ボディケア
2018.1.9

簡単&効果絶大! 歩くだけでぽかぽかボディに♪<運動ギライで血流が悪いタイプ>

体を動かすのが苦手で、熱量を作り出す筋肉が少ない。血流も悪いため、冷えたりむくみやすいのが「運動ギライで血流が悪いタイプ」の特徴。“冷え”に関してエキスパートの4人に対策法を伺いました!

>>まずはチェック! あなたはどの“冬冷え”タイプ?
https://www.biteki.com/life-style/body-care/226131

身に覚えはありませんか?

ugokanaikd_%e4%b8%ad%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%92
□ 家でもほとんど動かない
リラックスも大切だけれど、仕事から帰ってソファに座ったきり動かない…なんて日が多い人は危険。休日、一日中TVやスマホを見て、動いたのはキッチンとトイレにだけ、というのもダメです。

□ すぐに乗り物に乗りたがる
歩くのが面倒でちょっとした距離でも、また急いでいなくてもタクシーや車に乗ってしまいがち。車メインの生活をしている地方在住の女性たちは、さらにこの傾向が強いかも。

□ 2F、3Fでも エレべーターに乗ってしまう
駅のエスカレーターに列ができていても、待ってでも乗る。部屋は2Fだけれどエレベーターに乗っちゃう…と階段を毛ギライしている人は要注意!階段は最強の“トレーニングマシーン”です。

簡単&効果絶大な方法で、代謝&血流をアップ!

歩くのがキライで、運動はもっとキライ。その結果、筋肉量が少なく、代謝が悪くなっているのがこのタイプ。渡邉先生は「日の生活に必要なエネルギーの約6割は筋肉が作っています。最も大きな筋肉がある太ももなど下半身を、スクワットや階段を上ることで刺激するのが効果的。まずは歩くことから意識しましょう」と提案。
森和世さんが考案した簡単ストレッチも、鼠蹊部や背中などの大きな筋肉を動かすメソッド。代謝を上げたいなら、実践してみて。
また、お風呂にゆっくりつかることも大事。「手軽で確実に冷えを解消できる方法。冬場は39〜40°Cの湯で15分は全身浴をしてほしいですね。その際、入浴剤はマスト。発汗促進する成分や炭酸ガス系だとさらに◎です」(石川泰弘さん)
その上で、エネルギー源となるたんぱく質や、スパイシーな食材を食 べて発汗を促せば、ポカポカな冬が待っています。

【温活】無理をしない程度に体を動かそう!

karadawougokasukd_%e4%b8%ad%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8%ef%bc%92
ひと駅分歩いたり、階段を上る、またスクワットなど、ジムに行かなくても体は動かせます。特に大きな筋肉のある太ももやふくらはぎを刺激すれば、ポンプの役割となり、効率的に全身の血流をアップできます。

【温活】しょうが系や炭酸入浴剤で温浴効果を高めて血行&代謝UP!

運動の習慣がない人が代謝や血流を上げるためには、お風呂が有効。
「しょうがなど発汗作用のある成分や炭酸系入浴剤を入れて、毎日湯船につかりましょう。温浴効果が高まり、血流も代謝も促進します」(石川さん)

kd_biteki-1-0014
(左から)
しょうがの有効成分が温浴効果を高めて血行促進。
バスクリン きき湯 ファインヒート スマートモデル [医薬部外品] 400g ¥1,000(編集部調べ)

温浴効果を高め、血流&代謝をアップして冷えを緩和。
バスクリン 温美浴 コンフォートローズの香り [医薬部外品] 480g ¥820(編集部調べ)

体が巡るサプリメントも取り入れて!

即効性はないものの、継続することで徐々に体質改善をしてくれるのがサプリのいい所。しょうがや発酵梅、和漢植物成分などが代謝を上げて血行を促し、自然と燃えやすい体に導いてくれます。

kd_biteki-1-0017
(左から)
ウドを中心とした和漢植物エキスを配合したタブレット。水なしで食べられる手軽さも◎。
ポーラ 温美活 1袋2粒入り×30袋 ¥4,800

梅肉としょうゆを練り合わせ、熟成した梅醤。体の芯から温まる。
無双本舗 生姜・番茶入り梅醤 250g ¥1,300

32種のしょうがと多様な美容成分を凝縮。内から巡る体へ。
資生堂 ベネフィーク ビューティーブースター 60粒 ¥4,000(編集部調べ)

 

 

\取材にご協力くださったエキスパート/
kd_a%e6%b8%a1%e8%be%ba%e8%b3%80%e5%ad%90%e5%85%88%e7%94%9f
渡邉賀子先生
日本初「冷え症外来」を開設
「麻布ミューズリニック」名誉院長。漢方専門医。1997年、北里研究所にて日本初の「冷え症外来」を開設。漢方を中心に、冷え症の治療に従事。

kd_%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82%e5%8d%9a%e5%a3%ab%e3%80%80%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
石川泰弘さん
入浴法を指南する”お風呂博士”
「バスクリン」広報責任者、温泉入浴指導員、風呂博士として各地で演活動も行う。『お風呂の達人』(草思社)など著書も多数。

kd_c%ef%bc%89%e4%b8%80%e9%8d%ac%e7%94%b0%e3%80%80%e9%a1%94%e5%86%99%e7%9c%9f
一鍬田朋子さん
腸を元気にする料理を提案
N.Y.でべジタリアン料理やマクロビオティックを学び、帰国後WholeFoodスクールの講師に。冷え解消レシピを雑誌やウェブで数多く発信。

kd_d%ef%bc%89%e6%a3%ae%e5%92%8c%e4%b8%96
森 和世さん
冷え対策ストレッチを考案
「ボディクエスト」ヨガ・エクササイズディレクター。カナダでヨガを学び、半年で10kg減量した経験から、キレイにヤセるメソッドを多数考案。

 

『美的』1月号掲載
撮影/井出眞諭(ストレッチカット)、中田裕史(静物) 料理制作・撮影/一鍬田朋子 イラスト/いいあいデザイン/GRACE.inc構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事