ヘアスタイル・髪型
2020.1.25

ワンカールパーマで作れるスタイリングも簡単なかわいい髪型で朝も時短に♪

毛先にワンカールパーマをかけるだけで、忙しい朝でも簡単に可愛いヘアスタイルが決まります♪ アイロンやカーラーでもできるけどパーマをかければスタイリング要らずで毎朝楽々♪そんな優秀で大人かわいいヘアスタイルをショート、ボブ、ミディアム、ロングの長さ長さ別でご紹介します。ぜひチャレンジしてみてください。

【目次】
軽やかなふんわりショートヘアが作れる
ショートボブ&ボブのスタイリングも楽に
ミディアム×ワンカールで小顔見え
どんな髪質もきれいにまとまるロングヘア

軽やかなふんわりショートヘアが作れる

ワンカールの柔らかパーマでふわふわショート

ワンカールの柔らかパーマでふわふわショート

\ヘアスタイルのポイント/
ハンサムショートヘアは、根元ふんわりの長めバングで女度アップ!ツヤ感とウェットな質感でちょっぴりセクシーな、最旬ハンサムショート。重めのグラデーションがベースとなっているので、ショートでもカジュアルになり過ぎず、スタイリッシュなシャレ感のあるスタイルになっています。また、スタイルのポイントはスタイリング剤をクシュっとつけるだけの手軽さで、自宅での再現性にもあり!さらに、顔まわりに入れた“隠しレイヤー”が、フェイスラインをキレイに見せ、小顔効果も望めます。直毛さんやアイロンが取れやすい人などはパーマをかけても。根元のふんわり感が女性らしさをプラスするショートスタイル。トレンドのオレンジベージュのカラーとの相性がよく、どんな髪質や顔型でもマッチするので、ショートにしたいならサロンの予約を急いで。時短を叶えるニュアンスパーマで、すっきりコンパクトシルエットに決まる!

\How to ベース&カラー/
カットのベースは前下がりのグラデーションに。トップにはレイヤーを入れて動きが出るようにします。前髪はアゴのシャープなラインを強調するように、ほおの高い位置で長さを設定。顔まわりには隠しレイヤーを入れて、顔のラインがキレイに見えるデザインに。カラーリングは旬なオレンジベージュに染めます。派手に見えがちのオレンジ系でも、品があり柔らかいイメージの色味です。

ワンカールの柔らかパーマでふわふわショート

\How to スタイリング/
アイロンが取れやすかったり、アイロン仕上げが苦手なら、20mmのロッドでワンカールの柔らかパーマがおすすめです。ノンパーマなら32mmのアイロンでさっと内巻きカールに。顔まわりの髪を外ハネにすることで、動きと抜け感を演出します。最後に、軽い質感のヘアオイルを毛先にクシュクシュっと揉み込んだらフィニッシュ。ツヤ感と濡れ感のある質感に仕上げて今どきの表情に。

ハンサムショートヘアは、根元ふんわりの長めバングで女度アップ!

毛先のゆるカールでラフな大人のショート

毛先のゆるカールでラフな大人のショート

\ヘアスタイルのポイント/
大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!透明感のあるカラーで、スタイリングも手軽に決まる。やわらかい印象のナチュラルショート。ニュアンスパーマをかけて毛先に動きがプラスされ、ふんわりとした仕上がりになっています。作り込みすぎていないラフ感が絶妙でシャレ感もアップ。やさしい空気感が漂うこちらのスタイルは、厚すぎず、薄すぎない前髪もポイントです。前髪とサイドバングをマッシュで繋ぎ丸みのあるラインに。さらに、チラッと見えるおでこのすき間が抜け感を演出してくれます。スタイリング剤を揉み込むだけの簡単ヘア。パーマの動きがあるので、ダークなヘアカラーでも軽いイメージに。カラーリングの制限があってもおしゃれを楽しみたい!そんなあなたにもオススメなデザインです。

\How to ベース&カラー/
ベースは前下がりのショートボブにカット。顔まわりトップには軽さが出るようにレイヤーを入れます。前髪は目の上ギリギリの長さで切り、サンドバングとマッシュラインで繋げて丸みのあるスタイルに。量感を調整して、重すぎない印象としています。カラーは6レベルのアッシュグレーに。ダークカラーでありながら、透明感があり重さを感じさせず、屋外で太陽の光に当たった時には透けたように見える色味です。

毛先のゆるカールでラフな大人のショート

\How to スタイリング/
23〜25mmのロッドを使い、襟足以外に毛先ワンカールのパーマをかけます。スタイリングは、キレイにまとめようとせずに、ドライヤーでざっと乾かすだけでOK。乾いたらミルクやバターなどウェットな質感に仕上がるスタイリング剤を全体的に揉み込み、毛束感を整えたら完成です。

大人のゆるかわショートヘアは、ニュアンスパーマのラフさが鍵!

