ヘアスタイル・髪型
2020.4.1

束感シースルーバングの美人ロブヘアは、ナチュラルな外ハネで今年顔に

肩に当たるハネを活かしつつ、ストレートアイロンで仕上げたナチュラル感が魅力のロブヘア。くるっとしたカールではなく、サラっとした質感が今どきカジュアルのポイントになります。また、前髪はおでこが見える抜け感&束感をつくりシースルーバングに。目の上ギリギリの長さにすることで、目の印象をアップしてくれます。
ベースの重さを残しながら、前髪の軽さをプラスすることで、ふわっと柔らかい印象を与える美人ロブ。簡単スタイリングなのに、トレンドを取り入れたおしゃれ感のあるデザインに。ぱぱっと時短でもキマるので、セットが苦手な人にもオススメです。

柔らかニュアンスで女らしく、目力UPも

%e2%91%a0

【how to“ベース&カラー”】
肩ぐらいの長さでハネやすいようにやや前下がりにベースをカット。フェイスラインの角は残しながら、ニュアンスのある軽さを出すため表面に少しだけレイヤーを入れます。前髪は、ほんのりウザバングとなる長さで、幅を狭くしてシースルに。カラーは10レベルのオリーブベージュをチョイス。赤みを押さえる寒色でも、アッシュのようなくすみがなく柔らかい雰囲気に仕上げてくれる色味です。
%e2%91%a1

【how to“スタイリング”】
手ぐしで肩に沿わせてハネるようにドライします。その後、ストレートアイロンをさらっと通すくらいのナチュラルな仕上がりにして、カール感が強くならないようにするのがポイントです。前髪はスルッと通す程度に。アイロンを使うことでツヤ感もアップします。ヘアオイルかヘアバターを手の平になじませ、内側から中間〜毛先までまんべんなく塗布して、束感をつくればフィニッシュ。手持ちのくし(コーム)があればコームを使って整えても◎。

 

afloat-ruvua%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2-2
サロン名:Sui(スイ)
担当サロンページはこちらから
Sui(スイ)

 

ヘアスタイリスト/新地琢磨(Sui) モデル/みなみももえ 文/小平多英子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事