健康・ヘルスケア
2018.8.11

サプリで睡眠の質アップ!? 美人女医が教える眠りやすい体&環境の作り方

医師の貴子先生は、寝るための環境や寝具にどのようなこだわりを持っているのでしょうか? 詳しくお話を伺いました!

就寝前に飲むサプリが睡眠の質を上げてくれます

「以前は途中覚醒も多く、眠りの浅さを感じていましたが、就寝前にビタミンB・C、女性ホルモンを整えるサプリを飲み始めて熟睡できるようになりました。眠りやすい環境作りはもちろん大切ですが、体の内側からも必要な栄養を補うなど後押しすることで、睡眠は変わるんですね。私の場合、眠る時間は短いのですが、『睡眠負債』がたまっている実感はありません。1日のうちでもオンとオフのスイッチがうまく切り替われているんだと思います」

眠れる環境作り

「帰宅したら、すぐに好きな音楽を流してリラックスタイムに突入。照明も夜モードに変えて、テレビやスマホ、パソコンはできるだけオフ。寝室にはお気に入りの香り(最近はローズマリーウィロー)のディフューザーを置いています」

【光】夜はメインの照明をオフ
p210-1-1
「リビングの照明は、メイン以外にも、天井にスポットライトを配置して、明るさをコントロールできるようにしています。夜はスポットライトと間接照明のみにして、睡眠モードに切り替えます」

 

\この夏、注目している快眠サポートアイテム/
re%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9e%e3%83%ad%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%a0%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%afp
エアコン時の寝冷え対策にも◎。
「吸水性・通気性に優れるマシュマロガーゼのパジャマが気になっています」
マシュマロガーゼ ギンガムチェック レディスパジャマ ¥18,000(UCHINO)

眠れる体作り

「脳が興奮していると、深い眠りに入っていけません。入浴や軽いストレッチ、就寝前のマッサージなどは、心や体の緊張をゆっくりほぐして、リラックス気分を高めてくれる大切なステップ。また、普段の食事で糖質を控えたり、サプリで足りない栄養を補うことも重要です」

p210-1-5
【食】就寝前にビタミンB・Cなどを補給!
「ビタミンB群は脳を休ませ、ビタミンCはストレス改善と美肌に効果的。the Fはホルモンバランスを整えて、イライラを抑えてくれます」
TAKAKO STYLE theCB + 30包 ¥6,500
同 theF advance 60カプセル ¥8,000

 

p210-1-6
【温】読書しながらゆっくり半身浴
「好きな小説を読みながらの半身浴がお約束。花王バブのエピュールなど、エプソムソルト入りの炭酸系入浴剤を入れて発汗を促し、芯までポカポカ!」

 

p210-1-3
【巡り】オイルマッサージで老廃物をためない体に
「お風呂上がりは、メルヴィータのロルロゼ ブリリアント ボディオイルで全身をマッサージ。巡りを高めて、脂肪も老廃物も、疲れた気分も一掃!」
愛用品/貴子先生私物

 

教えてくれたのは…
p210-1-4
形成外科・美容皮膚科医 貴子先生
松倉 HEBE DAIKANYAMA院長。形成外科専門医としての知識を生かしつつ、肌・体・心のトータルケアを目指した先端の美容治療を提案。

【Takako’s Data】
就寝タイム→00:30~1:00
起床タイム→6:00
睡眠時間→5~6時間

 

『美的』8月号掲載
イラスト/Nobby 構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事