ショートボブ&ボブのスタイリングも楽に

後ろ向きの顔周りワンカールで作る美人ボブ

後ろ向きの顔周りワンカールで作る美人ボブ

\ヘアスタイルのポイント/
ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵。大人の品格が違う!シースルーバングのキレイめボブ。リップラインの前髪で女性らしいシルエットのショートボブ。大人かわいい雰囲気で、前髪とサイドをほんのり繋げてはいるものの、前髪として独立させているので長めでも重すぎない印象となっています。また、耳に掛ける時のポイントは、全掛けするのではなく、薄めにルーズな毛束を残すこと。S字カールに落ちる毛束が、シャレ感をプラスしながら、顔の輪郭と重なることで小顔効果を発揮。大きめのアクセサリーも映えること間違いなしです。グラデーションとレイヤーを絶妙にミックスし、後頭部ふんわりの美シルエットなボブ。スタイリングは、アイロンのワンカールのみの簡単ヘアです!アイロン使いが苦手な人はパーマをかけても◎。

\How to ベース&カラー/
ベースは肩につかない長さで、やや前下がりのグラデーションにカット。美しいシルエットとなるよう表面にレイヤーを入れます。前髪はリップラインで、薄めにカットします。もみあげ部分は、耳にかけた時にボテっとしないように毛量調整をします。カラーは、寒色でありながら暖かみのある10レベルのラベンダーアッシュに。赤みを抑えてツヤ感があり、おすすめのカラーです。

後ろ向きの顔周りワンカールで作る美人ボブ

\How to スタイリング/
髪を乾かしたら、32mmのアイロンで内巻きにします。トップの髪は巻くパネルを上に引き出すとふんわりとした仕上りになります。前髪も上に持ち上げて、後ろに流れるように毛先をワンカール。スタイリング剤は、髪の動きが出にくい人はシアバターを、硬毛の人はオイルクリームを選んで。どちらの場合も、スタイリング剤を手の平で馴染ませ、指の間にもつけてから、髪の内側から手ぐしを通すように塗布をしたら完成です。

ふんわりショートボブヘアは、ルーズに耳にかけたシャレ感のある長め前髪が鍵

大きめカールがかわいいショートボブ

大きめカールがかわいいショートボブ

\ヘアスタイルのポイント/
シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!前髪がアクセントになって、大人カワイイ!スタイリング次第で、2WAYを楽しめます。定番のショートボブは、男女を問わず高感度の高いヘアスタイルですが、人と差をつけておしゃれ度をアップしたいならシースルーバングが断然おすすめ!大人世代でも、チャレンジしやすく、さりげなく今っぽさを取り入れられます。おでこが透けるシースルーバングは、顔の型を縦長に見せて丸顔を補正する効果もあり。また、前髪アリなのに、長さを残しているため子供っぽくならずに上品な印象に。オフィス仕様ではワンレングボブでキチッとスタイルに、オフの日にはアイロンで巻いてからウェットに仕上げることで、イメージをガラリと変えることができるスタイルです。ナチュラルで幅広い年齢層にマッチするショートボブ。特に、髪質が柔らかい人にオススメのデザインですが、硬毛さんは、大きめロッドでワンカールのパーマをかければ、抜群に扱いやすくなります。

\How to ベース&カラー/
ベースはアゴラインの長さで、やや前下がりのワンレングスボブでカット。表面に入れたレイヤーが、毛先に動きをつけてくれます。前髪は横幅を狭くし、巻いた時に目にかかる長さを計算してカットします。横幅を狭くすることで、分け目を変えれば“かきあげ前髪”も楽しめます。カラーは、アッシュ寄りのベージュ。暗めの7レベルでも、透明感のあるカラーなので、重たさを感じず抜けのある印象に。

大きめカールがかわいいショートボブ

\How to スタイリング/
髪をドライしたら、26mmのアイロンで内巻きワンカール。表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカールさせると立体感のあるスタイルになります。最後に、ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐすようにスタイリングします。ウェットな質感と前髪にもしっかりスタイリング剤を付けるのがデザインのカギです。

シースルーバングのショートボブは大人でもトライしやすい!輪郭補正で、丸顔が気になる人にも!

計算的大人ボブ

計算的大人ボブ
\ヘアスタイルのポイント/
キメ過ぎないラフなボブはサングラスとも相性抜群!「ボブにしたいけれどきっと似合わない…」という人の多くは、顔型を気にしている傾向あり。特に丸顔さんはボブにすると幼く見えると避けがちに。そんな丸顔&幼顔でも、表面の立体感を意識したカットとスタイリングで大人っぽいボブを作ることができます。丸顔&幼顔は「前髪なし×立体感」で作る“計算的大人ボブ”がおすすめ!前髪を作らないことも大人顔に見せるポイント。また輪郭をカバーするサングラスを味方につけても◎。あの手この手で大人っぽく見せる、計算づくなボブです。

\How to ベース&カラー/
表面にスライドカットでところどころ短い毛束を作った、あごラインのワンレンベース。丸顔の重心を下げて見せたいので裾を26㎜のアイロンでワンカールの内巻きに。さらにハチ上の表面の毛束をリバースカールにし、トップ付近にもボリュームを。表面に短い毛束があるのでふわっとした立体感が出ます。この裾とトップのボリューム感が丸顔をカバーするカギに。カラーは10トーンのアッシュ系になじみのいい細かいハイライトをon。ハイライトで表面の立体感が際立ち、こなれ感と軽やかさがプラスされます。またヌケ感のあるカラーにすることでより大人っぽい印象にも。

計算的大人ボブ

\How to スタイリング/
乾かすとき、トップの根元を左右に搔き上げながら乾かすと自然な立体感が出て◎。乾かす前には裾にオイルを揉み込んで保湿することも大切です。ベースのケアをきちんとした上で、ややパサッと仕上がるパウダー系のスプレーワックスで毛先を動かしましょう。きれいにまとめ過ぎないラフなボブは大人の余裕を演出します。またこのボブはサングラスやハットなど小物とも相性抜群。顔型をカバーするだけでなく雰囲気チェンジにも一役買います。ベースが上品な内巻きなので、どんなアイテムを合わせてもクドくならずおすすめです!

