健康・ヘルスケア
2017.2.4

飲み会と「生理」がバッティング!女性が知っておきたい注意点4つ

飲み会と生理が重なってしまうと、「あ~あ」というのが本音ですよね。

よほど生理痛がひどくないのであれば参加する場合も多いかもしれませんが、女性の体はデリケート。いつもと同じように飲んで食べていては、あまりよいことはありません。

では、生理と飲み会がバッティングした場合、どんなことに注意をするべきなのでしょうか? 今回は、ユニ・チャームの『生理のお悩み相談室』などを参考にお伝えします。

 

■1:お酒は控え目に

飲み会で欠かせないアルコールですが、お酒は出血を促進するため、生理中に飲み過ぎることはおすすめできません。冷たい飲み物や刺激がある食べ物など、おなかをこわす可能性があるものも、生理中は避けたほうが良いでしょう。

 

■2:体を温める

寒い季節に飲み会で遅くまで出歩くことは、冷え性の方でなくてもツライもの。お酒を飲んで内臓やお腹が冷えてしまうと、生理痛がひどくなる可能性があります。

生理痛は腰やお腹を温めてあげることで緩和しますから、生理中に飲み会に出かけるときは、腹巻やカイロなどを活用して、普段以上に寒さ対策をしっかりしておきましょう。

 

■3:水分摂取をこまめにする

お酒を飲んでも、体にできるだけ負担をかけないようにするために、お茶などのノンアルコールの飲み物をこまめに摂るようにしましょう。そうすればアルコールの影響が少なくなり、深酔いしにくくなります。

ただし、コーヒーやエナジードリンクなどカフェイン入りのドリンクを飲むのはNG。意識が覚醒して、酔っ払っているのにまだ飲めると勘違いすることもあるため、避けましょう。

 

■4:断る勇気も持とう

すごく楽しみにしている飲み会ならばよいのですが、付き合いの場合もありますよね。体調を考えて、もしも生理のときにぶつかりそうなら、飲み会を断る勇気も必要です。

その場合、断った相手がいやな気持ちにならないように、「風邪をひいていて、みんなにうつしてはいけないから」、「明日、病院の検診があって……」などと理由をつけてもよいでしょう。

 

生理中やその前後は女性の体にも心にも変化が出やすい時期です。宴会でも無理せずに、楽しく過ごしていきたいですね。

 

【参考】

月経のときのすごし方 – ソフィ生理のお悩み相談室

 

【関連記事】

※ チクチク痛い?それとも…「私の生理痛」部位や症状で違う対処法3種

産後も衰え知らず!長谷川潤が実践するちょっとした美人習慣5つ

※ ゴクゴク飲みすぎは…危険!実は「体に負担をかけてる」要注意飲料4つ

※ まじめに知っておきたい…「オナラが臭いとき」体で起きていること3つ

※ 実はみんな悩んでた!生理中の「ゆるお腹」予防&対策術

 

【おすすめ記事(PR)】

朝の美容液に…大本命!夕方の「イマイチ残念顔」を救う秘策3つ

翌朝の化粧ノリが激変!美容のプロ絶賛「炭酸ジェルパック」がまるでエステ級!

OVER30はマスト!セラミド不足を補う「オイル美容」で感動の化粧ノリ

余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

ずぼらダイエット決定版!おいしすぎる「酵素ゼリー」をレポートします

そろそろ赤ちゃん…「妊活するなら知っておくべき」3つのこと

 

【姉妹サイト】

※ 同僚男子ドン引き!? 白い目で見られちゃう「NG職場ファッション」5つ

初出:美レンジャー  ライター:佐藤まきこ

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事