ヘアスタイル・髪型
2020.11.4

重めへアに飽きる人続出!毛先重めで顔周りは軽やかなウルフレイヤーが断然今っぽい

この秋、重めヘアに飽きた、という人が続出中とか。おしゃれ感度の高い人におすすめしたいのがこちらのセミロングです。今っぽさのポイントは、毛先の重さはキープしながら、顔まわりをウルフレイヤーにすること。軽さだけでなくプツッとした毛先がおしゃれ感を演出してくれます。さらに、セミウェットな質感にすれば色っぽさもプラスしてぐっと女らしく。マスク生活となる今季は、前髪もしくは、明るめカラーで顔まわりをパッと明るく見せるのがおすすめ。
毛先を巻くだけで動きが出せるので、スタイリングが苦手な人でも可愛くなれるセミロング。顔まわりのレイヤーで調整ができるので、どんな顔型でもトライできる優秀ヘアです。

目元印象UPのバング&サイドバングで小顔効果も

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
全体を鎖骨下5cmでやや前上がりにカット。表面に独立したレイヤーを入れることで、毛先の重さを残しながら軽い動きをプラス。顔まわりのレイヤーは巻いた時に顎の長さになるようウルフ風にカット。前髪は目と眉の間の長さでパツっと感を残し、目元の印象をアップさせます。今季は秋でも明るめカラーがGOOD。特に暖色のショコラ系は要チェックです。10レベルのショコラベージュは、ツヤ感があり落ち着いた色味でも明るさをキープできる色味です。

Processed with VSCO with ke1 preset

【how to“スタイリング”】
ドライ後、32mmのアイロンで全体を毛先ワンカール半、内巻きに。表面のレイヤー部分は、髪を上に引き出して毛先をワンカール半巻きます。イチオシのスタイリング剤は、外部補修系のオイル。今っぽいセミウェットな質感にしながら、トリートメント効果まで望めます。レイヤーは毛先がパサっとしがちなので、しっかり揉み込んでからくしゃっと毛束を散らして動きを出して。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81lora-garden
サロン名:lora.garden(ロラ ドットガーデン)

ヘアスタイリスト/英太(lora.garden) モデル/安西優香 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事