健康・ヘルスケア
2021.10.4

本格的に寒くなる前にスタートすることが肝心!血管力UP習慣で冷えない体へ

\"\"

体の血管の約90%を占める毛細血管が弱ると、血流が滞り、手や足の末端まで温かな血液が届かず、冷えを感じることに…。でも大丈夫。ちょっと生活習慣を見直せば、血管は丈夫にできます!冷えを寄せつけない体のベース作り&美肌&免疫力UPにつながる「血管にいい生活」、始めるなら今! 金沢医科大学 総合内科学 准教授の赤澤純代先生にお話を伺いました。

【冷え予備軍チェックリスト】

Check
  • 舌がピンク色をしていない
  • 舌裏の2本の静脈が黒く見える
  • 目の下にくまがくっきりある
  • 抜け毛が気になる
  • 爪が欠けやすかったり、凹凸がある
  • 肌がザラザラ、カサカサしている
  • 気がつくと猫背になっている

チェックが多い程、要注意!

02

舌も舌裏の静脈もオレンジ寄りのピンク色なら健康。舌が暗褐色や紫色なら毛細血管の流れが悪く、白ければ貧血の疑いが。舌裏の静脈が黒く浮いて見えるときは血流が滞っている可能性があり。

 

丈夫な毛細血管は手足の冷えを防ぎ健康にも美容にも好影響!

「温めても冷える」「手足がいつも冷たい」と感じるなら、それは血管力と循環が低下しているのかも…。金沢医科大学 総合内科学 准教授 赤澤純代先生によると、血管状態と体の冷えは密接に関係しているそう。

「全身の血管の約90%は毛細血管です。毛細血管は太い血管から枝分かれし、体中にびっしり張り巡らされています。そして、血液を通して体に必要な栄養素などと不要な老廃物などの交換を行う微小循環を担っています。この毛細血管が体の末端までキレイな列で伸びていれば、血液がしっかり届き、手足の指先も冷えにくいのです。同時に新陳代謝も整うので、肌は血色良く、ツヤツヤに。免疫機能も高まります。逆に血行不良だと、栄養素などは届かず、冷えたまま。肩こりや頭痛、生理痛なども現れ、風邪もひきやすくなります。肌もくすみ、目の下にくまが出て、疲れた印象を与えます」

健康も美容も血管力がカギ。血管力を高めることが指の先まで血液を届け、冷えの根本的な改善につながるのです。

血流&血管力が高まるといいことずくめ!

01

冷え症改善
肌の潤い、ツヤ、透明感UP
髪の水分、ツヤUP
抜け毛予防
肩こり解消
むくみ改善
疲れにくくなる
免疫力向上 …etc.

加齢や生活習慣の乱れなどが血管のコンディション低下を招く

「髪の毛の1/10程度の極細な毛細血管ですが、健康なら内側の内皮細胞と外側の壁細胞が密着し、中を流れる栄養素なども漏れません。ところが毛細血管や壁細胞が傷つくと栄養素などが漏れ、末端まで届かなくなります。血管自体が流れをなくし、周囲の細胞が減少していく現象、ゴースト血管化が起こります」

最近では美的世代でもゴースト血管のもち主が増えています。

「毛細血管は加齢と共に減りますが、食事の偏り、睡眠不足、運動不足、ストレスによる自律神経の乱れなどの影響も大きいです。毛細血管がダメージを受けるとねじれたり、濁ったりし、しなやかさが失われ、血液をスムースに流せなくなり、血行不良に。それが冷えにつながります」

特に夏は冷房で体が冷える上、室内外の気温差が5℃以上になることで自律神経が乱れがちに。体は予想外に“ストレスと冷え”をため込んでいます。

「生活習慣を見直せば毛細血管は安定し、管として役割が強化され、全身に血液を巡らせる力がつきます」

本格的に寒い季節になる前に元気な血管を育みましょう。

 

体の中に張り巡らされた毛細血管の構造

03%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

毛細血管は内側の内皮細胞を外側の壁細胞が覆う2重構造。この中を栄養素などを運ぶ血液が流れ、体内を循環する。健康な毛細血管は壁細胞からたんぱく質の一種“アンジオポエチン-1”を分泌し、血管の老化を防ぐTie2を活性化し、壁細胞と内皮細胞を密着させる。

「細静脈→毛細血管→細動脈と血管網内の巡りは続きます。一か所が滞るとその前後は渋滞し、さまざまなところに影響を与えます。毛細血管のみではなく、巡り、全身の循環を止めないことが重要です」

栄養素等が運ばれる良い血管

04

体のすみずみまでしなやかな毛細血管が巡る。血液に乗って全身に酸素や栄養素が運ばれ、代わりに余分な水分や老廃物などが回収される。

 

栄養素等が漏れる悪い血管

05

壁細胞が剥がれると内皮細胞に隙間や穴があき、栄養素などが漏れる。上手な循環もできないため、老廃物などの排出もうまくできず、むくみが起こって水分がたまり、冷えの悪循環に陥る。ゴースト化も進んでしまう。

 

食事、睡眠、ストレスなどの生活習慣の影響で毛細血管がゴースト化

健康な血管

cas_151006_2015100514500101_awb0

 

ゴースト血管

cas_151006_2015100514591401_awb0

画像提供:あっと血管美人

健康な毛細血管は、ヘアピン状の形でまっすぐ伸び、均一に並ぶ。先端が山なりになっているのは新陳代謝が良好な証拠。一方、ゴースト血管は、毛細血管に血液が行き届かず、形もいびつで消えかかっている。これでは、冷えに加え、将来の病気リスクも上昇…。

 

血管測定ができる場所をアプリで検索

logo

img_4903 img_4900

毛細血管を見られる血管スコープを導入している店舗を検索できるアプリ「血管ナビ」。測定結果をスマホに保存でき、同世代との健康度比較や自身の蓄積した画像から経時変化を確認できる。iOS限定。

 

金沢医科大学 総合内科学 准教授

赤澤純代先生

あかざわ すみよ/石川県で初となる女性外来を開設し、体と心を総合的に診療。ホルモン療法や漢方治療などを取り入れ、健康をサポート。著書に『血流美人』『血管の強化書』(ワニブックス)があり。

美的2021年10月号掲載
撮影/横山翔平(t.cube)イラスト/macco 構成/金子由佳、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事