食・レシピ
2018.2.24

「サラダほうれん草とブロッコリーのシーザーサラダ風」美容エディター・門司紀子のToday’s SALAD #29

img_20180222_184932_383

【本日のビューティ食材:サラダほうれん草

スーパーでよく見かける「サラダほうれん草」。普通のほうれん草と比べてアクがなく、葉も茎もやわらかく、シュウ酸が少ないため生食できるのが魅力です。適度なシャキシャキ感はありながら、葉や茎がやわらかくてネーミング通りまさにサラダにぴったり。ほうれん草はビタミン&ミネラルがたっぷりで栄養価の高い野菜。抗酸化力が高く、美しい肌や髪を育む効果もあるβカロテンも豊富なので、積極的に取り入れたい食材です。普通のほうれん草は茹でたり熱を加えて調理することによって栄養が流れ出てしまいがちなので、サラダほうれん草は栄養をそっくりそのまま摂れるという意味ではポテンシャル高め! 今回のサラダはビタミンCがたっぷりで、疲労回復や風邪予防、美肌にもうれしい効果があるブロッコリーと組み合わせて、さっぱりめのシーザーサラダ風に。春に向けて、元気になれるサラダです!

 

<材料>

サラダほうれん草      1/2把~
ブロッコリー        1/2個
マヨネーズ        大さじ2
レモン汁         大さじ2
牛乳           大さじ1
粉チーズ         大さじ1弱
塩            ふたつまみ
黒こしょう          少々
パルミジャーノ・レッジャーノ(トッピング用)    適宜
くるみ(トッピング用)    お好みで

 

<作り方>

1.ブロッコリーは小房にわけ、さらに2mm幅程度の薄切りに(茎側からカットして、ひと小房につき3~4カットのイメージ)。薄切りにすると葉ものサラダにミックスしやすく、食べやすくなります。鍋に水を沸かし、塩ひとつまみとともに、カットしたブロッコリーを2分程度茹でる。食感を残したいので、やわらかくなりすぎないよう注意。

img_20180222_184721_572

2.サラダほうれん草は3cm幅くらいにカット。

img_20180222_184836_758

3.ドレッシングを作る。ボウルにマヨネーズ、レモン汁、牛乳、粉チーズ、塩を入れて混ぜる。

img_20180222_184806_644

4.皿にサラダほうれん草&ブロッコリーを盛り、ドレッシングをかける。上に砕いたくるみと、パルミジャーノ・レッジャーノを削ってトッピング。(パルミジャーノがない場合は粉チーズでもOK)

 

 

 

noriko-monji
門司紀子
もんじのりこ/大学在学時からCanCam編集部にて編集アシスタントとして“雑誌づくり”のキャリアをスタート。約20年、フリーランスエディター&ライターとして活動。趣味は料理とゴルフ。Instagram(アカウント:norikomonji)でも、料理レシピや“mondeli”ケータリング写真を発信中。

料理・撮影・文/門司紀子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事