丸顔&幼顔は「前髪なし×立体感」で作る“計算的大人ボブ”がおすすめ!

前髪パッツンでガーリッシュに

おしゃれな個性も忘れないぱっつん系ガーリーヘア

\ヘアスタイルのポイント/
前髪ありのパッツン系ボブはおしゃれだけど、個性的に見える不安あり。また毛量が多い人はボリュームが出過ぎて、なおさら野暮ったく見える印象も…。でも大丈夫、ハネない長さ&内側を短く毛量調整したカットならボリュームが出過ぎず、ストンと落ちたカジュアルかわいいボブに仕上がります。また前髪の幅を広めにとったワイドバングなら今っぽさがプラスされ、グッとこなれた印象に。毛量が多くてボブを諦めていた人こそ、計算づくなこのボブをぜひ試してみて。

\How to ベース&カラー/
毛先が内巻きなので清楚さもきちんとKeep。前髪は眉毛がギリギリ隠れるくらいの長さで、横幅が広めのワイドバングにカット。ワイドバングにすることでパッツン系ボブが今っぽく仕上がります。裾はハネないように、肩につかない長さでカット。まとまりやすくするため内側は短めにカットし、表面は束感が出るストロークカットで動きをつけます。カラーは透明感のある10トーンのフォギーベージュ。室内だと落ち着いて見えますが、光に当たると透けて見えて明るい印象に。ベージュの柔らかさでかわいらしさもプラスされます。

おしゃれな個性も忘れないぱっつん系ガーリーヘア

\How to スタイリング/
ストレートにブローした後、32㎜のアイロンで毛先をサラッと内巻きに。しっかりカールをつけるよりも、軽く動きをつける程度が今っぽいです。巻いた毛先にセミウエットに仕上がるヘアクリームを軽くもみ込み、ふわっとした束感を。前髪の毛先にも少し隙間ができるように束感を作ると、個性的に見えず程よくカジュアルに仕上がります。内巻きの清楚さとベージュカラーで、かわいらしさも手に入るのがこのボブの優秀ポイント。また顔周りの毛束がストンと落ちているので、エラが気になる人にもおすすめです。

毛量が多くても大丈夫!“前髪パッツン系ボブ”でカジュアルかわいく♪

毛先と表面のカールで作るひし形シルエット

耳に流したサイドバングがキュート
\ヘアスタイルのポイント/
髪型次第で小顔に見せることができるのは、おしゃれ女子ならもはや常識。その王道といえば、ひし形シルエット。耳横ふんわり&首元がくびれたようなひし形の髪型にすると、顔がキュッと小顔に見えると言われています。でもちょっと待って。本当に小顔に見せるには、シルエットがひし形でいいのでしょうか? シルエットじゃなくて、他の部分がひし形の方が小顔に見えるのでは…?そんな疑問を持って気付いたのが、シルエットではなく、輪郭そのものがひし形になるように顔周りの毛束を整えること。重要なのは前髪横のこめかみに落ちる毛束で、これをサイドバングと呼びます。サイドバングを耳付近に向かって流すと、正面から見たとき、眉尻から頬に沿って斜めのラインができます。さらに頬からあごにかけて髪が顔にかからないようにすると、自然と輪郭がひし形に。こめかみに落ちるサイドバングを耳に向かって流すと、輪郭がひし形に見えて小顔に!輪郭がひし形になることで、必然的に顔の面積が小さく見えます。丸顔カバーにも◎。このサイドバング流しにシルエットもひし形になるようなレイヤーボブを合わせれば、小顔効果は最強! 絶対に小顔になりたい人は必読のスタイルです。

\How to ベース&カラー/
あご下5㎝の前下がりワンレンボブ。こめかみに落ちるサイドバングの毛束を頬にかかる長さでカットします。正面から見たとき毛先に動きが出るよう顔周りに軽くレイヤーを入れます。バックは重たく見えないよう、ジグザグにはさみを入れるチョップカットで軽さをプラス。前髪は目の上ギリギリで薄めにカット。おでこを隠すことで小顔効果をUPさせつつ、薄めに作っているので幼く見えません。カラーは6トーンのダークグレージュ。光に透ける寒色系なので、暗めでも重たく見えずあか抜けた印象に。

耳に流したサイドバングがキュート
\How to スタイリング/
乾かすとき、全体の毛束を後ろに流しながら乾かして。前に引き出して乾かすとレイヤーの毛束が顔周りを包み、輪郭がひし形になりにくいです。また後頭部に厚みができハチが張って見えてしまうキケンもあり。顔周り、耳前サイド、耳後ろ、後頭部とざっくり毛束を取り、それぞれ32㎜のアイロンで毛先を内巻きにワンカール。さらに表面の毛束だけ引き上げ、同じく内巻きワンカールをプラス。耳上にふわっとした毛束を作りシルエットもひし形に近づけます。前髪は黒目と黒目の間の毛束だけ軽く内巻きに。ヘアバターをなじませながらカールを崩し、毛先を内、外とランダムに動かします。サイドバングをサイドに流し、正面から見たとき輪郭がひし形になるように整えれば完成です。顔周りの毛束の整え方で、簡単に小顔が手に入るサイドバング流し。どんな髪型にも応用できるから、ぜひ覚えて小顔ヘアを楽しみましょう!

