ヘアアレンジ・髪型
2019.11.25

最新ヘアアレンジは“作り込まない”がおしゃれ!くせ毛風ウエーブ、アシメひとつ結び…林 由香里流ヘアスタイル4

最近のヘアトレンドは、作りこまないシンプルなスタイル。さり気なくおしゃれ感をプラスするバランス感覚とセンスが大評判の、ヘア&メイクアップアーティスト林 由香里さんに、シンプルなのにおしゃれなヘアアレンジを教えてもらいました。
改めまして、林 由香里さんとは?

旬が表れるヘアに定番なし。毎シーズン常にアップデートを!by 林 由香里

大人のおしゃれは、メイク、髪、服の3つがそろって初めて成立するもの。ヘアもメイク同様にこまめなアップデートは必須です。最近のヘアトレンドは、作り込まずよりシンプルな方向に。その分ウエットやドライなど質感の微差にこだわると、シンプルなスタイルにも差がつきます。

くせ毛風ウェーブ

ゆる巻きの最新形がこのくせ毛風ウエーブ。カール未満のくせ毛風ニュアンスは、そのままムースをもみ込むだけでもある程度再現できますが、3つ編みならより完成度がアップ。
cut09_0014

How to

cut10_0025
(1)上下左右に髪を分けて3つ編みを4本作る

cut10_0031
(2)ドライヤーで温→冷風を当ててくせづけ

cut10_0008
(3)くずしながらムースをもみ込む

 

Use it

img_0030
柔らかなウエーブを再現。
資生堂マシェリ グロススフレ ワックス(ふわふわウェーブ)EX 150g ¥754(編集部調べ)

 

アシメひとつ結び

ともすると手抜きにも見えるひとつ結びは、質感と後れ毛にこだわって。スタイリング剤で束感を作り、後れ毛をアシメ トリーにするとさりげないおしゃれ感が漂います。
cut05_0045

 

How to

cut06_0007
(1)全体をタイトに低めの位置で結ぶ

cut06_0005
(2)片方の耳前の毛を引き出し後れ毛に

 

Use it

img_0027
クリームテクスチャーでセミウエットな質感に。
SENSE Depth ウェットソフト ワックス 80g ¥1,800

 

ターバンアップ

アクセサリー感覚で取り入れたいのがヘアターバン。難易度高めに見えますが、つけるだけで様になり華やかなので、取り入れないのは損!耳が隠れる位置でつけるとこなれます。
cut07_0064

 

How to

cut08_0015
(1)結んだ髪を3つ編みにしてクルッとラフにまとめる。

cut08_0010
(2)前髪に束感をつけるように整える

 

Use it

img_0028
束感を作りやすいワックス。
マンダム ギャッツビー ムービングラバー マルチフォルム 80g ¥800

 

ざっくりウェットタイト

ウエットヘアは、独特の質感がシンプルヘアの程よいエッジとなるので、実は大人にこそおすすめ。かっちり作らず手ぐしでラフにスタイリングすればモードにもなりすぎません。

cut12_0010

 

How to

cut13_0015
(1)スタイリング剤を髪全体になじませる

cut13_0013
(2)バランスを見ながら前髪を下ろす

cut13_0007
(3)サイドをタイトに整える

 

Use it

img_0025
オイルのようにベタつくことなく、理想のウエット質感を実現。
ideals ミエル オイル クリーム 30g ¥2,300

 

教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップ アーティスト 林 由香里
1985年生まれ。長野県出身。 中学生の頃から化粧に興味をもち、メイクをし始める。高校1年生でメイクアップアーティストになることを決意。日本美容専門学校を卒業後、美容師として3年半サロンに勤務。その後 ヘア&メイクのアシスタントを経て、11年に独立。

 

美的12月号掲載
撮影/横山創大(人物)、金野圭介(静物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/辻村真理 モデル/唐田えりか 構成/杉浦由佳子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事