徴/
・カジュアルで可愛いスタイルの中に、ニュアンスパーマの動きをプラスしたショートヘア。
・毛先のカール感が強めなので、クシュっとヘアオイルをつけるだけで簡単にスタイリングが決まる。
・オシャレ感を演出したい人にぴったりのデザイン。
・前髪はボーダーレスにすることで、今っぽい抜け感のある表情に。
・美シルエットで骨格補正の効果も望めます。
・ナチュラルテイストで今どきヘアを取り入れたい人におすすめなスタイル。

【ベース&カラー】
・襟足は2cmの長さでレイヤーにカット。中間からトップにかけてはグラデーションでカットして重さを残します。
・前髪はサイドを同じ長さに設定して、角をとる程度のレイヤーを入れて少しだけ軽くして、動きを出します。
・カラーは、8レベルのフォギーベージュに。透明感や柔らかさのある色味に仕上げます。
・20mmのロッドで毛先から2回転平巻きのデジタルパーマをかけます。

【スタイリングのやり方】
1. パーマ無しの場合は、26mmのアイロンを使って、毛先は外ハネ、中間は内巻きにして波ウェーブに。

2. スタイリング剤は、パサつきを抑えて保湿力のあるヘアオイルをチョイス。適量を手に馴染ませて、毛先からも揉み込むようにつけます。

3. ラフな動きと束感を整えたら完成です。

担当サロン:GARDEN omotesando(ガーデン オモテサンドウ) 中村英太さん

初出:ショートヘア×ニュアンスパーマで、抜け感のあるナチュラルテイストに

記事を読む

小顔を狙うスタイル【3選】

【Style1】ひし形シルエットの小顔“錯視ショート”

\ヘアスタイルの特徴/
・トップにボリュームを出したひし形のショート。ふわっとしたひし形ヘアで輪郭を包むと、顔はキュッと小さく。
・目尻を隠すように前髪を流すと顔の面積が必然的に小さくなる。
・襟足をタイトに作ると顔周りのふわっと感が際立ち顔がスッキリ。

【ベース&カラー】
・サイドはあご下、やや前下がりにカット。
・前髪はリップラインからサイドに繋げてカットします。
・おでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。
・トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカット。
・カラーはにごりのない透明感のある9トーンのフォギーベージュ。落ち着いたカラー色なので輪郭が膨張して見えません。

【スタイリングのやり方】
1. 分け目がパカッと割れないように、トップを乾かすときは毛束を手前に引き出し指の腹で地肌をこすりながら乾かします。

2. 表面がふわっとするようにトップと前髪の毛束に太めのマジックカーラーを根元から巻き付けて。5分くらい経つと自然なカールに。

3. ソフトワックスを全体にもみ込み、襟足はタイトに、トップの毛先は後ろに流れるようにします。

4. 前髪は目尻を隠しつつ、毛先はトップのふわっと感に繋がるように流せば完成です。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上紗矢香さん

初出:小顔になれる絶対ヘア! ひし形シルエットの“錯視ショート”

記事を読む

【Style2】タイトな襟足で首まですっきり“小顔ショート”

\ヘアスタイルの特徴/
・ショート初挑戦の人や、子供っぽくなるのが不安な人、女らしいイメージにしたい人に一押しのスタイル。
・日本人の骨格に合うひし形シルエット。
・襟足をキュッとタイトにすることで、首をすっきり長く見せることができ、小顔効果も絶大。
・レイヤーの軽やかな動きが旬なニュアンスをプラス。

【ベース&カラー】
・襟足はギリギリでカットし、ベースは丸みを出すグラデーションに。
・サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れます。
・カラーは、透明感があるニュートラルな8レベルのセピアグレージュ。髪にツヤをもたらし、赤みを抑えるメリットも。

【スタイリングのやり方】
1. タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かします。

2. 前髪は手でかき上げながらドライします。空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせるとおしゃれな印象に。

3. スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出します。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 今野佑哉さん

初出:“小顔ショート”は、ひし型シルエットがカギ!タイトな襟足で首まですっきり美人印象に

記事を読む

【Style3】大人かっこいい“スタイリッシュショート”

\ヘアスタイルの特徴/
・小顔効果を引き立てるショート。
・襟足をタイトに仕上げ頭をコンパクトに見せる効果も。
・毛先に施されたシャープさが大人かっこいい雰囲気のポイント。
・先細りの毛先+暗めなカラーリングとの相乗効果で、洗練されたイメージに。
・好印象なスタイルで、どんな人とも相性◎。
・後頭部ふんわりの丸みシルエットを実現。
・ショートは初めてという人にも、ぜひチャレンジしてみて欲しいスタイル。