小顔効果抜群!輪郭をひし形に見せる“サイドバング流し”って知っている?

思い切りのいいかきあげカールスタイルでイイ女

面長コンプレックスを魅力に変える潔いデコ出し三角形ボブ

\ヘアスタイルのポイント/
 デジタルパーマで作るのでスタイリングは簡単!髪型で考えるイイ女の代名詞は、前髪なしの搔き上げスタイル。憧れるとはいえ、面長がコンプレックスの人はおでこを出すことに抵抗があることも。そんな人におすすめしたいのが、こちらのサイドにボリュームを出した三角形のボブ。顔の中心付近で裾が横に広がっているので、顔全体が丸く見えて面長が気になりません。また耳を見せるのも輪郭を丸く見せるポイントです。裾の位置がボブにしては高めですが、ボリュームがあるのでボーイッシュにならず、むしろ女っぽさを演出します。今まで面長だからとおでこを隠していた人でも、このスタイルなら自信を持っておでこを出してOK。ラフな毛先は搔き上げとの相性抜群。

\How to ベース&カラー/
前髪を6:4で分けます。裾はあごラインのやや前下がりのワンレンベース。顔周りの毛束をリップラインでカットしサイドと差をつけ、毛先の動きを見えやすくします。表面にグラデーションカットを入れ、三角形の角を取って柔らかい印象に。全体の毛先に22㎜のロッドでワンカールのデジタルパーマをon。デジタルパーマはアイロンで巻いたようなくりっとしたカールがつきやすく、忙しい朝でもしっかりボリュームを出すことができます。カラーは9トーンのシナモンベージュに透け感のあるブルーアッシュをMIX。落ち着いた中にも柔らかさと透明感のあるこなれカラーです。

面長コンプレックスを魅力に変える潔いデコ出し三角形ボブ

\How to スタイリング/
乾かすとき、まず分け目と反対側に髪を流しながら乾かし、7割乾いたら分け目に戻して乾かすと前髪が立ち上がりやすくなります。さらに前髪の根元を立ち上げなら、温風と冷風を繰り返しあてると◎。裾は毛束を耳前、耳後ろ〜後頭部のセンターに左右それぞれ分け、ねじりながら乾かすとデジタルパーマが復活します。ヘアバームを毛先にもみ込み、ふわっとした立体感を出せば完成です。デジタルパーマは乾燥しやすいので、必ずバームやオイルなど油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使ってホームケアすることが、長持ちをさせる秘訣です。おでこを出すと大人っぽく見えるだけでなく、自信のあるイイ女に見せる効果もあり。スタリングに時間がかからないラフなパーマスタイルなので、バリバリと働く女性にもおすすめです!

面長カバー! サイドボリュームで叶えるイイ女系“トライアングルボブ”

ミディアム×ワンカールで小顔見え

前髪なしの大ぶりの内巻きワンカールで大人ミディ

前髪なしの大ぶりの内巻きワンカールで大人ミディ

\ヘアスタイルのポイント/
前髪なし×レイヤーの“ワンカールミディ”で抜け感ある大人女子を目指して!内巻きに入る大きめのカールが、エレガントな大人っぽさも演出。ラフな大人女子を目指したい人におすすめしたい、ワンカールミディ。ワンカールというと古くなりそうですが、こちらは今っぽく抜け感がありおしゃれです。ポイントは、まず前髪を伸ばしておでこを見せること。幼くなりがちなスタイルですが、前髪を作らずさらに片サイドだけ耳掛けするとグッと大人っぽくなります。次に表面と顔周りにレイヤーをいれること。これによりカールに段が出て重たくならず軽やかに。カールは大きめに作ることも重要で、ふんわりエレガントな印象を与えます。柔らかさの出るカラーを選ぶとより抜け感が出て◎。スタイリングも簡単な大人のワンカールミディ。軽やかなスタイルで、ヘアチェンジしたい人にもおすすめです!

\How to ベース&カラー/
鎖骨ラインでカットした前上がりレイヤーベース。レイヤーは表面と顔周りに入れます。高い位置から入れるとカジュアルになり過ぎるので、低めに入れて裾に重たさを残すのが大人っぽく見せるポイントです。前髪はあごラインでカットし、自然とサイドへ繋げて。カラーは9トーンのシナモンベージュ。赤みを抑えながら柔らかさを出す色で、抜け感のある軽やかなカールに見せます。

前髪なしの大ぶりの内巻きワンカールで大人ミディ

\How to スタイリング/
ペタッとしないように、全体の根元を立ち上げながら乾かします。トップは分け目を作らないように左右に寄せながら乾かし、最後に6:4に分けるとふんわりします。3mmの太めのアイロンで、毛束を持ち上げながら裾をワンカール内巻きに。軽くなじみつつ程よく束感の出るミルクワックスをもみ込み、片サイドだけ耳掛けを。表面をふんわりするように整えたら完成です。アイロンが苦手な人はパーマをかけてもOK。結んだりとアレンジのきく長さなので、大人女子を目指す人だけでなく、おしゃれの幅を楽しみたい人もぜひtryを!

前髪なし×レイヤーの“ワンカールミディ”で抜け感ある大人女子を目指して!

