健康・ヘルスケア
2021.7.23

削り過ぎで「かかと」がガサガサになるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容の疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は、“足のトラブル”について。かかとの削り過ぎは、かえって乾燥を招いてガサガサになるって…ウソ? ホント? フットケアジャパンの矢部 雅博さんにお答えいただきます。

Q:削り過ぎで「かかと」がガサガサになるってホント?

暖かくなるにつれ、足元のケアにも注目が集まりますよね。気になるかかとですが、削り過ぎると乾燥してしまうって本当なのでしょうか。さっそく、この疑問を矢部さんにぶつけてみました! 果たして答えは…?

A:ホント

「必要以上にかかとを削り過ぎてしまうと、皮膚内の水分を蓄えたり補充するためのバリア機能まで壊してしまいます。すると、乾燥が進んでしまうだけでなく、細菌に感染しやすくなるというリスクもあるのです」(矢部さん・以下「」内同)

Check
  • かかとを削り過ぎると、皮膚内の水分を蓄えたり補充するためのバリア機能まで壊してしまう
  • 乾燥だけでなく、細菌感染のリスクも上がる

セルフケアでかかとを削る際の注意点は?

「ヤスリは目の粗いタイプを使うと、粗く削れてしまいます。目の細かいタイプを選び、強く削り過ぎないことがポイントです。また、削ったあとの皮膚はデリケートな状態なので、削っておしまいというのはNG。クリームで十分に保湿を行うことが重要です」

おすすめのヤスリは?

ウソホント

「市販されているもので手に入りやすく、使い勝手がよいことからおすすめしているのが、“P.SHINEビューティーフット レギュラー”です。ファイルが粗い面と細かい面で分かれているので、簡単に古い角質をオフすることができますよ」

  1. 入浴やフットバスで皮膚を柔らかくする
  2. 粗い面をかかとにあて、擦る
  3. 細かい面をかかとにあて、擦る
  4. クリームでたっぷり保湿をして完成

サロンでのケア方法は?

「サロンでは、ドイツ式の専門器具を使い、角質を丁寧に除去していきます。その後、たっぷり保湿をして仕上げます。角質除去と聞くと痛くないの? と思う人もいるかもしれませんが、痛みは一切ありません。ケア中はおやすみになられる人も多いのですよ」

予防法は?

「かかとの角質が厚くなるのを防ぐために、極力かかとに刺激を与えないこと。お肌と同様に、代謝を上げること。日頃から十分な保湿を行うことがポイントです。ぜひ意識してみてくださいね」

上級フースフレーガー・巻爪スペシャリスト

矢部 雅博さん


巻爪ケアライセンス VHOシュパンゲ・オートグリップVHOシュパンゲ・GOLDシュパンゲ・ORAシュパンゲ・糖尿病療養指導士の資格を持ち、全国の病院や介護施設などでフットケアの講演、医師、看護師へ指導を行う。圧倒的な技術力でフットケア業界を牽引し続け、お客様から熱い支持を得る

フットケアジャパン

ひび割れた「かかと」は保湿だけでは治らないってホント?真相を専門家に直撃!

記事を読む

文/木土さや

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事