お悩み別ケア
2019.12.5

化粧品の使用期限、気にしたことある?専門家に聞く正しい消費期限や保存方法

食品やサプリメントと違って普段あまり化粧品の使用期限や消費期限を意識している人は少ないのではないでしょうか?余っている化粧水、しばらく使っていない口紅、去年の日焼け止めなど、そのコスメ本当に使って大丈夫?正しい化粧品の使用期限や保存方法を専門家に伺いました!実はよく知らなかったコスメの消費期限についてこの機会に学びましょう!

【目次】
専門家に聞く!化粧品の使用期限ってあるの?
無添加化粧品は消費期限が短い?

専門家に聞く!化粧品の使用期限ってあるの?

化粧水は1か月以内に使いきらないといけない?

教えてくれたのは・・・一般社団法人 日本化粧品検定協会代表理事・東京農業大学 食香粧化学科 客員准教授 小西さやかさん

化粧水は1か月以内に使いきらないといけない?各種協会の顧問、学会幹事を歴任。化粧品の開発経験があり、工学修士としての科学的視点から美容、コスメを評価できる専門家「コスメコンシェルジュ」。著書9冊、累計30万部を突破。

Q:開封した化粧水の消費期限は1か月ってホント?
「化粧水はできるだけ早く使い切るのがベスト」、「化粧水の消費期限は早く、1か月しかもたない」こんなウワサを聞いたことはありませんか? ずいぶん短い印象もありますが化粧水の消費期限って1か月なのでしょうか。

A:半分ホント、半分ウソ!
「化粧水は必ずしも1か月以内に使い切らなければいけないわけではありません。ただし開封後はできるだけ早く使い切ることが望ましいので、1か月以内に使い切るという意識はよいですね。」(小西さやか先生・以下「」内同)

Q:化粧水はどのくらいもつ?

A:「化粧水に限らず、使用期限が記載されていない化粧品の場合、開封後1年以内に使い切ることがおすすめです。また、化粧水は毎日使うと1~1.5か月でなくなるような量になっています。各メーカーの1回あたりのおすすめの使用量を調べると、標準的にどのくらいで使い切れるかの目安が分かるので、それを参考に計算してみるといいでしょう」

\化粧水の冷蔵庫保管はNG!常温で保管を/
「化粧水を冷蔵庫で保管されている人がいますが、これはあまりおすすめできません。冷蔵を推奨されている商品であれば大丈夫かと思いますが、温度を低くし過ぎてしまうと配合成分の溶解性が低下してしまったり、冷蔵庫からの出し入れによる温度変化などが原因で、品質の安定性が損なわれる可能性があるからです。
基本的に化粧品は、25度で安定して保たれるようにつくられています。そのため、温度変化が少なく、直射日光の当たらない、常温の場所で保管するのがベスト。また、使用後はきちんとキャップを閉めて保管するようにしてくださいね」

\化粧水をより浸透させたいのなら“コットンよりも手”/
「化粧水でお手入れをする際、手かコットンか……迷われている人も多いですよね。基本的にはメーカー推奨の付け方がいちばんですが、化粧品の中にはどちらでもよいという商品もあります。肌に刺激を与えず、化粧水をより浸透させたいのなら手でつけるのがおすすめです。手でつけると、体温で化粧水が温まり、肌に浸透しやすくなるからです。とくに、とろみのある化粧水が向いていますよ。反対にコットンは、粘度の低い化粧水をムラなく肌全体に塗るのに向いています。ただし、強くパッティングしてしまうと肌を傷めてしまうので、コットンを使う際はやさしくていねいにを心がけてくださいね」

化粧水の消費期限は1か月ってホント?真相を専門家に直撃!

口紅はいつまでも使える?正しい保存方法は?

Q:口紅は使用期限がないってホント?
「口紅は使い切るまで使える」「何年も前の口紅も品質的には大丈夫」など、巷でささやかれる「口紅には消費期限がない」説。これって本当なのでしょうか。

A:ウソ。口紅にも使用期限はあります。
「そんなことはありません! 口紅に限らず、期限が記載されていない化粧品の使用期限は、未開封の場合で3年と決まっています」(小西さやかさん・以下「」内同)

\開封後の口紅の使用期限は1シーズンから1年と心得て/

「化粧品は、空気中に浮遊する雑菌の混入や、環境や使用者の手指を介して微生物が混入し、増殖してしまう二次感染の恐れがあります。とくに口紅は、唇に直接つけて使うものなので汚れやすいため、開封後の場合は、基本的に1シーズンから1年以内に使い切っていただくのがよいでしょう」