くるんと感が王道かわいい内巻きミディ

くるんと感が王道かわいい内巻きミディ

\ヘアスタイルのポイント/
いつだって好感度の高いふんわりしたミディスタイル。顔の印象を若々しく見せる効果もある、ふんわりとした“ひし形シルエット”。最近では外ハネやくびれヘアが流行っていますが、愛され系の大人可愛いを狙うなら、断然内巻きがおすすめです。ただ、幼く見える台形のミディではなく、レイヤーを入れてひし形シルエットに仕上げた内巻きが今っぽくて◎。耳上あたりにボリュームがあり、首元にいくほどタイトになるひし形シルエットは、自然と顔を柔らかく見せ、さらに小顔効果もあります。また裾が内巻きだと女性らしい印象に。可愛らしさをプラスするなら、前髪も絶対に必要です。特に面長の人はクールに見られやすいので、前髪を作って顔の縦の面積を少なくし、丸顔に寄せると可愛らしさがグンとUPします。カッコ良さやこなれ感もいいけれど、甘めのスタイルが恋しくなる人も多いはず。可愛いけれど頑張り過ぎていない、前髪ありのひし形ミディで可愛いを独り占めしちゃいましょう!

\How to ベース&カラー/
鎖骨丈でカット。ひし形シルエットになるように、あご下からレイヤーを入れます。前髪は眉下でカットし、こめかみ上に落ちるサイドバングは頬骨からリップラインでカット。前髪とサイドバングを自然に繋げると小顔に見えます。カラーは柔らかな9トーンのアッシュブラウン。好感度の高い上品ブラウンですが、透明感があり軽やかな印象になります。

くるんと感が王道かわいい内巻きミディ

\How to スタイリング/
前髪は乾きやすいので、クセがつく前に最初に乾かして。トップは左右に振りながら乾かすと、パカっと割れずにふんわり仕上がります。サイドにクセが出ないよう全体は前にもってきながら乾かして。乾かしながら毛先をブラシで軽く内巻きに整えておくと、後のスタイリングが楽になります。32㎜のアイロンで、毛先を内巻きにワンカール。しっかり巻かず、軽く滑らせて毛先が内に向いている程度がおしゃれです。アイロンが苦手でしたら、内巻きワンカールのパーマをかけてもOK。前髪の毛先にも軽くワンカール巻くと、顔の印象がよりかわいらしくなります。柔らかいワックスを全体にもみ込み、軽く耳掛けをして耳上の毛束をふわっとさせれば完成です。レイヤーが入っているのでまとまりやすく、スタイリングが簡単なのも嬉しいスタイル。顔がクールに見えがちな面長の人や、とにかくかわいいを狙い人はぜひTRYを!

面長カバーの“前髪×ひし形内巻きミディ”は大人可愛い印象が手に入る最強ヘア!

ふんわりフォルムでダークカラーも重くない

ふんわりフォルムでダークカラーも重くない

\ヘアスタイルのポイント/
ふわっとしたバルーンシルエットがモテのカギに♪婚活ブームが落ち着いて、自分らしいスタイルを確立する時代に突入!…とはいえ、メンズウケするモテ髪を知っておいて損はナシ。そこでご紹介したいのがこちらのミディ。ふんわり丸いシルエット、長過ぎず短過ぎない女性らしいレングス、清楚な落ち着きカラー、そしていつの時代だってメンズが好きな王道内巻きストレート。どんなにこなれた女が好きだというオシャレ男子でも、この髪型を嫌いな人はいないはず。さらにモテ髪の秘密は前髪にもアリ。おでこを隠す前髪を作ると顔が幼く見え、かわいらしい印象を与えます。もしも婚活や合コンの予定があってモテを狙っているのなら、このスタイルをしっかりCheckすることをおすすめします!

\How to ベース&カラー/
サイドは鎖骨にかかる長さで前上がりにカット。バックは立体感が出るように段差を入れます。前髪は毛先が流れるように少し隙間を作りながら目の上でカット。こめかみに落ちる毛束をやや長めにすることで顔効果を狙えます。ふわっとしたバルーンシルエットを作りやすくするためトップや表面、顔周りにはレイヤーを。カラーは透明感のあるカラー剤の“イルミナカラー”の7トーンのオーシャンサファリ。赤みを消すブルー配合で、落ち着きつつも重たくないブラウンカラーに仕上がります。

ふんわりフォルムでダークカラーも重くない

\How to スタイリング/
太めのアイロンで全体の毛先を内巻きワンカールに。しっかり巻かず軽く滑らせる程度でokです。前髪も毛先が内巻きになるように軽く滑らせます。ソフトワックスを手のひらでしっかり伸ばしてから、全体の毛束の中間から毛先に揉み込んでふわっとした立体感を作ります。片側だけ、こめかみに落ちる毛束を残して耳掛けを。耳掛け&表面のふわっと浮いた毛束でバルーンシルエットが完成します。清楚さが際立つ髪型なのでモテはもちろん誰からも愛されること間違いなし。スタイリングも簡単で、手っ取り早く好感度を狙いたいときにも◎です!

