健康・ヘルスケア
2019.5.28

内山理名式リセットヨガ|朝5分のヨガで1日を元気にスタート!

朝起き抜けに体をシャッキリさせる、簡単なヨガポーズを取り入れてみませんか? 今回は、朝のたった5分で体の巡りを良くするヨガを女優の内山理名さんに教えてもらいました!

1日を元気にスタートできる朝5分のヨガメニュー

%e5%86%85%e5%b1%b1%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95
教えてくれたのは、女優の内山理名さん
「“太陽礼拝”は、動く瞑想ともいわれる基本の動き。体全体が伸びて、しっかりと目覚めることができます。 1から11までの動きは一連の流れになっているので、ムリのないように自分のペースで進めて。足が滑ってケガをしないように、ヨガマットの上で行ってくださいね」

 

太陽礼拝の動きからSTART!

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac%ef%bc%91
(1)肩の力を抜いてまっすぐ立つ
肩の力を抜いて背筋を伸ばし、両手を胸の前で合唱して呼吸を整える。

腕を外から大きく回して

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac%ef%bc%92
(2)両手を伸ばして上体を引き上げる
鼻で息を吸いながら、両腕を大きく横から回して頭の上へ。再び手のひらを合わせ、目線も上に。

前へ倒れ込む

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac3
(3)体を前に倒して両手を両足の横に
鼻で息を吐きながら体をゆっくりと前へ。手と足の指先が一直線にそろうように手のひらを床につける。

顔を前に

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac4
(4)息を吸いながら上体を起こす
鼻で息を吸いながら、指先を床につけたまま上体を起こす。このとき、顔を前に向けて。

手のひらを床につけて足を後ろへ

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac5
(5)手のひらを床につけて足を後ろへ
両手のひらを床につけ、息を吐きながら、片足ずつ後ろへ。爪先だけ床につけて。

腕立て伏せ状態に

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac%ef%bc%96
(6)腕を曲げて胸を床につける
わきをしっかり締めた状態で腕を曲げ、ゆっくりと胸を床につける。

上体を起こす

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac7
(7)体を床につけてから上体を起こして
(6)の姿勢からいったん体全体を床につける。足の甲も伸ばして。息を吸いながら、ゆっくりと両手で床を押して上体を起こす。

3角になるつもりで

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac8
(8)体全体を床につけてから3角に
体全体を床に戻し、かかとを床につけ、息を吸いながら腰を上へ。ひざは曲げてもOK。

(3)と同じポーズに

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac9
(9)足を動かして手先をそろえる
足を体の下に持っていき、下を向いたまま立つ。(3)と同じように手足の指先をそろえて。

手足を伸ばす

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac10
(10)息を吸いながら顔を前へ
(4)と同じように、床に指先をつけたまま上 体を少し起こし、顔を前に。

ゆっくりと起き上がる

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac11
(11)両手と顔を天井へ向ける
両手を天井に向かって上げ、両手のひらを合わせる。顔も天井を見上げて。

FINISH!

朝ヨガに白湯を+α!

%e6%9c%9d%e3%83%a8%e3%82%ac%ef%bc%91%ef%bc%92
朝1杯の白湯でヘルシー度をUP
「白湯は、夏場の冷えたおなかを温める効果があります。また、消化力を助ける働きもあるので、習慣にし ておくと、食事をしてもヘルシーな体をキープできるようになりますよ」

 

PROFILE
内山理名さん
1981年生まれの美的世代。TV、映画、舞台で活躍する女優。昨年、ヨガインストラクターの資格を取得し、月1回のレギュラーレッスンのほか、ヨガのイベントなどにも積極的に参加。

 

『美的』10月号掲載
撮影/白木 努(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/サカノマリエ(Allure) スタイリスト/加藤暢子 構成/越後有希子

この記事をシェアする

facebook Pinterest twitter google+ Pocket

関連記事を読む

あなたにおすすめの記事