ヘアスタイル・髪型
2019.10.13

長さ別オン眉ヘアスタイルをご紹介!自分に似合う長さをみつけて

キュートさとおしゃれ感がでる“オン眉”の髪型。でも、自分に似合うのかわからず、なかなか挑戦できなかったりしますよね。長さ別オン眉スタイルをまとめてみました。参考にしてオン眉ヘアスタイルにトライしてみてください!

【目次】
旬さも忘れないボブスタイル
下ろしただけのロングヘアのポイントに!
さらにおしゃれ度上がるアシメスタイル

旬さも忘れないボブスタイル

カジュアルかわいい前髪パッツンボブ

カジュアルかわいい前髪パッツンボブ
【ポイント】
ハネない長さ&内側を短く毛量調整したカットならボリュームが出過ぎず、ストンと落ちたカジュアルかわいいボブに仕上がる。前髪の幅を広めにとったワイドバングなら今っぽさがプラスされ、グッとこなれた印象に。

【How to“ベース&カラー”】
前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がる。裾はハネないように、肩につかない長さでカット。まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつける。カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラス。

カジュアルかわいい前髪パッツンボブ
【How to“スタイリング”】
ストレートにブローした後、32㎜のアイロンで毛先をサラッと内巻きに。しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽい。巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がる。内巻きの清楚さとベージュカラーで、かわいらしさも手に入るのがこのボブの優秀ポイント。

毛量が多くても大丈夫!“前髪パッツン系ボブ”でカジュアルかわいく♪

おしゃれ感のある“切りっぱなし”のカットライン

おしゃれ感のある“切りっぱなし”のカットライン
【How to“ヘアスタイル”】
あえてバサッと見えるように、毛先のランダムのカットラインをそのまま生かしたスタイル。毛先がまとまるようなグラデーションカットや毛量調整をしていないので、重さが残り、カジュアルな雰囲気が作れる。オイルやジェル、バームを使ったウエットスタイリングとの相性が抜群!

知ってる?“切りっぱなし”に“ボタニカル”…2018ヘアトレンドワード6つ

短め前髪×レイヤーボブ

短め前髪×レイヤーボブ
【ポイント】
ポイントは顔周りの軽さと前髪。ありがちな外ハネボブといえば裾に厚みがある切りっぱなし風だが、差をつけるなら顔周りにレイヤーを入れる。大人になるほど眉上の短め前髪は敬遠しがち。思い切ってカットするとそれだけでおしゃれな印象に。

【How to“ベース&カラー”】
肩上でカットし、サイドのハチ上からバックにかけてレイヤーを入れる。顔周りも頬ラインからしっかりレイヤーを。裾には入れず重たさを残すのが、今っぽいレイヤースタイルの鉄則。前髪は眉上で薄めにカットしてから、パッツンにならないように隙間を作るセニングカットで毛量調整をする。カラーはしっとりツヤの出る7トーンのピンクバイオレット。アッシュなど寒色にせず暖色にすることで、カジュアルなボブでも落ち着いた印象に。

短め前髪×レイヤーボブ
【How to“スタイリング”】
濡れた状態の短め前髪はすぐ乾きやすく根元が立ちやすいので、自然なクセがつく前に、ドライヤーで根元をつぶすようにしっかり乾かす。28㎜のアイロンで、裾の毛束を少量ずつ取りなら外ハネに。さらにレイヤーを入れたサイドやバック表面の毛束を真上に引き上げ外ハネをプラス。毛先がパサついて見えないよう毛先にバームをもみ込み、前髪の毛先にも少量もみ込んで。前髪を目の粗いコームでとかすし程よい隙間を作れば完成。

流行の外ハネボブは“短め前髪×レイヤーボブ”で、パッと見おしゃれ美人にブラッシュアップ!

下ろしただけのロングヘアのポイントに!

くせ毛風カール×パッツン前髪 でモードに

くせ毛風カール×パッツン前髪 でモードに

くせ毛風カール×パッツン前髪 でモードに
【How to“ヘアスタイル”】
ストレート部分と巻き部分をナチュラルにつなげるために、縦にゆるめに巻くのがポイント。

くせ毛風カール×パッツン前髪 でモードな表情

黒髪にも合うハンサムロング

黒髪にも合うハンサムロング

黒髪にも合うハンサムロング
【How to“ヘアスタイル”】
人とは 少しだけ違う雰囲気が生まれます。柔らかく繊細なウエーブが女性らしさを引き立てるので、前髪が短めでも個性的な印象になりすぎません。

ハンサムな女らしさが印象に残るフレンチスタイル

ストレートと相性抜群のオン眉

ストレートと相性抜群のオン眉

ストレートと相性抜群のオン眉
【How to“ヘアスタイル”】
シースルーバングとは打って変わり、厚みのあるザクザクバングが新鮮。左右どちらかがナチュラルに眉上になるようカットした後、ドライの状態で内側からのスライドカットで束感を出やすくします。

ナチュラルストレート×ザクッとバングの曖昧バランスが魅力

さらにおしゃれ度上がるアシメスタイル

チャーミングなミディアムヘア

チャーミングなミディアムヘア

チャーミングなミディアムヘア
【How to“ヘアスタイル”】
前髪のいちばん短い所を眉上2cmに設定したら、毛先を間引くようにアシメトリーにカット。逆サイドは耳につなぐようなめらかにカットすると、耳にかけてもキレイなシルエットに。全体は、肩に触れて動きが出やすい鎖骨下2cmのワンレンベース。

ミディアムなら、毛先に大きめワンカールが大人っぽくハマる

大人かわいい短め流し前髪

大人かわいい短め流し前髪

大人かわいい短め流し前髪

大人かわいい短め流し前髪
【How to“スタイリング”】
1.前髪の浮きを抑えて、ペッタリさせるのがポイント。水スプレーを使って前髪を根元からしっかりぬらした後、ブラシでやや斜めに毛流れを作りながら押さえつけ、上からドライヤーを当ててしっかり乾かして。

大人かわいい短め流し前髪
2.ギザギザとした存在感のある毛束が作れる、やや固めのファイバーワックスを用意。親指と人さし指になじませたら、毛束をラフにつまんで中間から毛先につける。斜め下へ軽く引っ張りながらつけ、ボリュームも抑えて。

短め流し前髪で大人かわいいピュアガール

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事