健康・ヘルスケア
2022.8.10

【口臭予防】口がクサい原因はマスクによる口呼吸!? セルフケアで口内を清潔に保つ方法は?

\"\"

なんだかクサいと思ったら、自分の口臭だった…。こんな経験ありませんか?じつは、マスクをつけているとき、無意識に口呼吸をしているからなんです。正しくケアして口内環境を整えましょう♪

強烈な口臭は毒性のある歯周病菌によるもの。舌苔もニオイの原因に…

口臭セルフチェック

Check
  • ビニール袋に息を吹き込み、すぐにかぐと臭い

日々の丁寧な歯磨き&定期的な歯科でのクリーニングが最善策

「野菜が腐ったような悪臭は歯周病由来の口臭。歯周病菌がメチルメルカプタンという毒性のある気体を作ることが原因です。また腐った卵のようなニオイは細菌の塊であるプラークの蓄積や舌苔の汚れによる生理的口臭です」と大阪大学歯学研究科 予防歯科学教授 天野敦雄先生。ほかに全身疾患による口臭もあるそう。

「歯周病も生理的口臭も歯の磨き残しが原因です。歯周病菌は抗生物質を飲んでも死滅せず、唾液にも含まれるのでキスでも移ります。毎日の歯磨き、歯科でのメンテナンスで口内環境を整えましょう」(天野先生)

202208waki195-11

セルフケア|マスク着用時の無意識な口呼吸で歯周病が進行! 鼻呼吸を心掛けて

「口呼吸をしていると歯についたプラークが乾燥し、歯磨きをしても落ちにくくなります。その結果、歯肉炎、歯周炎へと歯周病が進行して口臭が強くなります。マスク着用をしていると口呼吸になりがちですが、鼻呼吸を意識してください」(天野先生)

 

セルフケア|朝のうがい、夜の丁寧な歯磨き、3回に1回の舌掃除でニオイ撃退

「寝起きは口内の細菌が増えているので、朝はまずうがいすること。歯磨きは歯磨剤を歯全体に伸ばしてから行い、舌は歯ブラシで軽くこすればOK。デンタルフロスなどの活用も必須。歯ブラシは1か月が交換目安」(天野先生)

202208waki195-3
歯周病ケアのための歯ブラシ
超極細毛が歯周ポケットのプラークをごっそりかき出す。
ライオン システマハブラシ 超コンパクト ¥260(編集部調べ)

 

セルフケア|抗菌成分を含む唾液の分泌を促す唾液腺マッサージで口の中を清潔に保つ

「唾液には抗菌成分がたっぷり含まれ、口の中をキレイにする浄化作用があります。そのため、唾液を出すマッサージで口臭を抑えることができます。唾液は簡単なトレーニングでよく出るので日常的に唾液腺マッサージを行いましょう」(天野先生)

202208waki195-4
(1)耳の下をぐるぐる回すように押す
頬に4本指を置き、親指をそれぞれ耳たぶの下辺りに当てる。後ろから前に円を描くように耳下腺を10回マッサージする。

202208waki195-5
(2)耳の下からあごの下まで押していく
親指をそれぞれ耳の下の柔らかい部分に当てる。あご先に向かって顎下腺5か所ほどを均等に、マッサージする。

202208waki195-6
(3)あごの真下をグッと上に押す
両方の親指をそろえて、あごの真下に当てる。舌を引き上げるようにグッと10回ゆっくり押して舌下腺をマッサージする。

 

サプリメント|ビタミンC・Eをとって歯肉の健康をキープ!歯周病リスクもダウン

202208waki195-7
「歯周病は治療を受けなければ治りませんがビタミンCとビタミンEをとれば、歯周病になりにくくなります。ともに抗酸化作用があり、炎症を抑え、組織修復を助けるなどの効果があります。サプリメントで摂取を」(天野先生)

 

歯磨き粉|クルクミンやエリスリトールが配合された歯磨剤で歯周病を防ぐ

「ウコンのポリフェノール成分クルクミンには抗菌作用があり、初期の歯周病である歯肉炎を抑えます。キシリトールなどの仲間エリスリトールは歯周病菌を抑制し、口臭物質の産生を減らすことが期待できます」(天野先生)

202208waki195-8
クルクミン配合の歯磨きジェル
歯肉炎、口臭を予防。
ヨシダ HaBon PG STOP[医薬部外品] 100g ¥1,650(編集調べ・歯科医院専売品)

202208waki195-9
エリスリトールで菌の塊を分散
菌トラブルケアに。
花王 薬用ピュオーラ ナノブライト 液体ハミガキ[医薬部外品] 400ml ¥548(編集部調べ)

 

メディカルケア

202208waki195-10
シーズンごとに歯科クリニックへ!たまったプラークを除去してもらおう
「3~4か月ごとに歯科を受診し、歯科衛生士に磨き残しをチェックしてもらい、毎日の歯磨きで落とし切れなかったプラークを取り除いてもらいましょう。虫歯予防や歯周病リスク軽減にも最適です」(天野先生)

 

大阪大学歯学研究科 予防歯科学教授

天野敦雄先生

あまのあつお/大阪大学、ニューヨーク州立大学の歯学部を経て2000年現職。日本口腔衛生学会理事長。

 

『美的』2022年8月号掲載
イラスト/伊藤美樹 構成/金子由佳、大瀧亜友美、有田智子

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事