健康・ヘルスケア
2021.4.30

体臭が気になる女性が急増中! その原因は食べ物かも…|女医が解説

なんだか気になる自分の「体臭」。その原因は食生活や女性ホルモンの乱れにあるかもしれません!内科医の桐村里紗先生にお話しを伺いました。

年齢と共に体臭の質が変わってきた気がします。脂っぽく、オヤジ臭的ニオイが…

A.糖や脂肪の多い食生活、女性ホルモンの乱れが加齢臭を早める原因に!

「年齢と共に気になってくるニオイには、40代がピークの ミドル脂臭 や、50代から本格化する 加齢臭 があります。ミドル脂臭は汗中の乳酸が分解されたニオイ物質と皮脂の混合臭。加齢臭は皮脂の酸化臭で、いずれも過剰な皮脂が悪化のもと。甘いものや油っこいもの、アルコールなど、 皮脂の過剰分泌や酸化を促すような食品 を多くとることで、30代で発生する加齢臭もあります。また、抗酸化作用をもつ 女性ホルモンの減少 も一因。無理な ダイエットやストレス過多 も、それぞれ独特なニオイを発します」(内科医・桐村里紗先生)

l
汗は、全身にあるエクリン汗腺と、わきや陰部などに分布するアポクリン汗腺から分泌。皮膚の常在菌が汗と皮脂をエサに代謝・分解した排出物がニオイ。エクリン汗腺から出る汗は99%が水分、アポクリン汗腺の汗は高栄養で、分解されるとワキガ臭を発する。ミドル脂臭は汗中に発生したニオイ物質「ジアセチル」と皮脂の混合臭で、古い油のようなニオイ。加齢臭は皮脂中のパルミトオレイン酸の酸化臭で、枯れ草のようなニオイ。

Point

精神的なストレスや緊張は、硫黄化合物系特有のネギやニラのようなニオイを全身から発生させる。ストレス軽減は、全身のニオイケアに有効!

 

内科医

桐村里紗先生

きりむらりさ/予防医学の専門医として、体臭の原因となる疾患や対策を研究。栄養療法や常在細菌学を用いた予防医療にも詳しい。

 

『美的』2021年5月号掲載
イラスト/チブカマミ 構成/つつみゆかり、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事