\口紅の嫌な臭いの原因は酸化や雑菌!/
「開封後1年も経っていないのに、口紅やグロスが臭う…。これにも、れっきとした理由があります。口紅は油を多く含んだ化粧品。油は酸化しやすい物質で、酸化すると嫌な臭いが発生します。なかでもグロスは、唇についていた食品などの汚れが入り込むことで雑菌が繁殖してしまい、嫌な臭いが発生してしまうのです」

\口紅を長持ちさせるには、使用後にティッシュオフを/
「汚れや雑菌が混入するのを防ぐためには、口紅を塗る前、塗ったあとのお手入れが重要。口紅を塗る前は、ティッシュなどで唇を拭いて清潔にしてから、口紅を塗ったあとは、毎回ティッシュで口紅の表面を軽くふき取るようにしましょう。グロスの場合は、汚れたままの筆やチップを容器へ戻さないことも注意して。開封後1年経っていなくても臭いがした場合は、使用を中止して捨ててください」

口紅はいつまでも使える?正しい保存方法は?

\おさらい!正しい口紅の塗り方順番/
「口紅をより美しく保つためには、正しく塗ることも必要不可欠です。もう1度、基本のきをおさらいしていきましょう」

1.2 上唇の山から谷へ向かって、輪郭を描く。
3 下唇の中心の輪郭を描く。
4.5 上唇の口角から山へ向かって輪郭をつなげるように描く。
6.7 同様に下唇の口角から中心に向かって輪郭を描く。最後に内側を塗って完成です。

\コスメを知り尽くしたプロおすすめリップは…/
「落ちにくく、荒れにくいティントリップならイヴ・サンローラン、コスパのよいティントリップならオペラがおすすめです。質感でイチオシなのは、とろけるようにやわらかく、ツヤもでるクレ・ド・ポー・ボーテのルージュルミヌ の6ローズドラジェでしょうか。普通の口紅は成型といって、型をとって固めて容器にさして完成させますが、ルージュルルミヌの場合は、流し込みといって液体をそのまま流し込んで作られているんです。だから、生感触がそのまま……! スティック状なのに、グロスいらずの仕上がりに感動を覚えます」

口紅に使用期限はないってホント?真相を専門家に直撃!

無添加化粧品は消費期限が短い?

無添加化粧品はカビが生えやすいってホント?

Q:無添加化粧品はカビがはえるってホント?
「無添加化粧品は、防腐剤が入っていないからカビが生えるんだって!」、「久々に使おうと思ってクリームのフタを開けたら、カビが……!」巷でささやかれるこのウワサ。無添加化粧品はカビが生えるって本当なのでしょうか。

A:ウソ
「無添加化粧品は無添加だから防腐剤が入っていないと思っている人が多いようです。しかし、無添加=防腐剤不使用ではありません。無添加化粧品の多くは、“旧表示指定成分”が入っていないものをさします」(小西さやかさん・以下「」内同)

\無添加化粧品にカビは生えない/
「通常、無添加化粧品も防腐効果のある成分を配合し、カビや微生物に対する試験を実施し、各メーカーにおいて問題ないことが確認されているはずです。適切な使い方をしていれば、まずカビが生えることはありません。しかし、本当に防腐剤が入っていなければ腐る場合はあります」

\防腐剤無添加の定義・基準は各社で異なる/
「防腐剤無添加に関しては、各メーカーによって定義が異なります。防腐剤すべてが無添加なのか、防腐剤の一種であるパラベンが無添加なのか。無添加と記載されている商品には、必ず“○○が無添加”と記載されていて、消費者は事前に何が無添加なのか、確認できるようになっています。防腐剤すべてが無添加の場合は、腐りやすいので注意が必要です」

\無添加化粧品の使用期限は?未開封の場合には3年/
「また、気になる無添加化粧品の使用期限ですが、通常化粧品と同様に、未開封の状態で3年です。開封後は特に指定がない場合は、1年を目途に使い切るようにしましょう」

\使用期限ありの場合も!オーガニック化粧品は要確認/
「カビという点では、オーガニック製品も注意が必要です。オーガニック製品のなかには“防腐剤フリー”のもの、精油や植物エキスだけで防腐しているものは、防腐効果が少し弱くなるために腐りやすい可能性はあります。
海外から輸入されているオーガニック製品の中には、パッケージに“12M”や“6M”と表記されていることがあります。これは12ヶ月しかもたない、6ヶ月しかもたないということ。日本の化粧品の場合は未開封で3年もつようになっていますが、オーガニック化粧品は期限が短いものもあるのでパッケージを確認してみてください。使用期限が短いものは防腐効果が弱く、カビや菌も生えやすいということを忘れないでください」

無添加化粧品はずっと放置するとカビが生えるってホント?真相を専門家に直撃!

*価格はすべて税抜きです。

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事