健康・ヘルスケア
2019.8.9

下着にも注目! 「おしっこトラブル」を予防する締めつけないショーツ&冷え対策アイテム

暑い日が続いていますが、水分のとりすぎに気をつけないと頻尿や尿漏れの心配も。さらに冷たい飲み物ばかり取ってしまうと冷えの原因にもなってしまいます。下着も一緒に見直して、「おしっこトラブル」を軽減させましょう!

肌に優しく通気性の良い綿素材が◎! 締め付けない下着を着用

体型カバーよりもはき心地の良さを優先して!
「おなかを締めつけるようなショーツは、骨盤底筋にダメージを与えるので、尿漏れの不安がある人にはNG。また、頻尿や尿漏れする人はデリケートゾーンの皮膚が敏感になっているため、クロッチ部分が綿素材で、肌に優しい素材を選びましょう」

8%ef%bc%bf%e3%88%b0ppc270rp
肌当たりが優しいオーガニックコットン
おなか周りをしっかり包み込む、肌当たりの優しいショーツ。
スゴ衣 天然素材プラス+ オーガニックコットン ハイカットショーツ ¥1,700(ワコール)

%ef%bc%99%ef%bc%bf%e5%ae%8c%e5%85%a8%e7%84%a1%e7%b8%ab%e8%a3%bd-%e7%b6%bf%e6%b7%b7%ef%bc%88%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%82%af%ef%bc%89
いっさい縫っていない、装着仕上げ!
ウエストや足周りにゴム不使用で、締めつけ感がなく快適なはき心地。保湿加工もプラスされ肌に優しい。
KIREILABO 完全無縫製 綿混 ハーフショーツ ¥1,000(グンゼ)

水分摂取は不足しても多すぎてもNG! 水分をとりすぎない

水分の過剰摂取は頻尿や冷えを招く!
「膀胱炎になりやすい人には、たくさん水を飲むように指導する場合がありますが、それがかえって頻尿の引き金になることも。しかも、水の飲みすぎは体を冷やしてしまうので、おおよそ1日にとるべき水分は2Lくらいまで、というのが適量です。もちろん、水分摂取を過度に控えるのもNG !」

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%92-k
夏は2Lが目安。運動時や超高温時は+500ml
夏場は、運動をしないときで1日2Lの水分摂取が目安。炎天下で過ごしたり、運動をする場合はさらに500ml追加するのが理想です。のどが渇いていないのに飲む習慣のある人は、そこから改善を!

冷えは水分代謝に悪影響。冷えを防いで頻尿、尿漏れを軽減

冷たい飲み物、食べ物、エアコンの風に要注意!
「頻尿や尿漏れに悩む人の多くは、自分の手足の冷えを自覚しています。体を温めることを意識するだけでも尿トラブルの改善に。冷えの解消には、食事の量とバランスが大事。夏でも冷たい飲み物や体を冷やす食品を多くとらないように注意しましょう。また、体の3つの首(首、手首、足首)を冷やさないことも大切です。暑くても油断せず、首や肩に羽織れるものをもち歩き、エアコン対策を万全に!」

1%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab
首・肩を優しく包んで冷えから守る!
驚く程柔らかく、軽く、優しい肌触り。汗をかいても手軽に洗えるガーゼ素材のマフラー。ファッション性も◎。
UCHINO TOWEL GALLERY リバーシブルマシュマロガーゼマフラー ¥3,500(UCHINO)

 

教えてくれたのは…
_k4_0669
女性医療クリニック LUNAグループ理事長 関口由紀先生
せきぐちゆき/横浜市立大学医学部泌尿器科で女性泌尿器外来を担当後、2005年に「横浜元町女性医療クリニック・LUNA」を開設。現在は大阪・心斎橋にも展開するグループの総帥を務める。
www.luna-clinic.jp

 

『美的』8月号掲載
構成/つつみゆかり

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事