【ベース&カラー】
・前下がりのショートベースで、襟足は浮かないギリギリの長さにカット。トップには動きがつくようにレイヤーを入れます。
・毛先はドライ&スライドカットで、毛先をシュッと先細りにして、束感が出るよう軽くします。
・前髪は、流した時に目の下になるように設定。
・カラーは、暗めの色味でも透明感がある7レベルのブラウンベージュに。重さを感じさせず、ツヤ感を生むカラーです。

【スタイリングのやり方】
1. 分け目がパカッとしないように根元をこすりながら乾かします。

2. 襟足はキュッと締めて、ふんわり丸いシルエットに仕上げます。

3. スタイリング剤は、バーム系を全体的に揉み込むように馴染ませます。

4. 最後に毛先を軽くねじって束感を作れば完成。

担当サロン:Sui(スイ) 中村育美さん

初出:小顔&小頭W効果の長め前髪がカギ。大人かっこいいスタイリッシュショート

記事を読む

「丸顔」さん向けスタイルのコツ

きちんと感のある大人の“ひし形ショートボブ”

\ヘアスタイルの特徴/
・スタイリングが簡単なので、忙しい女子にも嬉しいショートボブ。
・すっきりした首元なのでマフラーや襟元にボリュームのある秋冬ファッションとも相性抜群。
・前髪なしでおでこを出せば、よりすっきり見えてデキる女風に。
・顔周りの縦のライン、ボリュームのある頬ライン、シャープなあごラインのひし型にカットすれば、丸顔をカバー。
・大人っぽく見せたい、きちんと感がほしい、小顔になりたい人におすすめ。

【ベース&カラー】
・全体をあごとリップラインの間の長さでカット。
・サイドはやや前下がりで、顔周りに長さを残します。
・襟足には厚みを残しつつ、頬からあごラインに向かってグラデーションカット。
・表面にレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作ります。正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。
・カラーは好感度の高いツヤのある8トーンのブラウンベージュ。

【スタイリングのやり方】
1. まず毛束を右に寄せながら乾かし、次に左に寄せて乾かします。左右に揺さぶるように乾かすことで立ち上がりやすくなります。

2. 分け目はセンターではなく6:4に。ちょっとずらした方が今っぽくおしゃれに見えます。

3. 全体はハンドブローしたあと、手ぐしで毛流れを整えるとまとまりやすくなって◎。

4. 表面の毛束にアイロンを挟み、毛先が軽く内巻きになるように滑らせます。

5. 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整えます。顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成です。

担当サロン:GARDEN harajuku(ガーデン ハラジュク) 髙橋 苗さん

初出:丸顔カバー&小顔効果を狙うなら、前髪なしの“ひし形ショートボブ”!きちんと感のある大人な雰囲気もGet♪

記事を読む

「面長」さん向けスタイルのコツ

フェースラインを補正できる“外ハネショート”

\ヘアスタイルの特徴/
・ストレートでもMIX巻きでもない人気の外ハネをプラスしたショートヘア。
・丸顔さんなら顔周りの毛束でフェースラインをひし形に補正できます。
・面長さんならサイドの外ハネで視線を横に広げて見せることができます。
・手っ取り早くおしゃれを狙いたい人は絶対にCHECK!

【ベース&カラー】
・前髪は鼻ラインでカット。
・バックは襟足を短めにカットし、グラデーションカットでリップラインのサイドに繋げていきます。
・表面に動きを出しやすくするため、顔周りを中心にしっかりレイヤーを。
・裾はやや長めに残すとバランスが取りやすくて◎。
・カラーはくすみ過ぎないアッシュカラーの9トーンのフォギーアッシュ。

【スタイリングのやり方】
1. 前髪は前方からドライヤーをあて、自然にふわっと立ち上げます。

2. 全体を乾かしたらストレートアイロンで表面と顔周りの毛束を外ハネに。アイロンは毛先をはさんだら、くるっと手首を返すと簡単に外ハネが作れます。それぞれの角度が違っても気にせずラフに作ればOK。

3. 毛先にややウエットな質感になるセラムなどを揉み込み、束感を作れば完成です。

担当サロン:Un ami omotesando(アン アミ オモテサンドウ) 増永剛大さん

初出:長め前髪の“外ハネショート”は、差のつくトレンドヘア!

記事を読む

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事