ヘアスタイル・髪型
2021.4.12

【実例18】厚さ、減らす、増やす?前髪の「量」イメージ集

\"\"

前髪の量でも印象は大きく変わります。あなたの今の気分は薄め?厚め? 『美的.com』の連載でも好評だった人気サロンのスタイルからおすすめの前髪をご紹介します。

「薄め」バングのヘアカタログ【5選】

【1】ややラウンド状のシースルーバング

Point

・切りっぱなしボブに合わせるなら、ワイドなシースルーバングに。
・ややラウンド状にすることで小顔効果を叶え、耳にかけた時も可愛く決まる。

担当サロン:lora.garden (ロラ ドットガーデン) 児玉善央さん

 

初出:春色でおしゃれに!シースルーバングの艶やか大人ボブ

記事を読む

【2】パツっとしたラインの目力アップシースルー

Point

・シースルーバングは、目と目の間にパツっとしたラインをつくり目元ぱっちり感を強調。
・前髪の両サイドを長くしているのもポイントに。

担当サロン:LONESS ginza(ローネス ギンザ) 目澤沙友里さん

 

初出:レイヤーで王道ヘアをおしゃれに!目元強調の旬顔フェミニンロング

記事を読む

【3】目の上ギリギリシースルー

Point

・人気が止まらないシースルーバングは、目の上ギリギリにすることで目力アップも。
・目の上レングスのシースルーに。その後、前髪とサイドをラウンド状につなげてフェイスラインに沿うようにカット。

担当サロン:GARDEN aoyama  (ガーデンアオヤマ) 豊田楓さん

 

初出:結んでもかわいく決まる!レイヤーたっぷりのくびれミディ

記事を読む

【4】大人女性にマッチする長めシースルー

Point

・幼く見えやすいシースルーバングは、長めに設定にして大人女性にマッチするデザイン。
・シースルーバングにするために奥行きを狭く取り、巻いて目にかかる程度の長さにカット。

担当サロン:drive for garden(ドライブフォーガーデン) 森紫織さん

 

初出:アップデートしたミディウルフ×シースルーバングで、カジュアルおしゃれヘアに

記事を読む

【5】小顔&色気をプラス!長めシースルー

Point

・目にギリギリかかる前髪の長さも人気で、伸びた時に流せることも嬉しいポイントに。
・さらに、顔まわりにおくれ毛をつくることで小顔効果となり、結んだ時のポイントにも。

担当サロン:GARDEN Tokyo(ガーデン トウキョウ) 本木亜美さん

 

初出:透け前髪とやわらか毛先が魅力!あざとかわいいロングミディアム

記事を読む

「厚め」バングのヘアカタログ【4選】

【1】長め前髪のマッシュヘア

Point

・前髪は乾いて目の上ギリギリになるよう計算をしてカット。顔まわりがマッシュになるように整える。
・前髪を長めにすることで大人女性にもマッチするデザインとなっている。

担当サロン:MINX 銀座二丁目店 加茂愛仁さん

 

初出:長め前髪の柔らかマッシュがおしゃれ見え! 骨格をキレイに見せる効果も♪

記事を読む

【2】可愛い印象をアップする重め前髪

Point

・モテ髪の秘密は前髪にもアリ。おでこを隠す前髪を作ると顔が幼く見え、かわいらしい印象を与える。
・前髪は毛先が流れるように少し隙間を作りながら目の上でカット。こめかみに落ちる毛束をやや長めにすることで顔効果を狙える。

担当サロン:AFLOAT D’L (アフロート ディル) 井上紗矢香さん

 

初出:モテ髪ってこーゆーこと! 内巻きストレートの清楚系“バルーンミディ”

記事を読む

【3】顔まわりにも重さをプラスしたトレンドバング

Point

前髪のポイントは、サイドバングにかけてマッシュラインをつくることで、顔まわりにも重さをプラス。トレンドをさりげなく取り入れることができる。

担当サロン:Sui(スイ) 新地琢磨さん

 

初出:手間なしで決まる!前髪ありミディは、ラフなカール感の秋パーマで

記事を読む

【4】小顔見せ効果絶大重めバング

Point

・シースルーバングが人気の中、重めバングはかえって新鮮。目力をアップさせ、小顔見せにも効果絶大。
・目にかからない長さで重めに。

担当サロン:Violet横浜店(バイオレット ヨコハマテン) 関川陸さん

 

