ボディケア
2018.11.15

お腹が凹まない…ぽっこりおなかの原因と解消法を知って老けない身体に!

年々やせにくくなってきて、特に「ポッコリおなかをなんとかしたい!」と思っている人も多いのでは? 今回はおなかの緩みをストップするためのケアを、“美腹筋の伝道師”の山崎麻央さんに教えていただきました。

Q.ズバリ、理想的なおなかとは?

A.体脂肪率20〜23%の女性らしいしなやかなおなか

「筋肉がバッキバキに割れたおなかよりも、うっすらと筋があり、程よく脂肪感のあるおなかが理想的。体脂肪率20〜23%を目安に鍛えるのが◎。ツヤのある肌質であることも重要です!」(山崎さん)

Q.なぜ加齢により下っ腹だけがポヨつくの?

A.要因はさまざまです

「内臓を支えている骨盤底筋の筋力低下により下っ腹が出てきます。そのほかにも、冷えや皮下脂肪の増加、腸内環境の悪化による腸のむくみなどが考えられます」

Q.おなかはどのくらい絞るべき?

A.バスト:ウエスト:ヒップ=1:0.7:1

\自分の体を知ることがキレイへの近道!/
eos-1d-x_8018
「入浴前後に鏡の前で裸になった自分の体を観察し、ベストバランスを見極めて。同じ身でもバストやヒップのサイズは千差万別。自分を知ることがキレイの第一歩です!」

Q.筋肉をつけやすくするためにプロテインを飲んでいます。どんなプロテインでもOK?

A.大豆が原料のソイプロテインがおすすめ

「日本人の約7〜8割は乳糖不耐症と言われています。プロテインは、牛乳が原料のホエイやカゼインプロテインが主流で、日本人の腸には合わないことも。大豆原料のものが◎」

eos-1d-x_7495
大豆、アーモンドミルク、玄米の3種の良質な植物性プロテインを配合。すっきり飲めるベリーフレーバー。
ソラーチェ代官山 ソイリーン ドリンク 480g ¥10,000

Q.骨盤底筋が衰える原因って?

A生活様式の変化に伴い、意識することがなくなったため

「ひと昔前とは違い、現代人は座ったり、立ったりする動きが激減し、骨盤底筋が弱く、中学生でも尿漏れに悩む子もいる程。積極的に骨盤底筋を鍛えるなど、意識することが大事です」

Q.減量に成功!でも、おなかのサイズダウンができなかったのはなぜ?

A.筋肉量が減っているからです

「体重は水分量+骨量+脂肪量+筋肉量で構成されていて、サイズダウンがかなわなかったのは、筋肉量が減っただけだから。体重の増減だけではなく、体脂肪と筋肉の割合(LBM値)にも注目しましょう」

Q.お肉でおへそがつぶされ形が横気味。美へそになるには?

A.体側のストレッチでスキマを作りましょう

「肋骨と骨盤の距離が短いことが原因。姿勢が悪い人や、おなかやせを狙って、腹斜筋ばかり鍛えすぎている人にも多いです。体側を伸ばすストレッチを取り入れましょう」

体側を意識して、左右にストレッチ
eos-1d-x_8034
(1)姿勢を正しく立ち、両手を頭上でクロスにして重ねる。このとき肩の力は抜くこと。
(2)傾く方に重心を移し、体側を気持ち良く伸ばして。

Q.腸内環境もぽっこりおなかと関係しているの?

A.もちろんです!

eos-1d-x_7453
「女性らしいおなかを作るにはバランスの良い食事が不可欠ですが、腸内環境が整っていないと栄養素がうまく吸収できません。腸内環境をキレイにするだけでスッキリとしたおなかになる人もいますよ」

Q.下っ腹に集中したお肉は鍛えればなんとかなる?

A.ただ筋トレするだけではダメ。まずは呼吸法をマスターしましょう!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1
「5秒かけて鼻から吸い、10秒かけて口から息を吐き出します。肋骨を閉じる時、下っ腹を骨盤にしまいこむように、下っ腹のインナーマッスルを意識できるようになりましょう」

 

教えてくれたのは…
%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f_%e3%81%84
山崎麻央さん
腹筋女子たちが崇拝する美腹筋の伝道師
『ソラーチェ代官山』主宰。加圧、FTPピラティスインストラクター。分子栄養学の認定カウンセラーの資格を取得し、食のカウンセリングを行うなど、運動だけではない多角的な体のケアに定評あり。

 

『美的』12月号掲載
撮影/青柳理都子(人物)、広瀬美佳(静物) ヘア&メイク/得字マキ(nude.) スタイリスト/木川真理子 モデル/土屋巴瑞季、本多麻衣 構成/飯島直子・小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事