健康・ヘルスケア
2020.7.9

きゅうりダイエットは効果なしってホント?真相を食品の専門家、管理栄養士の関口絢子さんに直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回はきゅうりダイエットについて。きゅうりダイエットは効果なしってホント? 管理栄養士の関口絢子さんにお答えいただきます。
%e6%96%b0%e9%80%a3%e8%bc%89%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc-3

Q:きゅうりダイエットは効果なしってホント?

単品ダイエットのひとつ、きゅうりダイエット。名前だけを聞いたことがある人もいるでしょう。きゅうりをただ食べるだけで痩せられるもの? 効果がないっていう人もいます。本当でしょうか。さっそく、この疑問を関口さんに聞いてみました!

A:半分ホント、半分ウソ

「きゅうりダイエットにはいくつかの痩せる要素があるのは事実です。まず、食前にきゅうりを1本食べておくことで、食欲が落ち着いて食べすぎ防止ができること、そして、きゅうりに含まれるホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていること。また、血流促進効果のあるシトルリンやピラジンなどの成分も含まれ、血流が良くなることで満腹感を早く感じて食べ過ぎを抑えられることも期待できます。そのため、その後の食事次第ではダイエットできるかもしれません。でも、もともとの食事が乱れていたり、量を減らせないのであれば効果は望めません」(関口絢子さん・以下「」内同)

きゅうりダイエットのやり方とは?

「きゅうりダイエットは食前に12本のきゅうりを食べるだけというダイエットです。食べすぎや余計なカロリー摂取を防ぐためにきゅうりを食べるので、何もつけずに食べるか、塩や味噌などシンプルな味付けやノンオイルのドレッシングで食べることが望ましいです。脂肪分解酵素であるホスホリパーゼは熱に弱いため、生で食べることもポイントです。満腹感を得やすくするためと、細胞膜を破壊してホスホリパーゼを効率良く摂取するためにもよく噛むことも大事になってきます。細胞膜を壊してホスホリパーゼを効率良く摂取するという点では、すりおろして食べるのもおすすめです」

きゅうり自体にダイエット効果があるわけではない

「繰り返しになりますが、きゅうりを食べれば痩せるのではありません。低カロリーなので食べても太りにくいと考えたほうが良いでしょう。先述の通り、きゅうりを食べて食欲を落ち着かせておけば、食べすぎ防止になるとか、活用の仕方で食事量のコントロールができるだろうといことことです。脂肪分解酵素は含まれていますが、体脂肪を分解するのではなく、食事からとった脂肪の分解を助ける程度。なので、分解できても吸収して余剰分を蓄積したら意味がありません」

ウェルネススペシャリスト
料理研究家・管理栄養士
関口絢子

1969年1月17日東京生まれ。川村学園短期大学食物学科卒業。米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー
企業や WEB サイト・各種メディアや媒体を中心に、レシピ・コラムなどの企画提案を行斬新なアイアデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコー ディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐に活動。 毎日続けられる事をモットーに、簡単・おいしい・お洒落、そして美容と健康に直結
したレシピを発信。2013年には、広尾のレストラン「レ・グラン・ザルブル」のフードプロデュース。最近は、食で世の中をもっと健康にしたいという想いを掲げ、脂質や栄養学をベースに、最も安全で効果的なダイエット法として「オイルファスティング」を開発し、普及に勤めている。
公式YouTubeチャンネル「管理栄養士 関口絢子のウェルネスキッチン」

取材・文/土屋美緒

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事