健康・ヘルスケア
2020.11.20

舌の白い苔は口臭の原因になるってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

\"\"

日常生活で生まれる美容や女性のライフスタイルの疑問を専門家に答えてもらうこのコーナー。今回は“舌”について。舌の白い苔は口臭の原因になるってホント? 木村聡子先生にお答えいただきます。

Q:舌の白い苔は口臭の原因になるってホント?

マスクの着用が日常となったことで、自分の口臭が気になりはじめたなんて声もちらほら。そんな口臭の原因は舌についた苔だというウワサが。本当なのでしょうか? さっそく、この疑問を木村先生に聞いてみました!

A:ホント

「舌苔は舌からはがれた垢や食べ物のカス、細菌が付着したものなので、当然ながら口臭の原因になります。ただし、口臭の原因は歯周病や虫歯、病的口臭などさまざまあるので、舌苔は原因のひとつと考えましょう」(木村聡子さん・以下「」内同)

少量の舌苔は正常なので心配なし

「口の中の粘膜は常に新陳代謝が行われているので、本来は古い粘膜がはがれ落ち、唾液で洗い流されるため舌苔が厚く付着していることはありません。しかし、ストレスや体調不良などで唾液の分泌量が減ったり、柔らかいものや飲み物ばかりで噛むことが少ない人は唾液の量が少なくなり、舌苔が付きやすくなることがあります。また、鼻詰まりなどで口呼吸が多くなると、口腔内が乾燥するので舌苔が付きやすくなる原因にもなります。

舌苔が口臭の原因になっているようであれば健康管理や生活習慣を見直す必要があるかもしれませんが、薄く白い舌苔が付いているのは正常なので神経質に取り除く必要はありません」

舌苔を減らすために、舌も磨いた方が良い?

「舌磨きは舌をキレイにするつもりが、逆に傷つけてしまうこともあるので、舌苔が多いと感じている場合も11回で充分です。舌を磨く際は舌磨き専用のブラシなどを使って、舌を傷つけないようにやさしく磨きましょう。力の入れ過ぎ、歯ブラシで磨く、磨き過ぎはトラブルの原因となるので舌を磨く際は注意しましょう。

もともと唾液の分泌量が多い人は自然と口の中の汚れや食べかすなども流されやすいので、舌がキレイなことが多いです。うっすら舌苔がつくのは正常なので、無理に落とす必要はありません」

舌苔が気になる人がやるべきことは

「歯磨きやうがいは口の中をキレイにするので、新たに付く舌苔を減らすことには有効です。また、コーヒーや赤ワインなど色の強いものをよく口にする人は舌苔に色が付いて目立つこともあります。気になる場合は、飲んだあとに水で軽く口をゆすぐだけでも違うので、実践してみて下さい。

舌の色については、その日の体調や血流、冷えなどいろいろな要素が関わってきています。舌の状態を良くしたいと考えている場合は、舌だけでなく、生活全体を見直してみるのも良いでしょう」

日本耳鼻咽頭科学会認定専門医

木村聡子

日本耳鼻咽喉科学会認定専門医。日本アレルギー学会認定専門医。医学博士。

 

舌の異常は体の不調のサインってホント?真相を専門家に直撃!【美容の常識ウソ?ホント?】

記事を読む

文/土屋美緒

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事