モテ髪ってこーゆーこと! 内巻きストレートの清楚系“バルーンミディ”

毛先のカールで軽さを出したAラインボブ

【11トーン】赤みを抑えた上品明るめヘア

\ヘアスタイルのポイント/
一般的に、重たさのあるAラインの髪型は上品な印象を与えがち。それと同時にちょっと古い印象になることも…。今どき上品ヘアを求めるなら、Aラインでも重たく見せないテクニックが必要です。そこでおすすめしたいのがこちらのボブ。裾はレイヤーがなく、ボブにしてはちょっと長めのあご下ライン。前髪は下ろすと目にかかる長さです。一見重たく見えそうですが、シルエットは軽い印象。その秘密は、裾に内側が軽くなるグラデーションカットを入れ、表面に束感を作りやすくしていること。表面の長めのふわっとした毛束で軽さを演出。表面をワンカール巻くとふわっとした毛束になり、重たいはずの裾でもAラインのまま軽いシルエットに見えます。また前髪はカールで眉上に見せているので、トレンド感がありつつ毛先が流れて上品な印象に。これらの計算により、長めのボブだけど重たく見せない“重軽Aライン”が仕上がります!

\How to ベース&カラー/
あご下でカットしたワンレンベース。表面に束感が出やすくするよう毛先にグラデーションカットを。シルエットに丸みがつきやすくなるので、柔らかく見せる効果もあります。前髪は目にかかる長さにカットし、毛先を流しやすくするために毛量調整を。カラーは11トーンのアッシュベージュ。透け感のあるほんのり明るめカラーで、軽く見せつつ赤みを抑えて上品さをKeepします。

【11トーン】赤みを抑えた上品明るめヘア

\How to スタイリング/
頭皮を指でこするようにしながらドライすると、根元がふわっと立ち上がります。スタイリングの始めに、前髪の表面と内側の毛を2段に分け、それぞれ細めのカーラーで毛先を1回転巻いておきます。26㎜のアイロンで裾の毛先を内巻きにワンカール。巻いた毛先に動きが出るよう、内・外ランダムに散らして。さらに表面の毛束の中間から毛先に向かってアイロンを滑らせ、ふわっとした束感を作ります。全体の毛束の内側からスプレーワックスを吹きかけ、軽くもみ込んで自然なふんわり感を。前髪のカーラーを外し、スプレーワックスを吹きかけた指先で毛先をサイドに流せば完成です。前髪はアイロンよりカーラーの方がクセがつきにくくと、自然に流れに。カールがつきにくい人は、カーラーの上からドライヤーの温風と冷風を交互にあてると◎。表面の軽やかさや眉上で流れる前髪で、クラシカルでもトレンド感のあるAラインボブに。上品に見せたいけど野暮ったくなりたくないという人に、ぜひおすすめしたいスタイルです。

長めのボブだけど重たく見えない!今どき上品ヘアは“重軽Aライン”

ゆるナチュラルなカールで自然体の美しさ

内巻きのふんわり感と透け感で印象美人を作る

\ヘアスタイルのポイント/
大ブームだった外ハネが落ち着いて、次の一手となる髪型を探している人は多いんです。そこでおすすめしたいのが、内巻きボブ。一歩間違えると幼い&野暮ったく見えがちですが、ポイントを抑えれば今っぽくおしゃれなスタイルに。こだわるべきは、ズバリ耳前の毛束。耳掛けをし、あえて後れ毛のように耳前に毛束を落とし、その根元をふわっと立ち上げます。これがあるだけで顔周りにヌケ感が出てこなれた印象に。さらに長め前髪にして縦のラインを作る、透け感のあるカラーにする、バームでセミウエットな質感を作る、などをプラスすると大人っぽく仕上がります。カジュアルな外ハネが流行ったからこそ、女性らしい内巻きが逆に新鮮。耳前の毛束の根元をふわっと立ち上げると、顔周りに抜け感が出ておしゃれ!周りが始める前にTRYすることをおすすめします!

\How to ベース&カラー/
肩上でカットしたボブベース。毛先が自然と内巻きになるイングラデーションカットで、丸いシルエットを作ります。前髪は鼻上で長めにカットしサイドに流して。カラーは9トーンのラベンダーアッシュ。ボブはこっくりした重たいカラーだと幼く見えがちに。ラベンダーは透け感と柔らかさ、ツヤ感が出るカラーなので重たく見えません。またアッシュが入っていることでおしゃれな印象に。黄みも抑えるので上品な発色をKEEPします。

内巻きのふんわり感と透け感で印象美人を作る

\How to スタイリング/
乾かすとき前髪を含め分け目と反対側に髪を寄せ、温風で乾かした後に冷風をあてます。それから分け目に戻すと前髪が自然に立ち上がりトップもふんわり。32㎜のアイロンで毛先を内側にワンカールします。さらに表面の毛束を持ち上げながらワンカールをプラス。セミウエットな質感になるバームタイプのワックスを全体になじませます。このとき耳前の毛束の根元と、前髪の根元にもしっかりなじませると、髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。片側だけ、耳前の毛束を少し残して耳掛けをします。耳前の毛束がふわっとするよう根元を立ち上げ、前髪の根元、サイドもふわっとするように整えたら完成です。甘くなりがちな内巻きボブですが、耳前の毛束でヌケ感を作り、さらに前髪やカラーで大人っぽく仕上げるのが今どきに見せるコツ。

“内巻きボブ”を今っぽおしゃれに作るカギは、耳前のふわっと毛束にあり!

