ヘアアレンジ・髪型
2018.6.27

毛量が多くても大丈夫!“前髪パッツン系ボブ”でカジュアルかわいく♪

前髪ありのパッツン系ボブはおしゃれだけど、個性的に見える不安あり。また毛量が多い人はボリュームが出過ぎて、なおさら野暮ったく見える印象も…。でも大丈夫、ハネない長さ&内側を短く毛量調整したカットならボリュームが出過ぎず、ストンと落ちたカジュアルかわいいボブに仕上がります。また前髪の幅を広めにとったワイドバングなら今っぽさがプラスされ、グッとこなれた印象に。毛量が多くてボブを諦めていた人こそ、計算づくなこのボブをぜひ試してみて。

毛先が内巻きなので清楚さもきちんとKeep

s_%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9c%e3%83%96%e2%91%a0

【How to“ベース&カラー”】

前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がります。裾はハネないように、肩につかない長さでカット。まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつけます。カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラスされます。

s_%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9c%e3%83%96%e2%91%a1

【How to“スタイリング”】

ストレートにブローした後、32㎜のアイロンで毛先をサラッと内巻きに。しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽいです。巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がります。内巻きの清楚さとベージュカラーで、かわいらしさも手に入るのがこのボブの優秀ポイント。また顔周りの毛束がストンと落ちているので、エラが気になる人にもおすすめです。

 

s_evoke-tokyo%e5%86%85%e8%a6%b3%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2
サロン名:EVOKE TOKYO(イヴォークトーキョー)
担当サロンページはこちらから
EVOKE TOKYO(イヴォークトーキョー)

 

ヘアスタイリスト/松島春樹(EVOKE TOKYO) モデル/クロエ 文/上村ゆう子

 

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事