初出:春色先取り!重めバング+無造作カールであざと可愛いセミロング

記事を読む

前髪の量を「減らす」切り方

透け感シースルーバングがおすすめ

GARDEN Tokyo 副店長

津田 恵さん

人気タレントからの指名が多く、『美的』のアレンジや髪悩み解決企画にも多数登場。クールで色気のあるスタイル作りに定評あり。

\カットしたのは…鈴木尚子さん

【before】
髪が細くて柔らかい鈴木さんのお悩みは、「前髪を作ると分かれやすくて、結局分けちゃう」。分け目が目立つのも気になっている。

【After】
薄くて透け感のある変形のシースルーバングに!
「前髪の真ん中とサイドの長さが違うので、いろんなアレンジができそうです」(鈴木さん)


Point

両端を長くしたシースルーバングなら、カジュアルすぎず大人っぽい。リバース巻きにしたりかきあげ風にしたり、2ウェイで楽しめます

\切り方/

  1. 前髪は薄めに取り
  2. 真ん中は目の下でカット
  3. 両端は曲線にせず急角度でチークラインにつなげてカット(これがサイドバング)


初出:脱・ぺたんこ前髪! シースルーバングで抜け感のある色気をプラス♪

記事を読む

前髪の量を「増やす」切り方【2選】

【1】可愛らしくソフトな厚め前髪

  1. 前髪は眉毛と目の中間くらいの長さでフルバングに切る。
  2. 内側を毛量調整。

担当サロン:MINX 原宿店(ミンクス ハラジュクテン) 菅田美保さん

 

初出:厚め前髪×浮遊感のあるセミロングは、カジュアルフェミニン&小顔見せ!

記事を読む

【2】ちょっぴり厚めの斜め前髪で小顔に変身

AFLOAT D’L(ディル)

井上紗矢香さん

大人かわいいヘアに定評あり。Instagram(@sayaka_inoue0801) で発信する小顔カットの解説もCheck!

\カットしたのは…『美的』クラブ 鈴木尚子さん

STEP1:軽く目にかかる長さで斜めにカット
前髪は軽く目にかかる長さで、目尻に沿って自然にサイドにつながるよう斜めにカット。

STEP2:顔周りはやや前上がりにカット
顔周りはやや前上がりにカットし、内巻きカールが決まりやすくなるよう調整。

カットベース完成

Point

前髪でおでこと目尻横の肌面積を隠すと、グッと小顔に見えます。前髪に隙間を作ると、抜け感ができて子供っぽくない、今どき前髪に


\スタイリング/

STEP1:スタイリングの最初にカーラーで巻いておきます。アイロンで軽く巻いてもOK。

STEP2:トップの毛束を引き上げ、根元にアイロンを挟んで内巻きに滑らせると、ふわっ。

STEP3:顔周りの毛束は中間から軽く外巻きに。フェースラインがシュッと見えます。

STEP4:サイドの短いひと束を頬の上に落とし、頬の面積をさりげなくカバー。

STEP5:トップの浮遊毛をキープするため、根元にシュッと軽くスプレーを。
「カーラーで前髪に立体感を出すと、顔が後ろに下がったように見えて小顔印象に。全体の裾を内巻きにした後、トップや顔周りのスタイリングを。頬の上に落ちるひと束も重要ポイントです!」(井上さん)


初出:ヘアカットで小顔見せ!前髪やスタイリングで骨格が変わったような小顔に変身♪

記事を読む

「減らす」スタイリング・アレンジ方法【3選】

【1】カーラーを使った軽やかな長めシースルー

tricca ginza ネイリスト

旭 美香さん

ヘアの施術と同時にネイルを受けられるサロン『tricca ginza(トリッカ銀座店)』で活躍中のネイリスト。上品なのに今っぽい、ほんのりエッジの効いたネイルデザインが得意。

\How to/

STEP1:前髪をふたつに分けてカールをしっかりと…カーラーの幅にこだわる!
「前髪の長さが目の下まであるので、前髪全体にしっかりとカールがつくように、上下に分けてカーラーを巻きます。カーラーの大きさは、前髪を2回転できる幅のものを。上の毛は長めなので32mm幅、下は26mmと変えています」(旭さん/以下「」内同)

「上の髪は、髪を立てて上から巻きつけ、下の髪は、顔と垂直に伸ばしてから巻きつけ、根元までしっかりと巻きます」

STEP2:温風を当てて熱が冷めるまで待つ
「カーラーを巻きつけた髪にドライヤーで熱を当てて、しっかりとカールをつけます。前髪全体に熱を加えたら、そのまま熱が冷めるまでカーラーを巻いておきます」

