ハル子さんの美容金言
2018.9.1

自律神経のバランスをとれば夏疲れ・夏枯れとは無縁に|ハル子さんの美容金言 vol.26

この先、もっと素敵な女性となるために、今すべきこととは? トータルビューティアドバイザーとして活躍する鈴木ハル子さんが、スキンケアやメイク、ライフスタイルなどさまざまな切り口から指南してくださいます。

自律神経のバランスをとれば夏疲れ・夏枯れとは無縁に

201809%ef%bd%87kd_26_ill
皆さん、連日の酷暑で夏バテ気味だったりしませんか。外に出れば高い気温と強い紫外線で体力を奪われ、室内に入ればクーラーの利きすぎや冷たいドリンクのとりすぎで、体は疲れ、むくみやすくなります。すると、自律神経が乱れて交感神経が優位になりがち。ずっと気持ちが高ぶって休まらず、夜寝苦しく感じている人も多いはず。今号では、夏疲れを軽減する秘策をご紹介しましょう。

まず、実践してほしいことから。外出時は、日傘やサングラスをかけて、自律神経の負担を軽くしてください。夜眠るときは、あお向けより横向きで寝ましょう。横向きの方が舌で気道を狭めず、深い呼吸となり、自律神経を休ませることができます。また、ふくらはぎが固いときは疲労がたまっている証拠。そのまま寝てしまわず、足をもんだりシャワーでほぐして。
逆に疲れているときにしてほしくないことは、“エナジードリンク”を飲むこと。どんどん交感神経が活性化されて、後からどっと疲れが出てしまいます。会社帰りのジムも×。達成感が一瞬、疲労感を上回るのですが、疲れは全然取れません。さらに、夜熱いお風呂に入るのもNG。交感神経を高ぶらせる一方なので、シャワーがおすすめです。

夏は、こうしたひとつひとつ小さなことを続けることが大事。おのずと体調も良くなり、夜も熟睡できてむくみにくくなります。まだまだ暑さは続きます。緊張や疲れをほぐすことを意識して、夏を乗り切りましょう!

【編集部厳選】夏疲れさせない「むくみケア」3品

201809gharuko1
冷感のボール×ジェルのW効果でパッチリアイズに
海藻成分“ピンクダルス”が老廃物を排出し、目元をスッキリ。
メルヴィータ アイスフレッシュ アイロールオン コーンフラワーウォーター 10ml ¥1,800

201809gharuko2
パチパチはじける泡が肌を心地よく刺激し、血行を促進
引き締め成分“ハマメリスエキス”配合。清涼感が病みつきに。
ニベア花王 ニベア リフレッシュプラススプラッシュボディジェル 130g ¥905(編集部調べ)

201809gharuko4
マイナス10℃のクールな泡がほてり肌を瞬間冷却
“アイススパークリング処方”採用。使う程に肌を引き締め、毛穴や凹凸が目立ちにくく。
資生堂 ベネフィーク アイスエッセンス 0 100g ¥3,500(編集部調べ)

 

201809gkd_haruko_kd_16-5
トータルビューティアドバイザー
鈴木ハル子
すずきはるこ/長年培った美の経験や、豊富な知識などすべてが美容界において伝説的存在。エレガントに生きるための指南書『大人は「近目美人」より「遠目美人」』(講談社)も発売中。

『美的』9月号掲載
撮影/玉置順子(t.cube) ヘア&メイク/レイナ イラスト/大橋美由紀 構成/小内衣子(PRIMADONNA)

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事