猫っ毛を活かした外カールミディ

猫っ毛さんにおすすめゆるふわミディ
\ヘアスタイルのポイント/
鎖骨にぶつかり自然なハネ感をKEEP!巻き過ぎないラフさが今っぽい♪ボリュームがなく、すぐにペタッとなる猫っ毛。ラフな空気感のゆるふわヘアに憧れるけど、コシのない猫っ毛では到底無理。作れてもすぐにボリュームダウンしちゃう…。と、嘆いている人に朗報。猫っ毛でもゆるふわヘアをKEEPできる嬉しい髪型があるんです。それを実現するのに重要なことは、髪の丈感。鎖骨にぶつかってハネるミディ丈にすることで、毛先が自然に動いてふわっとゆれて見えます。髪が長過ぎると重力でボリュームダウンするし、短過ぎるとゆれる余裕がなくペタンコに。ミディこそ、猫っ毛でもふわっとしたボリューム感をKEEPできる最適な長さなんです。また顔周りと表面にレイヤーを入れるのこともゆるふわ感を出しやすくするカギに。さらにシアバターでしっとりした束感を作ると、ゆるふわの動きに存在感が出ます。そんな計算された鎖骨でハネるミディスタイル。猫っ毛だけどボリュームがほしいという人は今すぐTRYを!

\How to ベース&カラー/
鎖骨や肩にあたってハネるように、ベースは鎖骨より2〜3㎝長めにカット。前上がりのローレイヤーベースで、毛の断面が細くならないように厚みを残してカットします。ふわっとした動きが出るよう顔周りと毛先にレイヤーを。前髪は目の上ギリギリで、隙間ができるよう薄めにカットします。こめかみ部分は長めにしてサイドとつなげ、小顔効果を狙って。カラーは9トーンのフォギーアッシュ。くすみ過ぎずツヤのあるアッシュで、肌の色や瞳をキレイに見せます。

猫っ毛さんにおすすめゆるふわミディ
\How to スタイリング/
猫っ毛の人は乾かし方が重要です。最初は分け目で分けず、前髪を含めトップの毛束を左右に寄せながら乾かして。乾いてから自然に分かれる位置を探して分け目を作ると、トップがふわっとします。32㎜のアイロンで裾を内平巻きに。このとき片側づつ、それぞれ縦に4つ分けて巻くとカールがきちんとつきます。巻くときは毛束を耳の位置まで持ち上げ、毛先から内平巻きワンカール。レイヤーが入っているのでカールがひとつにまとまらず、毛先の長さによってカールが自由に動きます。鎖骨付近で自然にハネる毛束と平巻きが重なりラフなカールに。シアバターを極少量手のひらになじませます。髪全体に、内側から手ぐしでほぐしながらシアバターをなじませしっとりした質感に仕上げつつ、ふわっとした束感を作ります。前髪の毛先にも軽くなじませ束感を。前髪に隙間を作ると顔に縦のラインができて大人っぽい印象に。

コシのない猫っ毛の憧れ“ラフなゆるふわヘア”は鎖骨でハネるミディ丈なら叶う!

どんな髪質もきれいにまとまるロングヘア

ワンカールデジパで崩れない時短ヘア

ワンカールデジパで崩れない時短ヘア

\ヘアスタイルのポイント/
「かわいい系が好きだけど、子供っぽくなるのはちょっと…」という人におすすめしたい大人かわいいスタイルがこちら。かわいいヘアの代表、内巻きカールでも、ゴロンとしない毛先のみのワンカールなので甘さ控えめです。また顔周りにレイヤーが入っているので毛先に動きが出しやすく、程よくカジュアルな印象に。幼くなりがちな前髪は、長めに作って流しているので大人っぽさ◎。セミロングの丈感は女性らしさを際立てます。“内巻き、前髪、セミロング”。どれもかわいい系の髪型を作る大切な要素ですが、絶妙なさじ加減によりただかわいいだけでなく、大人っぽい印象にも。まさに大人が求める、大人かわいいスタイルです。デジパで毛先に“内巻きワンカール”!パーマなので時間が経っても取れる心配なし。またこのカールはデジタルパーマで作っているのでスタイリングは簡単。時短で作れるスタイルなので、朝が忙しい働き女子にもおすすめです!

\How to ベース&カラー/
裾は鎖骨丈、顔周りはあごラインからレイヤーを入れ前上がりにカット。トップにも少しレイヤーを入れシルエットに丸みが出し、柔らかい印象を作ります。前髪は軽く流せるように薄めに取り、目の下5㎝くらいでカット。全体の毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをon。前髪の毛先にもパーマをかけます。マジックカーラーで巻いたような柔らかさにしたいので、ロッドは太めを選ぶことが必須です。カラーは11トーンのスモーキーベージュ。やや明るめのトーンですがくすみ感があるので軽く見えず、上品さを保ちながら華やかな印象を与えます。

ワンカールデジパで崩れない時短ヘア

\How to スタイリング/
ドライヤーでトップの根元を立ち上げるように乾かしてから、前髪を7:3に分けます。後頭部の中央で全体を左右に分け、毛束をざっくり取り内巻きにねじりながらドライ。このひと手間でカールが復活しやすくなり、持ちも良くなります。前髪も毛先をねじりながら乾かし、サイドに流して。デジタルパーマと相性の良い、水分の多いムースを全体の毛先にもみ込みカールを整えれば完成です。ワンカールの毛先は動かし方次第で内巻きにも外巻きになるので、外ハネを多く作ればよりカジュアルな仕上がりに。セミロングなので結ぶこともでき、アレンジの幅が広いところも◎。時短で大人かわいいが手に入るだけでなくアレンジも楽しめる、嬉しいが詰まったスタイルです!

