ヘアアレンジ・髪型
2020.11.25

今っぽい「ひとつ結び」はこう作る! 後れ毛、束感…シンプルなのに洗練見えするポイントとは?

冬が近づくと恋しくなる、ボリューム感あるタートルニット、ストール…すっきり見せつつこなれ感を出すには、「首周り」が大事なんです! でも、ただ髪をまとめるだけではNG。ささっと出来るのにおしゃれな「今っぽひとつ結び」をご紹介します。

今っぽい「ひとつ結び」は繊細さが大事!

\後れ毛の量感、毛束の引き出し具合が旬感のポイント/
kd_200929-0228
シンプル&簡単なひとつ結びだからこそ、細部に小技を効かせるのがしゃれ感をアップさせるコツ。今回はあえて細かく、懇切丁寧に最旬「ひとつ結び」のALLプロセスを披露!

使用アイテム

・シンプルすぎないヘアゴム
kd_200929-0824
伸縮性◎で毛量を問わずしっかり結べる。
ポニーテールチューブ15P[ニュートラル] ¥4,000(France Luxe)

・ちょい固めのクレイワックス
kd_200929-0829
毛束感やニュアンスをホールド。
中野製薬 モデニカ アート クレイ60g ¥1,800

・軽さらヘアオイル
kd_200929-0828
程よくウエットなのに極軽の仕上がり。
ルベル モイ オイル レディアプソリュート 50ml ¥2,600

BEFORE

kd_200929-0464

AFTER

kd_200929-0187

How To

【1】根元からしっかりブラッシング

kd_200929-0010

Point

全体を丁寧にブラッシングすることで、立体的な毛流れやニュアンスが出やすくなる。

【2】ヘアオイルとクレイワックスを混ぜる

kd_200929-0012

Point

オイル100円玉大に対し、ワックスは指でひとすくいが目安。

【3】髪全体にスタイリング剤をなじませてニュアンスを出す

\毛先からつける!/
kd_200929-0014

\根元から後ろへ/
kd_200929-0016

\前髪は最後!/
kd_200929-0020

Point

手ぐしでなじませて、さらっと繊細な束感に。前髪は指でつまむようにつけて。

【4】顔周りに後れ毛を作る

\1本目/
kd_200929-0023_edited

\2本目/
kd_200929-0028

\3本目/
kd_200929-0031

Point

耳の手前、こめかみの上下から一筋ずつ、ごく少量の毛束を後れ毛として取る。毛束の長さはあご下くらいまで。

【5】後頭部の髪を引き出す

\耳よりちょっと上/
kd_200929-0054

Point

後頭部の髪を、膨らませるように引き出すことで、頭のシルエットをキレイに見せる。

【6】ゴムでひとつに結ぶ

\耳の真ん中くらいの高さ/
kd_200929-0033

\ぎゅ~/
kd_200929-0035

Point

結んだ毛束の下側半分を左右に引っ張り、襟足を締めると、結んだ毛束が収まりよく整う。

【7】前髪と後れ毛にストレートアイロンを通す

\引っ張らない!/
kd_200929-0070

\スッと/
kd_200929-0058

Point

今っぽさに巻きは不要! 軽く熱を通すことで、なめらかで繊細なニュアンスに。

【8】トップやサイドの髪をつまんで凸凹にして、立体感を出す

kd_200929-0037

Point

毛束を引き出して浮かせるのではなく、軽くつまんで凸凹にするイメージが正解。

×立体感がないと…
ただの引っ詰め髪に
kd_200929-0049

○立体感があると!
頭の形がキレイに見える
kd_200929-0046

【9】ごく少量のクレイワックスをなじませて束感を出す

kd_200929-0077
\耳に少しだけ毛束をかけて/
kd_200929-0071
kd_200929-0081

Point

後れ毛や耳周り、前髪にちゃんと束感を出すと、清潔感&こなれ感がアップ!

 

 

『美的』2021年1月号掲載
撮影/岩谷優一(vale.) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/鳥山悦代(One 8 tokyo) モデル/中村里帆 構成/松村有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事