STEP3:膨らみやすい耳後ろの内側をヘアピンで留める
「耳の後ろの髪がダメージによる乾燥で広がりやすいため、ヘアピンで留めてスッキリさせます。ヘアピンが見えないように、ハチ上の髪を上げ、内側の毛を押さえるように留めます」

STEP4:前髪にバームをなじませて毛束感を出す
「前髪のカーラーを外したら、バームをつけて毛束感を出します。バームを指全体の伸ばし、内側から手ぐしでバームを前髪全体になじませます」

「前髪全体にバームがなじんだら、髪をつまんで毛束感を出していきます」

完成!
目にかかる長めの前髪も、シースルーバングなら軽やか。


初出:流行のシースルーバングの作り方|カーラー2個使いで抜け感のある春らしい前髪に【美容賢者の髪コンプレックス解消vol.55】

記事を読む

【2】無造作感がおしゃれな長めシースルー

STEP1:前髪を薄く分けとる
前髪を薄めに分けとって前に下ろし、残りを後ろに向けてコテで平巻きにする。

STEP2:水スプレーをかけながらくずす
薄く下ろした前髪に水スプレーをかけながら、ザクッとくずして動きをつける。

STEP3:スプレーをかけてキープする
後ろに流した前髪が戻らないよう、根元にキープスプレーをかける。


初出:今日からできる前髪アレンジ4選!毎日違う印象で周りをドキッとさせちゃおう

記事を読む

【3】ヘアピンでできるシースルーアレンジ

STEP1:前髪の約半分をまばらに上げてピン留め
額がまんべんなく透けるよう、前髪を全体的に間引くイメージでつまんで上げる。鏡を見ながら量を調整してみて。

STEP2:ソフトワックスをなじませて前髪の毛束を固定
所々前髪にワックスをつけて束を固めておくと、アレンジを作ったときの額の透け感を長時間キープできる。

【SIDE】


初出:前髪の分け方だけで4変化! 美人になれる前髪、教えます。

記事を読む

「厚め」を楽しむスタイリング・アレンジ方法【3選】

【1】厚めぱっつん前髪のスタイリング方法

ヘアサロンtricca銀座店スタイリスト

野口眞莉奈さん

銀座にあるヘアサロン『tricca』の人気スタイリスト。女性らしいモードなショートやボブスタイルが得意で、銀座で働く感度の高い女性たちから支持されている。

STEP1:根元を濡らしてから、生えグセと反対方向に引っ張りながら乾かす
「まず、生えグセ部分を中心に、髪の根元からしっかりと濡らします。次に、ドライヤーでクセを伸ばしていきます。この時、生えグセと反対方向に前髪を引っ張りながら風を当てるのがポイント。これで、生えグセの向きが下に流れるようになります」(野口さん・以下「」内同)

STEP2:生えグセの横から乾かす
「生えグセの横から前髪を取り、ドライヤーの風を当てていきます。これで、クセによって髪が浮くのを防げます」

STEP3:3段づつに分けてストレートアイロンをかける
「おでこの幅をカバーするために前髪を厚めに取っているので、髪を1/3ずつ分けてから、ストレートアイロンをかけていきます。少しずつアイロンを当てると、髪がしっかりと伸びます」

STEP4:軽めのヘアアイロンをつけてコームで馴染ませる
「毛が細くてフワフワと浮きやすいので、軽めのヘアオイルをつけます。そのあと、コームで前髪全体に馴染ませれば完了。コームは、少し隙間が空いたものを使うと、髪が引っ掛かったりせず、ダメージになりにくいです」

完成。

\使用アイテム/

「軽めのオイルでサラサラ感をキープしながらまとまりの良い髪に。ヘアフレグランス並みの香りの高さもお気に入り」
ビューティーエクスペリエンス|mmオイル

価格容量
¥3,800 80ml

初出:前髪の生えグセを4ステップで完璧に解決!|美しいストレート前髪の作り方【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 116】

記事を読む

【2】厚め前髪のおだんごスタイル

STEP1:髪の表面と襟足にヘアオイルを
「髪が短いので、まとめたスタイルをキープするために、ヘアオイルをなじませます。表面にヘアオイルをつけておくと、最後に髪をつまみ出しやすくなります」(野口さん・以下「」内同)