“デジタルパーマ×長め前髪”は最強!セミロングの忙し女子が時短で大人かわいくなれる方法って?

レイヤーストカールならまとまりやすい

レイヤー×カールで内巻きの重なりが美しい

\ヘアスタイルのポイント/
裾に重みを残してスカスカにしないのが、ハイレイヤーを今っぽおしゃれに見せるポイント!ストレートヘアに憧れるけど、まとまらないしブローが大変そう…。という人におすすめしたい、時短でかなえるストレートをご紹介。デジタルパーマをかけているので、手ぐしで乾かすだけで簡単に内巻きワンカールのストレートに仕上がります。しかもこのスタイル、ストレートにありがちな上品だけどちょっと真面目で野暮ったい…という印象とは異なり、華やかでカジュアルに見えませんか? その秘密は、毛先の動きにあり。顔周りからあご下までしっかりレイヤーを入れているので、毛先が内巻きに連なるような動きが出てカジュアルな印象に。アラサー世代には懐かしい顔周りのレイヤーですが、今見ると逆に新鮮です。思い切ったハイレイヤーで、野暮ったくなりがちな内巻きストレートが一気にこなれ髪に。また毛先が顔周りを包み込むので小顔効果も抜群です。ちょっと周りと差がつく、今っぽおしゃれなストレート。時短でかなうのだから、憧れていた人は今すぐTRYするべきです!

\How to ベース&カラー/
胸上で前上がりにカット。顔周りはあご下までしっかりレイヤーを入れます。裾は重みを残すのが、レイヤースタイルを古く見せないポイントです。前髪は分け目が見えないように後ろからもってきて目の上ギリギリでカット。前髪を厚めに作ると顔周りが軽くても寂しい印象になりません。また額に隙間を作りヌケ感を出すと大人っぽい印象に。太めのロッドで、毛先に内巻きワンカールのデジタルパーマをかけます。前髪も毛先がサイドに流れるようにパーマをON。カラーは、人気カラー剤ブランド『イルミナカラー』の8トーンのオーシャン・ヌード。アッシュとベージュの色味で透明感とツヤ感が抜群です。

レイヤー×カールで内巻きの重なりが美しい

\How to スタイリング/
デジタルパーマがかかっているので、手ぐしを通しながら乾かすだけで内巻きワンカールができあがります。仕上げにオイルトリートメントをなじませると、サラサラしたツヤのあるストレートに。また表面の毛束をふわっとさせひし形のシルエットを作ると、かわいらしい印象になります。より大人っぽい印象にしたければ、前髪の毛先を根元からしっかりサイドに流すと◎。ストレートはツヤがあってこそシルエットの美しさ10割増。サロンの専用トリートメントを施術することもおすすめです。スタイリングが簡単で、おしゃれ度の高いハイレイヤーのストレート。周りが始める前にぜひTRYして、一歩先のおしゃれを楽しんで!

懐かしの“ハイレイヤー”が今、新鮮! デジタルパーマでかなえる「今っぽ時短ストレート」

ごくゆるワンカールでたゆたうロングヘア

ぱっつん系前髪も長めにすれば王道スタイルに
\ヘアスタイルのポイント/
ロングが好き。でも巻き髪、外ハネ、ゆるウエーブには飽きちゃった…。そんな人は、クセ毛みたいなカールの“たゆっとロング”を試してみては? たゆっとロングとは、基本はストレートだけど毛先だけど“たゆっと”ゆるくうねったようなカールのヘア。アンニュイな印象でおしゃれ度◎です! ストレートヘアの人は毛先だけワンカール巻く、クセ毛の人はクセをいかすだけでOK。でもただゆるいカールなだけで、パサつきがあればズボラ感が出てNG。ウエットな質感のスタイリング剤でしっとりさせることが今っぽく仕上げる絶対条件です。スタイリングに時間をかけない、今っぽおしゃれなたゆっとロング。

\How to ベース&カラー/
胸上でカットし、動きを出しやすくするため表面と顔周りを中心にレイヤーを。裾にはレイヤーを入れず、重たさを残すことが今っぽいロングに見せるコツです。前髪は目力を強調するため眉下ギリギリでカット。サイドにつながるこめかみ部分の前髪をやや長くすることで、パッツン系でもなじみやすくなります。カラーは赤みを消しながら柔らかい印象に見せる9トーンのフォギーベージュ。明る過ぎず、しっとりした質感とも相性抜群です。

ぱっつん系前髪も長めにすれば王道スタイルに
\How to スタイリング/
ハンドブローで整えながら乾かします。ストレートヘアの人は38㎜など太めのアイロンで毛先を軽くワンカール内巻きに。さらにトップの毛束を少量取り、根元付近を軽く巻くとクセ毛っぽい毛流れを作れます。もともとクセ毛の人はそのままでOK。オイルやシアバターなどを髪全体になじませ、しっとりした質感に仕上げます。前髪の毛先にもなじませ束感を作ると◎。顔周りの毛束を残し、軽く耳掛けをすれば完成です。スタイリング剤でカールがなじむので、キレイに巻かない方がおしゃれに仕上がるたゆっとロング。

頑張らないストレートの“たゆっとロング”がアンニュイおしゃれ!

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事