「襟足にもヘアオイルをなじまると、短い髪でもまとめやすくなります。手のひらと指の間にヘアオイルを広げて、手ぐしで襟足の髪をかき上げるようになじませます」

STEP2:毛先をサイドの毛流れに沿わせておだんごに
「髪を手ぐしでラフにひとつにまとめたら、ヘアゴムで結びます。最後の毛束を通し切らずにおだんごに。毛先は、サイドの毛流れと同じ方向に持ってくると、すっきりとしたおだんごに見えます」

STEP3:極少量の毛束を3か所からつまみ出す
「髪をつまみ出して、ラフな印象にします。つまみ出す毛束は、極少量にするのがポイント。猫っ毛でもふわっと立体的になります。つまみ出す位置は、ハチより内側のトップ、後頭部の上の、結び目の上の3か所。結び目の上もつまみ出すことで、絶壁感がしっかりとカバーできます」

STEP4:もみ上げ&襟足の毛束を少し残してヘアピンで留める
「もみ上げ&襟足の髪を少しだけ引き出して、女性らしさを演出します」

「サイドの髪が短くて崩れやすいため、ヘアピンで固定します」

STEP5:ストレートアイロンでもみ上げに動きを
「STEP4で引き出したもみ上げを、ストレートアイロンで巻きます。もみ上げの長さが短くて顔との距離が近いので、コテよりもストレートアイロンを使う方が火傷の心配がなく、カールも失敗しません」

完成!
あご下の長さのボブでもすっきりとしたおだんごに。もみ上げや襟足の後れ毛のおかげで、女性らしさもキープ!

サイドから見ると…
極細くつまみ出した毛束のおかげで、立体感のある仕上がりに。動きのある後れ毛がこなれた印象をバックアップ。

\使用アイテム/

ビューティーエクスペリエンス mmオイル
「軽めのオイルで、猫っ毛でも髪がベタっとしません。ヘアフレグランス並みの香りの高さもお気に入り」

価格容量
¥3,800 80ml
初出:あご下の長さでもまとめ髪を楽しむ!|絶壁を感じさせないおだんごスタイル【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 117】

記事を読む

【3】スカーフを使った厚め前髪のこなれアレンジ

STEP1:髪の表面と襟足にヘアオイルを
「髪が短いので、まとめたスタイルをキープするために、ヘアオイルをなじませます。表面にヘアオイルをつけておくと、最後に髪をつまみ出しやすくなります」(野口さん・以下「」内同)

「襟足にもヘアオイルをなじまると、短い髪でもまとめやすくなります。手のひらと指の間にヘアオイルを広げて、手ぐしで襟足の髪をかき上げるようになじませます」

STEP2:ひとつに結んで後頭部の髪をつまみ出す
「手ぐしで髪をひとつにまとめたら、ヘアゴムでポニーテールに。結ぶ高さは襟足ギリギリの位置にすると、あとでスカーフをつけた時に止まりがいいですよ。ヘアゴムで結んだ後、片手で結び目を押さえながら、後頭部の髪を色々な場所から細くつまみ出して、絶壁をカバーします」

STEP3:スカーフを巻きつけていく
「スカーフをトップの髪が隠れない程度の幅に折りたたんだら、襟足の結び目したから巻きつけていきます」

「前髪の生え際で折り返し、襟足の下で1回結びにします。その後、ヘアゴムの上でもう一度ひとつ結びに。ヘアゴムがすべり止めの役割りをしてくれるので、ひとつ結びでもきちんと止まり、毛束とのなじみもいいですよ」

STEP4:もみ上げと襟足の毛を少しつまみ出す
「ヘアスタイルに動きが出るように、もみ上げと襟足部分の髪を少しだけ引き出します」

完成!
ほんの少し下ろしたもみ上げと襟足の毛束のおかげで、こなれたスタイルに。スカーフのおかげで、トップにボリュームも出て華やか。

後ろから見ると…

短い毛先とスカーフの先がなじんで、自然とボリュームUP!
細くたくさんつまみ出した毛束のおかげで、絶壁を感じさせない立体ヘアに。

ビューティーエクスペリエンス mmオイル
「軽めのオイルで、猫っ毛でも髪がベタっとしません。ヘアフレグランス並みの香りの高さもお気に入り」

価格容量
¥3,800 80ml

初出:つぶれやすい髪をスカーフでカムフラージュ!|結んだ毛束のボリュームUPも狙えるスカーフアレンジ【美容賢者の髪コンプレックス解消vol. 118】

記事を読む

※一部サロン専売品が含まれます。

※価格表記に関して:2021年3月31日までの公開記事で特に表記がないものについては税抜き価格、2021年4月1日以降公開の記事は税込み価格です。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事